美人じゃないのにモテる女性の5つの秘訣!恋愛で勝ち組になろう

世の男性からモテる女性は、美人とは限らないもの。なんであの子ばかりモテるの?私のほうが美人なのに、と不思議に思うことはありませんか?

顔やスタイルが抜群でもモテない女性がいる一方、美人でもスタイルがいいわけではないのに、モテモテな女性もたくさんいるのです。

モテたいと思って、顔やスタイルばかり気にする女性は多いのですが、本当にモテる女性は、顔やスタイルが飛びぬけて良いわけではないのです。

今回はそんな恋愛勝者の「美人じゃないけどモテる女性の5つの秘訣」を公開しちゃいます!

「私は美人じゃないから」「スタイルがよくないから」とモテることを諦めないで、男心をギュッと掴んで離さない素敵な女性になりましょう。


俺でも落とせるかも!という期待を抱かせる隙がある!

美人で仕事もバリバリできる女性はもちろん素敵ですが、男性から見ると近寄りがたい存在になってしまう可能性も。隙のない完璧さは男性の心を動かさないものなのです。

どんなに美しくても、隙や抜け感のない女性。モテる要素を持っているのに、その要素を生かせないままでいると、モテない女性になってしまうのです。

モテる女性には、男性に「俺でも落とせるかもしれない」という淡い期待を抱かせる隙があるのです。

拒否の姿勢をみせない

全くタイプではない男性から話しかけられたとき、モテる女性は絶対に相手を否定したり、拒否する態度をとりません。

人間は否定されると不愉快になるもの。モテる女性は、男女関係なく、人を不愉快にさせないテクニックをもっているのです。

誰でも暖かく迎えいれ、相手を外見や経歴で差別するのではなく、平等に優しく接する気持ちを持っています。

職場でも遊びの場でも、自分と共有する時間は楽しく過ごしてもらいたい、不快な思いはしてほしくない、という気遣いを自然にできるのが、モテる女性なのです。

断ることができる

隙があって、相手を否定しないからと言って、全ての誘いに応じては、単なる遊び人になってしまいます。

遊び人とモテる女性の違いは、断ることができるかどうか。相手を傷つけず、断ることができなければいけません。

「私はいいです」とそっけなく断るのではなく、「残念です、また誘ってくださいね」とやんわり断れば、相手も嫌な気持ちにはなりません。

相手に対する優しさをもちながら、安い女にならないように、誰の誘いでも気軽に受け過ぎてはいけないのです。

自分を確立した女は媚びない!自立した女性を目指そう!

男性に頼ることだけが女性の可愛さではなく、自分をしっかりもった女性が弱さを見せたとき、男性は「可愛い」と思うものなのです。

自分に頼ってくれる女性は、最初は可愛いかもしれませんが、だんだん重い存在になってしまうことも。重い存在にならないためには、精神的に自立しなければいけません。

仕事も遊びも思い切り楽しんでいる女性に魅力を感じない男性はいないのです。

「1人でいるからつまらない」「誰かいい人いないかな」、と男性を追いかけてばかりの女性は魅力的ではなく、追われる女性になることもありません。

媚びることと甘えることは違う

媚びを売る女性は同性から嫌われるのはもちろんですが、男性も離れていくことが多いのです。

そういう女性は相手によって態度を変えたり、差別したりする傾向があり、特に女性に対しては強い態度に出がちです。

誰に対しても平等でいることとは、誰に対しても媚びを売らないということ。モテようと男性に媚びを売っても、周りから見れば見苦しいだけです。

モテる女性は媚びを売るのではなく、甘えることや頼ることが上手。男性だけではなく、女性にも甘えたり、頼ったりできるのです。

「この人のためならやってあげようかな」という気持ちにさせ、周りから助けてもらうこともテクニックのひとつ。自立しつつ、弱い部分を見せられる、これがモテる女性なのです。

自分の意見をもっている

相手に話を合わせすぎて、自分の意見がなくなってしまったり、最初から自分の意見がない女性に興味を持つ男性はいません。

男性の意見を受け入れ、なんでも言う事を聞いていると、都合の良い女になってしまう可能性もあります。

自分が精神的に自立していれば、しっかりとした意見もあるはず。男性は言う事を聞いてくれるだけの女性ではなく、自分の考えを聞かせてくれる女性を求めているのです。

だからといって、自分の意見を押し通したり、相手の意見を否定することはしません。

上から目線で話をするのではなく、相手の意見を尊重しつつ、自分の意見を言うことができる、それが自立した大人の女性なのです。

清潔感が大事!男が感じる女の色気はこれだ!

