MOTETOKO

彼女に嫌がられないスキンシップのコツ7つ

comment please

SNSでシェア

  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook

彼女 スキン シップ

大好きな人と恋人同士になれて気分は最高!
でも、彼女に嫌がられない程度のスキンシップって??

せっかく恋人同士になっても、それがわからないと嫌われる可能性もありますのでご注意ください。
今回は彼女に嫌がられないスキンシップのコツを紹介します。

 

やりすぎ厳禁!彼女に嫌がられないスキンシップのコツ

 

「やめてよー」を喜んでいると勘違いしない

たとえば、デート中にキスをしたくなったからキスをしようとしたら「やめてよ」と言われた。

でも、「彼女がそんなに嫌がっているそぶりを見せないから、ちょっと強引に!」というのはダメですよ。

「外でそんなに大声をあげるわけにもいかないし、大好きな彼だし・・」と、彼女は我慢して控えめに拒否しているだけです。
「やめて」と言っているのだからやめましょうね。

 

キスはフレンチで!

男性の中には、キスをするときディープなキスをしてくる人もいます。

でも意外かもしれませんが、女性はフレンチキスの方が幸せを感じることが多いのです。

ディープというのは夜を連想させてしまいますし、「そういう目的!?」と警戒心を募らせる女性もいます。

なので、彼女にキスをする際には、優しいフレンチキスを2、3回重ねる方がいいでしょう。

 

遊びでもプロレスの技をかけない

男性の中には、たまに遊びでプロレスの技をかけてくる人がいます。
本人はスキンシップのつもりかもしれませんんが、あれ本当に痛いんです!
男性は遊びのつもりでも、力が女性とはまったく違うのでやめましょう。

もし、どうしてもするならちゃんと加減をしましょうね。

 

忙しい時にスキンシップを強要しない

例えば家事をしているときや育児をしているときにスキンシップをしてくる男性がいますが、正直に言うと邪魔です。

常に忙しそうな女性なら、軽いはぐを出かける際や帰宅したとき、寝る前にする程度にしましょう。

 

お互いが嬉しい時や楽しい時には大いにスキンシップを!

たとえば、一緒にゲームをしていて、難しいステージをクリアしたとか嬉しい時には大いにスキンシップをしましょう。
たくさんハグして、二人で「わーいわーい」とするのです。

こういう場面で大いにスキンシップをするのも、二人の親密度を深めて円満な関係を保つには有効です。

でも、相手はまったく喜んでいないのに、一人で喜んでスキンシップしようとするのはやめてくださいね。

 

相手が悲しい時や落ち込んでいる時にスキンシップしすぎはNG

相手が悲しい時や落ち込んでいるときに、オーバーなスキンシップをしようとするのはやめておいた方が無難です。

隣にいて話を聞いて、優しくハグしてあげたり撫でてあげるくらいがいいでしょう。
大げさにやると、「ほっといて」と嫌がられる確率が高いので要注意です。

 

大げさではなく、日々の細かなスキンシップが大事

大げさなスキンシップをするよりも、実は日々の細かなスキンシップの方が女性は心地よく感じるものです。

コツとしては、「いってらっしゃい」のキスとか「ただいま」のハグとかですね。

それだけで家に帰りたいと思えますし、癒される場所になります。
基本的にはさりげないボディタッチが重要ということです。

勘違いして欲しくないのは、夜、何回も行為をするからとラブラブというわけじゃないですよ!!

 

彼女に嫌がられないスキンシップのコツまとめ

彼女に嫌がられないスキンシップのコツまとめ

いかがでしたでしょうか。

男性にはスキンシップをしているとムラムラしてしまってそのまま・・という人がいますが、女性からすると、「こうなるならもう二度とスキンシップしない!」と思う場合もあります。

すべてが行為につながるわけではないのでご注意を。

要するに、彼女とスキンシップをするなら男性の本能のままで行動しすぎないことです。
欲望に抑えを効かせることで、嫌がられることも少なくなるでしょう。

相手を思いやってスキンシップしましょうね。

以上、彼女に嫌がられないスキンシップのコツ7つ…でした。

comment please
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook

SNSでシェア

コメントをどうぞ