彼女持ちの男性へアプローチ!相手がいる男性に近づくときの注意点

意中の相手を見つけるタイミングなんて、測れるものではありませんし、予測も立ちません。

そんな中、もし彼女持ちの男性に心ひかれたら、いったいどうしたらいいのでしょう。

誰かと付き合っている男性はモテるとも言いますが、その魅力にはまってしまった場合の、アプローチについて少し考えてみましょう。

人を好きになるのに良いも悪いもない

恋に落ちる瞬間なんて、急にやってきます。

ドキッとするレベルから、本当に好きだと感じてしまうところまで、みな平等にその機会はあるでしょう。

たまたま好きになった男性が、たまたま彼女持ちだっただけのことで、偶然に近い確率です。

不運と感じるか、その魅力がある今だから好きなったので、仕方ないと捉えるか、好きになる段階では良いも悪いもないのです。

好きになったのだから仕方ない

彼女持ちの男性に恋するまでは良いとして、その先が重要なのです。

この時の考え方は、大きく二つに分かれるでしょう。グッと思いをのみ込むのか、いっそのこと想いを伝えるかです。

好きになるという心の動きは始まっていて、それは仕方ないことです。

彼女・妻子持ちにアプローチする方法は?

妻子もしくは、付き合っている彼女がいる男性に、恋した女性に取ったアンケートがあります。

ズバリ!想いを伝える方法についてです。

これは想いを伝えた前提での結果ですが、一番多い回答は「直接ではないにしろラインや手紙など、間接的に伝える」というものでした。

男性も急に想いを伝えられたとして戸惑うでしょうし、女性だって言うまでは良くても、その先の反応を準備できているケースは少ないでしょう。

普通に考えたら、断られるわけで、その後付き合うにしても、一旦は時間をおく必要があります。

告白された男性が心変わりして、あなたを好きになったとしても、それも悪いことではないのです。

結婚前後に関わらず、日本では「別れる」という方法がありますから、ちゃんと関係を整理してから、あなたと付き合うことだってありえます。この場合を略奪愛と呼ぶかは疑問ですが、男性が今の彼女と関係を解消してから、あなたと付き合うのであれば、正直なんの問題もありません。

むしろ、ラインなど間接的な方法で伝える方が、男性側も比較的冷静に考えられます。

直接想いを告げて、そのまま成り行きで一夜の関係を結ぶなんて、選択肢の中で一番イケナイ行為です。

こういうことを含めて、やはり間接的な方法で想いを告げているようです。

アプローチのタイミングは?

これも多い質問で、アンケートの中にあった結果を見てみると、何かしら記念日にアプローチするケースが一番の回答でした。女性から男性へのイベントというのは、逆に比べると多いのです。

バレンタインや、誕生日など、女性発信のイベントは結構あります。

これがホワイトデーなど、男性発信だと「下心」を勘ぐってしまいますよね。

急に誕生日プレゼントなど、最近ではストーカー扱いされるリスクもあります。そういう意味では、女性からアプローチするタイミングは、男性に比べ多いと言えます。

男性は、正直鼻の下を伸ばすケースも多く、また勘違いして「気があるからイケる」と、勝手な思い込みも多いのです。

想いを告げないという方法もあるけれど…

恋愛していて理性が働くのは、正直誰でもできることではないでしょう。

相手の男性の女性事情など、自分がそういったことを考えられる年齢になれば、確かに冷静な部分が働いて、想いを告げたいという気持ちをセーブできます。

この判断が間違いではありませんが、気持ちのうえで損をしたと感じるのは、あとあと自分だけになるのは間違いありません。

相手の男性が大人で、自分の想いを告げたとき、スマートな対応をしてくれそうなら、気持ちを伝えるのがベストでしょう。

その男性を好きなった瞬間から、「想いをどうにかしないといけない」わけで、できることなら出会う前に戻れるの一番と考えるでしょう。

想いが生まれたその瞬間から、人間には一定の欲求が溜まり始め、想いを告げることでしか解消はできません。

番外編「想いを直接告げたケース」

気になるのが、やっぱりコレですよね。

彼女持ちの男性に、直接アプローチしたその後を追ったアンケートでは、体の関係を持った人が7割と非常に多い結果でした。男性側としても、まさか女性からアプローチしてくるなんて、予測もしていません。

女性に比べ、男性は理性が飛びやすいためか、その男性から体の関係を求めるケースは非常に多い結果となりました。

それを受け入れた女性もいるわけで、だいたいはズルズルとした関係になったり、二股で付き合いが進んだりと、あまりいい結果でもありません。

女性からしたら、好きな男性と一夜を共にできるわけですし、男性に原因があるとしても、そのアプローチを受け入れたなら、女性の理性も怪しくなります。

その先を考えると、男性としては彼女との関係を整理しなくてはいけませんし、女性からしてみれば、「別れて自分と付き合ってほしい」と感じるでしょう。

彼女持ちの男性に直接アプローチするのは、今の時代リスクしかないことも忘れないようにしましょう。

昔は好きな男性に想いを告げるのはタブーだった

昔の日本になりますが、彼女やいいなずけなど、特定の女性がいる男性に対し、その想いを伝えるどころか、想いを持つことすらタブー視されてきました。

前の説明の通り、やはりいい関係にはなりにくいからなのです。

とはいえ、彼女持ちの男性がモテるという話は、結構よく聞きます。

自分も、その魅力にほだされたとして、その気持ちを抑え、アプローチしないまま過ごせるなら、それはすごいことかもしれません。

世の中の常識というのはありますが、恋愛において、その常識を優先し履行していては、結婚相手なんて見つからないかもしれません。

結果として、その男性と幸せな家庭を築いて、老いたときに初めて、その恋愛は成功と言えるでしょう。

実はよくある略奪愛という結果

これまで説明した通り、結果として略奪愛になったケースもあり、それで幸せを掴んでいる女性もいます。

前に付き合っていた彼女からしてみれば、アプローチしたあなたに彼氏をとられたわけですから、彼女側が略奪愛と感じるのは、別に不思議でもありません。

好きになることが悪いわけではありません。

断言できますが、時に人は、間の悪いタイミングで人を好きになります。これは女性側だけでなく、男性側も同じことです。

要は、特定の彼女がいるわけですから、最終的に略奪愛になってしまったというケースがほとんどです。

知らず知らずのうちに、誰かを傷つけたりしていることもあるのが恋愛で、そういったハードルを乗り越えなくては、幸せはやってこないのです。

結婚するまでの恋愛は自由!でもムリヤリ奪った恋愛で本当に幸せか考えてみて

結婚していても、奥さんを捨ててという男性もいますが、結婚という二文字を成し遂げるまでの恋愛は、ハッキリ言って自由です。

好きになったことは悪くありませんし、その想いをどんな方法であれ告げた時、男性の心が動いたのであれば、何かしら男性にスキがあったのかもしれません。

疑うわけではありませんが、「目の前にいる彼女持ちの男性に対するあなたの想いはホンモノですか?」と、自問自答を繰り返しましょう。

考えに考えて、それでもその男性を好きなのであれば、それは想いを告げる方がいいでしょう。

あなたの恋愛は、あなた自身が主人公なのですから、脇役である男性の彼女に構っているヒマはありません。

最後に、その男性を想うのであれば、やはり順序と道筋は立てたうえで行動する方が、結果として幸せになれる確率は上がっていきます。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る