女性は自分を色っぽく見せようと考えるとき、肌を露出させすぎたり、過剰なメイクをしたり、と派手になりがちです。

このような女性は色っぽくはありますが、品があるとは言い難いのが現実です。

ちょっと遊ぶにはいい女性とモテる女性は違うもの。これを理解しないといけません。

あまり可愛くないのにいつも彼氏がいる子、美人じゃないのにモテる女性、このような恋愛勝者の女性たちに共通しているのは清潔感。過度な派手さより清潔感を持った女性に男性は色気を感じるのです。

色気の大安売りは絶対だめ

男性の目を気にしていると、ついついメイクが濃くなってしまったり、身体のラインを強調したファッションをしがち。自分では色っぽいと思っていても、それは勘違いです。

そのような女性のビジュアルを嫌いな男性はいませんが、本気で好きになったり、彼女にしたいとは思わないのです。

色っぽい服装やメイクで街を歩いていたら、男性の視線は釘づけになりますが、これは、この女性を彼女にしたい、と思っているからではなく、目立つ女性を追ってしまう男性心理によるものなのです。

モテる女性は、遊ぶには都合の良い女にならないように、過度な派手さや目立ちすぎるファッションをしません。

ナチュラルな清潔感をもつ!

全身ブランドで固めるのではなく、自分の身の丈に合ったファッションは好感がもてます。

服で「私は安くないのよ。」と尖った印象を与えたり、流行のメイクでバッチリ決めていても、男性は、この人お金かかりそうだな、と思うだけで、決して素敵だとは思いません。

ある程度流行を取り入れることは必要ですが、自分に似合うかのほうが重要です。

キチンとメイクをし、髪や肌の手入れをして清潔感を保つことは、男性からモテるばかりではなく、仕事上でも相手に好印象を与えます。

男性が考える女性の色気とは、清潔感のなかに存在しているのです。

④不純物のないピュアさ!男は感動できる気持ちに弱い!

純粋でピュアな気持ち、不純物のないピュアさこそ、男性が女性に求めることです。

大人になるに従っていろいろな経験をし、完全にピュアな人はいなくなりますが、気持ちが常にピュアであることは可能なのです。

ピュアであるということは、いろいろなことに興味をもつこと、まっすぐな視線でいられること、感動する気持ちをわすれないことです。

興味があることにはトライする

いままでやったことがないこと、やってみたいこと。興味があることには積極的に参加することで、今の自分の可能性を広げることができます。

小さなことでも、できないと感じることでも、トライしてみる気持ち。モテる女性はこの気持ちを持ち続けています。

新しいことに挑戦するときはワクワク、ドキドキするもの。そういう気持ちで生きているとキラキラした女性になるのです。

なんの変化もない、立ち止まったままの女性より、キラキラ輝いている女性のほうが魅力的。前向きに生きている女性に惹かれない男性はいません。

そして、自分の知らなかったこと、触れたことのない世界に触れたとき、子供のように感動するのです。

なにげない日常で見落としがちなささいな発見。そういうことにも感動する気持ちを持っています。

モテる女性必須の会話力!相手の目をみて距離を縮める

会話が盛り上がらない、いつも上から目線で話してくる、こんな女性はいくら美人でもモテません。

ひとりで一方的に話したり、相手の話を聞かない女性は嫌われてしまうのです。

会話は1人でするものではなく、相手があって成り立つもの。モテる女性は会話力に長けているのです。

相手の目を見る

話をしているとき、顔や目をそらしてしまったら、男性だけではなく女性もいい気持ちにはなりません。

話を聞くときには、キチンと相手の目を見て、反応することが常識です。常識だと言われるこの行為。これを当たり前のようにできるのが、モテる女性なのです。

ちゃんと話を聞いてくれる女性を嫌になる男性はいないもの。真摯な態度は男性の気持ちを動かすものなのです。

聞き上手は会話上手

相手が話をしているときは、一生懸命聞くことが重要です。

相槌をうちながら、相手の目をみて、身体を相手の方向に向けることで、距離もギュッと縮まり、相手は親近感を抱くものなのです。

話を聞いてくれることだけでも嬉しいのに、リアクションをとってくれたら、男性は心を鷲掴みにされてしまいます。

自分のことを話す前に、相手の話をじっくり聞くこと。コミュニケーションは聞くことから始まるのです。

話題を合わせられる

コミュニケーション力とは聞く力と質問力と知識力。専門家のような知識ではなく、一般常識として、社会の動きやニュース、スポーツなど幅広くアンテナを張っておくことは必要です。

どんな相手とでも、どんなシーンでも話を合わせられ、興味をもつようにするのです。

自分の興味のあることしか話さない女性だったら、聞いている男性は面白くなく、その人の内面を評価しなくなります。

また、一般常識がない女性は、誰から見ても素敵ではありません。

自分の外見を磨くことばかりではなく、内面も充実させなければ、モテる女性にはなれないのです。

モテる女性は年齢じゃない!いくつになっても輝く女性でいよう!

年齢に関係なくモテる女性はたくさんいるもの。結婚していても、永遠にモテる女性なのです。

外見の清潔さはもちろん、会話力や内面を磨く努力を怠らず、常にキラキラしているのです。そして自分の生活、人生を楽しんでいます。

自分の人生を楽しめなければ恋愛も楽しめませんし、男性を幸せにすることもできません。

HAPPYオーラは周りもHAPPYにし、その引力に男性は引きつけられるもの。美人じゃないのにモテる女性は、常にHAPPYな雰囲気をだしているのです。

何歳になっても女性としての魅力を持ち続け、素敵な恋をしましょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る