上司からの好きサインを見逃すな!脈ありな10の行為

上司 好き サイン

仕事ができる男性って頼り甲斐があって、素敵に見えますよね。
若手社員にとって、仕事ができる男性といえば、一番に上司が思いつくでしょう。

実際、若手社員の頃は上司に憧れたり、好意を抱くケースがよくあります。

でも相手が上司だと、恋愛に発展させることに抵抗がありますよね。
もし恋愛に発展しなかったら気まずくなってしまう」そう思うのは、部下のあなたも上司である彼も同じです。

今回は恋愛に発展させる前にチェックしたい、上司からの好きサイン10こを紹介しましょう。

 

上司からの好きサイン10選

 

少しよそよそしい

上司があなたによそよそしいと、「嫌われてるのかな」とマイナスに捉えてしまいますよね。

ちょっと待ってください、それ実は上司の好きサインです。

上司は社会人歴もあなたより長く、上司としてあなたと接するときの周りの目もあなたより気にします。

あなたのことが好きで優しくしてあげたくても、「周りに見られてもおかしくないように」と接し方に気を使っているのです。

少しよそよそしいのは、周りに変な誤解をされないようにするための上司なりの気の使い方です。

さらに、上司があなたを好きなときに、よそよそしくなるのはもう一つ理由があります。
それは、あなたに距離感が近いことで嫌がられるのを恐れるためです。

上司と部下という関係上、好意を持っていても、上司は表面的には好意を表せないのです。

よそよそしいのは、上司の好意の裏返しによるものといえます。

 

残業時は待っていてくれる

あなたの業務が定時になっても終わらないとき、上司が必ずといっていいほど、終業を待っていてくれるのも好きサインの1つです。

上司として、部下が残業のときに心配して待つ場合ももちろんあります。

しかし、いくら上司といえど、彼にも彼の生活があります。
毎回、部下のために自分も残業していられるほど、暇ではないでしょう。

特に見極めるポイントとしては、他の部下が残業していても上司が待つかどうか、です。

あなたが残業しているときに、あなたの終業に合わせて帰るようであれば、なおさら分かりやすい上司の好きサインといえます。

反対に、あなたが定時で退社するときに、上司も早々に仕事を切り上げているかどうか、も判断ポイントの1つです。

繁忙期でもないタイミングでの残業のときには、上司の退社のタイミングを確認してみましょう。

 

パートナー的な仕事ぶりを期待する

上司と部下という関係は、同じ担当を請け負っていることも多いですよね。
もし上司があなたに好意を寄せている場合、上司があなたの業務分担について考える際、あなたの業務を上司のアシスタント業務にしようとします

これは、「公私混同もいいとこ」と言われてしまう少しいけない好きサインです。

しかし、「好きな人と一緒に仕事をしたい」「関わる機会を増やしたい」と考えてしまうのは、人間誰しもあります。
そう考えると、上司も少し可愛らしく思えますね。

上司があなたを好きなのは、「あなたと気が合う・意気投合している」と感じているために、業務でもあなたに彼のサポートを求めてしまうのです。

https://motetoko.com/wp/okiniirino-jyoseibuka/

 

二人で飲みに行こうとする

同僚とよく飲みに行く上司が、あなたを飲みに誘ってきたとき、それは二人きりでしたか?

上司は周りの目を気にしますから、周りに変な誤解をされないよう、女性の部下と二人きりで飲みに行くなどの行動は避ける人が大半です。

それにもかかわらず、あなたと二人で飲みに行こうとしてきたら、わかりやすい上司からの好きサインです。

上司と部下ですから、仕事の愚痴や相談など、話すことがたくさんあるのは確かです。

しかし、業務に関わる内容の話であれば、業務時間に話すこともできますよね。

わざわざ業務時間でない夜に2人で飲みに行こうとするのは、上司が単純にあなたと二人で過ごしたいのです。

二人で飲みに行くとなった場合には、上司のお店のチョイスも合わせてチェックしてみましょう。

女の子らしいお店や、あなたの好きな食べ物を中心に選ぼうとしてくれたら、上司は完全にあなたとデート気分なのです。

 

メールの反応が早い・丁寧

社内メールで連絡をやりとりしなければならないとき、上司からの返信が早いのも好きサインの1つです。

理由は単純で、上司も一人の男性ですから、あなたに頼り甲斐があると思われたいために、メールの返信を早くすることで仕事ができる男アピールをしているのです。

もしくは、あなたが口頭で資料送付をお願いして、上司がその場でメールを送るといった場面や小さな用事をメールで送ってきた場面を思い出してみてください。

近くの席にいて、口頭でお願いした資料のメールにわざわざ本文が丁寧に入っている、といったことがあれば、それも上司からの好きサインと捉えられます。

メールは他の人には見えませんから、上司からのアピールとしては最大限活用できます。

しかし、メールにはタイムラグもありますし、表情もわかりません。
上司がどれだけアピールしていても、意外と気付けないのです。

 

