両思いなのに付き合わないってどういうこと?その男性心理とは

意中の男性と実は両思いだということが分かったら素直に嬉しく、そこから始まるお付き合いに夢を馳せて、いつも以上に浮かれてしまうのは当然のことと言えるでしょう。

しかし彼が出した答えとして、付き合わない未来が選ばれてしまったら「どうして?」と一瞬にして熱を帯びた気持ちも冷め切ってしまうことでしょう。

今回は男性の両思いだけど付き合わない理由についてご紹介致します。

一体どんなことを考えているのか、明確に彼の気持ちを読み取っていきましょう。

恋愛以外に集中したいものがある

今は付き合うこと以外にしなくてはならないやり遂げるべき目標があるからです。

特に学生であれば受験のために勉強が本分となり、気持ちとして恋愛にうつつを抜かしている暇までは無かったりします。また、社会人であれば大きなプロジェクトを任され場合において、成功させるまではフリーでいたいと感じる、とにかく慎重派な男性も多いものです。

このタイプに当てはまればある時期を過ぎた頃、付き合うことを前向きに考えてくれるようになるので、そこまで不安にならなくても大丈夫です。

具体的に集中したい目標となる理由を伝えられたら「なら仕方ないねと」待つ姿勢を貫いてくださいね。

また、ここで「そんなのいいから、今付き合っておこうよ」と強引に意見を通そうとすればマイナスイメージに。

軽率な発言には十分に気をつけるようにしましょう。

周りにバレると恥ずかしいという気持ちがある

付き合ってしまうと一緒にいる機会が多くなり黙っていても周りに交際していることがバレてしまいます。

微笑ましく見守っていてくれるならば、特に文句も抱きませんが一定多数からかう方達が出てくるのも事実です。

そんな外野の声にいちいち返事を返すのもめんどくさいという理由から、いっそのこと付き合わない方向でいく男性も多いです。また、過去の恋愛において、実際、既にからかわれた経験を持つなど、良い思い出が無い方も率先的に付き合わない選択を取りやすいでしょう。

また、あなたがおしゃべりな女性で、付き合ったら直ぐに友達に言いふらすような人なら、敢えて付き合おうとしないのも頷けますね。

どちらかというと自信がなくて、恥ずかしがり屋の男性に多いパターンです。

友達も同じようにあなたのことが好きと複雑な事情を抱えている

“彼の友人”もあなたのことが好きだからです。

結構早い段階からそのような話を、友人の口から聞いているならば、付き合えばまさしく裏切ってしまうことに繋がるため、頑なに交際に踏みきろうとはしないのです。

また日頃から「好きになったりしないよな?」と先制をかけられているならば、抜け駆けして一人付き合う状況を作ることはとてもじゃないが出来ません。

その友人が他の女性を好きになったり、もうあなたのことを好きじゃないということがハッキリわかってからやっと交際に踏み切ります。

また、もしもその彼の友人があなたにアプローチしたとしても、決してなびかないように一途な心を持ち続けてくださいね。

あっちに行ったりこっちに来たり優柔不断な態度は、彼としても気が気じゃなくて、場合によってはそれが原因で気持ちが冷められてしまうことも考えられるので注意しましょう。

実は他に好きな人がいるから

両思いというのは勘違いで、他に好意を寄せている女性が既にいるからです。好きという気持ちは彼から自発的に伝えられたものでしょうか。

もしも、やや強制的に言わせるような形であったならば、実は他に好きな女性がいたというケースは十分に考えられる範囲内です。

また、その女性ともう既に付き合っている状況とも伺うことが出来、それならば付き合ってくれないのも当然といえますね。

こっそり彼の視線の先の相手を追ったり、誰とよく話していることが多いのか探ることで、大体の好きな人を把握することが出来るでしょう。

更に、彼の友人も、彼の好きな人を知っていることが多いため、さり気なく探りを入れてみても早々に判明させられます。

不釣り合いなんじゃないかと極端に自信が持てないから

自分に自信が無いからです。自信が持てなければ、あなたを幸せにすると約束することも出来ませんし、隣に並ぶことすらおこがましいと劣等感に苦しめられるほどです。

また「本当に俺のこと好きなのかな?」とそもそもあなたの気持ちごと疑っている可能性も否めません。

自信がある女性からしてみれば「遠回しに断られてるのかな?」とさえ思いやすい理由ですが、実際に自信が無い男性は付き合うことに高いハードルを感じています。

このようなタイプの方に対して「本当に好きだから!」「〇〇(彼の名前)だから良いんだよ」というように肯定的な言葉を日々かけ続けていくことで、自信を育てさせることに成功します。