話を覚えていてくれる

業務についての連絡であなたからの報告を覚えているのは上司として当然のことです。

そのなかでも、上司があなたに好意を寄せていると、あなたからの報告についてはいつどんな報告だったか、詳細に覚えている場合があります。

あなたとの会話を大切にしてしまうがゆえに、報告も覚えてしまうのです。

顕著に分かるのは、あなたがプライベートな予定などを話したときに、上司が覚えているかどうかです。

部下の話といえど、上司もよほど仲のいい同僚でない限り、プライベートな話までは覚えていない場合が多いです。

あなたの話を覚えているのは、それだけあなたの話をよく聞き、会話のあとにも考えているからなのです。

 

業務に対するフォローがある

たとえば、あなたがパソコンが苦手でエクセルなどが不得意な場合、上司があなたに想いを寄せていれば、上司はあなたの苦手な業務のフォローに回ろうとしてくれます

それは部下をヘルプする上司として当たり前のことにも思えます。
しかし、仕事は仕事ですから、本来であれば、苦手だからといって、あなたが上司にフォローしてもらわずとも業務を行うのが当たり前です。

上司も、あなたに苦手であろうと分担された業務についてはあなた自身で業務を行わないといけないとは考えています。

しかし、自分の好きな女性が目の前で困っているのを助けない男性などいません。

上司も、自分の好きな人である、あなたが困っていると分かれば、助けてあげたくなってしまうのです。

 

予定を空けたデートには誘わない

社内恋愛などで、最もハードルが高いのがデートに誘うことですよね。
男性は噂話の的にされることを恐れますから、違う部署の女性社員を誘うというだけでもかなりハードルが高いものです。

上司が部下を誘うとなれば、そのハードルは想像を絶するほどに高くなります。

というのも、上司が恐れるのは噂話の的になることもそうですが、もう一つあります。

上司があなたをデートに誘うことを考えたときに最も恐れるのは、デートに誘ったことで、あなたが上司に対して嫌悪感をもち、業務に支障をきたすことなのです。

帰り際に軽く食事に行くというのと、デートに誘うのとでは上司の中でのハードルには大きな差があります。

帰り道に軽く食事に行くのは、上司としても「ついでに」という口実ができます。
一方でデートに誘うのは、あなたに好意があることを証明してしまいます。

帰り道が一緒になったときに、上司とご飯に行く機会がすでに何回かあれば、「帰り道に食事に行くのは単なるついでなのかな」と考えてしまいますよね。

しかし、デートに誘われないのは上司があなたとの関係が壊れることを恐れているからなのです。

https://motetoko.com/wp/syanairenai-himitsu/

 

噂話を一切しない

小さな組織に属していると、噂話は必ずといっていいほど人の耳に入ります。
社内の人との会話は噂話がほとんど、ということも珍しくないでしょう。

しかし、上司があなたに好意を持っている場合、あなたとの会話には噂話は出てきません

上司があなたと噂話をしないのは2つ理由があります。
1つはあなたのことを知りたくて、噂話などを話すよりもあなたについての話をすることを上司は望んでいるからです。

2つめの理由は、女性のゴシップ好きという、男性からはマイナスイメージになる部分を見たくないからです。

意識していない女性であれば、他人の噂話を嬉々として話していても男性はいい印象を持たないだけで、特に何も思いません。

ただ、可愛い部下であるあなたには、可愛らしい女性のままでいて欲しいのです。

噂話をあなたに一切しようとしないのは、上司からの好きサインの1つなのです。

 

就業後の連絡はたわいもないこと

個人的にやりとりする機会があれば、夜にメッセージが送られてくることもあるでしょう。

では、あなたのことが好きな上司からのメッセージは、いったいどんな内容でしょうか。

もし上司があなたを好きな場合には、おそらくとりとめもないような内容のメッセージが送られてくるはずです。

たわいもない内容のメッセージ、これが上司からの好きサインなのです。

上司がもしあなたと夜にやりとりをしたくても、デートに誘わないのと同様、上司はあなたに嫌われることを避けようとします。

「嫌われないように」と考えた結果送ってくるメッセージは、既読スルーしても問題なさそうな内容になりがちです。

そんなメッセージを見たあなたは、「暇だから送ってきたのかな?」といまいちピンと来ない内容に感じてしまうことでしょう。

しかし、彼は本当はあなたと会話のやり取りをしたいのです。

ただ、上司という立場上、返信しないとマズイと感じさせるような疑問形のメッセージを就業後に送るわけにはいかないのです。

 

上司からの好きサインを見逃さないで

上司からの好きサインを見逃さないで

上司からの好きサインは、一般的にいわれる「脈ありサイン」と少し異なってくるのが特徴です。

上司と部下という、社内恋愛のなかでも少し特殊なシチュエーションでは、上司からの積極的なアプローチというものは得られにくいものです。

上司があなたに好意を持っているのかどうか、上司からの好きサイン10こを見ても不安なときには、一度あなたからアプローチをしかけるのもよいでしょう

上司は上司なりに、アプローチが難しい状況であなたへ好きサインを送っているのです
決して見逃さず、恋も仕事もうまく発展させてください。

以上、上司からの好きサインを見逃すな!脈ありな10の行為…でした。


 

また、職場での人間関係をより良くしたい方は、こちらの記事もぜひお読みください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る