しかし、誤って少しでも否定的な言葉をかければ、せっかく育った自信も直ぐに消えて無くなることとなるので気をつけて声をかけるようにしましょう。

一時的に舞い上がっているだけなんじゃないかと気持ちを冷静に分析するため

この気持ちは本当に恋なのかと自分の気持ちを確実に見極めるためです。

あなたのことが好きだとわかってからまだたったの数日であれば、この気持ちは本気なのかと彼自身としても確証が持てなかったりします。

なので今は付き合おうとせず、しばらくは様子を見ることに徹している訳です。

その際には他の女性と話してみてどんな気持ちになるか冷静に分析したり、離れて過ごす中であなたのことが頭に浮かんでくる頻度は多いかなど、理論的に自分の感情を見つめるようにしています。

本当に好きなんだとわかったところで、やっとあなたとの交際に踏み切るように、非常に真面目な性格をした男性と言い切ることが出来るでしょう。

また、友達の中に直ぐ付き合って失敗した人たちが少数でもいるならば「俺もこうはならないようにしよう」と、より恋愛に対して慎重に考えている姿が想像つきます。

昔付き合っていた彼女のことをまだ完全に忘れることができていないから

まだ前を向くことが出来ていないからです。前に付き合っていた女性と円満な別れ方で終われなかったり、一方的に振られていたら、いつまでも尾を引いてしまうのも仕方ないと言えますね。

なので、忘れる時間が欲しい、あなたとより真剣に向き合いたいからケジメはしっかりつけさせて欲しいという理由から今は頑なに付き合おうとは致しません。

また、気持ちはまだ元カノに対しての方がやや大きかったりと、実際両思いだけど本当の両思いとは断定出来ない状況です。

何か吹っ切れるきっかけがあったところで、改めてあなたに交際を申し込むように、前向きになって始めて一緒に新たなスタートを切っていけると言えるでしょう。

遠くへ行ってしまうから

遠距離恋愛になってしまうからです。

もう少ししたら今住んでいる場所から離れて、あなたとも気軽に会えない仲になるならば、その場しのぎの気軽な返事こそ簡単には出来なくなりますよね。

すぐに寂しい思いをさせてしまうくらいなら、付き合わない方がお互いのためでもあるんじゃないかという理由から、両思いなのにあと一歩踏み出すことが出来ないのです。

また、一瞬でも気持ちが通い合っていたという事実を、もう既に良い思い出に変えていることもあるでしょう。

心と心が繋がっていれば大丈夫と、比較的遠距離恋愛は女性の方が平気に感じられますが、男性の意見としては物理的に毎日会える方が嬉しかったりします。

そこの価値観のズレからも付き合うことが結局出来ずじまいに終わって、たまにあなたを思い出してそんなこともあったなと、考えるだけの思い出に変わってしまうのです。

もしこの恋を実らせたいなら、あなたの真剣な思いをきちんと口に出してとにかく彼に伝え切るようにしてください。胸打たれた場合において「じゃあ…」と付き合うことに応じてくれる結果に繋がるでしょう。

恋愛することに臆病になり過ぎているから

恋愛に対してトラウマがあるからです。

「ある女性から告白されたと思って喜んだらそれは嘘告白で、裏で友人達と一緒になって笑われていた」なんて過去があったとすれば、恋愛に対して臆病になってしまうのも当然です。

傷つく気持ちが大きいほど、積極的に振舞ったり、あなたをリードすることにも自信が持てなくなるので、付き合わないという選択を出しやすくなります。

そんなトラウマを覆してあげようと、一緒にいる最中は冗談でも彼に嘘をついたり酷いことを言ってはいけません。

そこでまた傷つけてしまうと、本当に交際に発展することは夢のまた夢になってしまうので、ただ彼の心を癒して過去を忘れさせてあげることだけに意識を向けましょう。

他にもいい人がいるんじゃないかと優柔不断だから

目移りしやすい男性だからです。両思いだとわかっているならそのまま付き合っても良いものの、あなたの他にもっと良い女性がいるんじゃないかと、そこで周りを見渡し始めます。

このような男性はとにかく欲張りで、例えあなたがパーフェクトな女性であっても「ちょっと待って」とあれこれ思考を巡らせて直ぐに交際へは発展させません。言うなれば優柔不断な男性、例え付き合ったとしても頼もしい存在では居てくれないことでしょう。

また、自分に都合が悪いことが起これば直ぐに彼女を売るように、何よりも保身に走ろうとする方なので、もしも付き合うとなれば十分に気をつけるようにして下さいね。

両思いだけど付き合えない理由の裏には複雑な事情がある

「両思いなのに、なんで付き合ってくれないの?」と言いたくなるところですが、男性の理由として複雑な事情を抱えている場合が多いです。

いち早く彼は何に悩んでいるか察知して、気持ちを汲み取っていくようにしましょう。

「えー!付き合ってよー!」と無理強いさせる発言は、彼をげんなりさせるため、例え本音であってもまずは”付き合わないある理由”を着実に知っていくことから始めてみてください。

あなたを嫌いだからという理由はほぼありませんので、過度に不安になることはないでしょう。

彼の気持ちに寄り添える女性になってあげてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る