ブライズメイドってどんな役割?花嫁を一番近くでサポートする女性たち

結婚には不安が付きもの、プロポーズを受けてから実際に結婚するまで、実は色々な不安が出てきたりします。

それは至って普通なことですが、不安ばかりで前に進まないようではいけません。最近日本でも主流になってきたのが、ブライズメイドという役割です。

ブライズメイドを活用して、スムーズかつ幸せな結婚に向けて、着実に前進しましょう。

ブライズメイドの由来と重要な役割

あまり聞きなれないブライズメイドですが、その名前の由来は、花嫁の幸せをねたむ悪魔から守ることから来ています。

独身女性が花嫁の周りで、同じようなドレスを着ることで、そちらへ悪魔の目を向けさせたと言われています。

今ではその名残りしかありませんが、由来とは別に結婚式を盛り上げる役として、花嫁の周りを囲むようにサポートする役割となりました。花嫁一人が目立つというよりも、一緒に幸せを分かつ仲間がいて、その中の主役というイメージです。

同じカラーのドレスを着るというのも、白以外のドレスで色を合わせ、花嫁を引き立て、華を添えるという目的があるからです。

結婚式の重要なサポーター、これから日本でも注目されることでしょう。

同じく花婿を支える役割として、アッシャーという存在もあります。

ブライズメイドとアッシャーが、花嫁と花婿の周りで一番近くにいて結婚式を楽しいものにしてくれる、重要なポジションなのです。

不安はブライズメイドにお任せ!式から結婚後のことまで話せる相手

結婚式前から、どんな内容がいいのか?は不安で、自分たちが楽しめることを含め、招待客へのおもてなしなども気になります。ウェディングプランの会社では、当然ながらこういった相談を受けてくれます。

ですが、オリジナルの式をするには、どうしても自分と同じ位置に立った意見が欲しいものです。

依頼された会社が提案する内容だけでは、「過去の事例」から話しが進むことが多く、そちらに流されがちです。

同じ意見で話ができて、自分らしい式にも賛同してくれ、いかに楽しめるかをサポートしてくれる、花嫁にとって一番の見方になります。

さらに不安とは、結婚後の漠然とした悩みもあるでしょう。

「なんとなく結婚式に対して不安がある」というなら、心置きなくブライズメイドに話をして、式までの気持ちを前向きにしておきましょう。

ブライズメイドはどんなドレスを選ぶ?白を引き立てる色がベスト

ブライズメイドと検索すると、自然とドレス姿の複数の女性が出てきます。

見ると、主役である新婦の白いドレスを引き立て、「淡いカラー」のドレスをお揃いで着ています。

花嫁を真ん中において、結婚式そのものを一緒に楽しめるように映る、それが重要です。白が一番はっきりした色とすると、やはり周囲で一番近い存在が目立ち過ぎてはいけません。

これらのことを考慮して、選択される多い色が淡い紫や水色、オレンジといったものになっています。

主賓ではないため、色の選択には充分注意が必要です。

花嫁側に立つブライズメイド、その役割とは?結婚式の強い味方

ブライズメイドは花嫁側のアテンド役なので、時には花婿との間に立って、結婚式進行の意見の違いなども、仲裁してくれます。

花嫁が「こうしたい」と思っても、式の準備を進める中で、花婿とぶつかることが出てきたりします。女性は団結すると強い!ということで、ブライズメイドが味方になってくれると、満足いく結婚式ができるのです。

ライスシャワーの盛り上げ役や、バージンロードの先に立って、花嫁が歩くのをサポートしてくれたり、式の場面ごとに登場する存在です。

指輪交換のとき、花嫁のブーケを一時的に預かるなど、全般において花嫁と一緒にいて助けてくれます。

フラッシュモブなど、サプライズ演出も多く、この盛り立て役や参加者となるブライズメイドも多いようです。

一生に一度と言える結婚式なので、自分が思う内容で、満足いく思い出に残るものを作り上げるには、花婿とは別に女心が分かる人間が必要です。

ブライズメイドは誰に依頼する?独身女性にこだわる必要はない

取り入れようと考えても、さて誰に依頼するかが問題です。

由来や流れからすると、独身女性が優先されそうですが、「一番は幸せを一緒に祝ってくれること」が重要です。

多くは仲が良い友達を選択しており、こう考えるなら独身という枠はなくなります。

ブライズメイドとして呼ぶ友人のポイント

ただ注意が必要なのは、「ブライズメイドの間で揉めない人選」です。

独身にこだわる必要はないとしても、ひとり既婚者がいれば、「経験者(既婚者)からの目線」になり、意見が割れたりします。

花嫁をサポートするという気持ちはホンモノでも、そこには個性や意見が反映されるので、揉めてしまっては意味がありません。

2人から4・5人とされていますが、多すぎてもいけませんし、気心知れた友人というのも、どこまでかは分かりません。

普段から付き合いがある友達同士に、まとめて相談するほうが良いでしょう。

また「お願いしたい理由」がちゃんと伝わり、相手が「自分だから依頼された」と心から思えることが大切です。そうすることで、結婚式に向けて最大限サポートが受けられるハズです。

当然ながら、ブライズメイドのドレスなど、かかる費用は花嫁が受け持つということも忘れないようにしましょう。

本当に楽しい思い出になる!ブライズメイドと一緒に作る結婚式

日本の結婚式を見ると、司会・友人出し物・二次会の準備を、それぞれ違う人がやっている印象です。

全てをお願いするには負担が大きくなりますが、「ブライズメイドが中心となって」企画・進行してくれるのは、当日の主役としては負担が軽くなります。

どんなに楽しいことでも、事前準備とその負担は、気持ちが滅入ってしまうこともあります。

楽しい出来事のハズなのに…、よくあることです。

そうならないためにも、「負担を一緒に軽くしてくれる」のが、ブライズメイドなのです。

新郎新婦が一緒に考えて計画し、準備しながら前に進むのも、夫婦として絆を深めるには良いかもしれません。

でもせっかくなら、さらに「楽しめること」を追加するために、ブライズメイドを立てて「準備から楽しめるようにする」ほうが良いでしょう。

式当日だけでなく、プロポーズを受けて結婚式の準備から楽しめる、幸せな思い出にするためにも、限られた時間を共有する相手がブライズメイドです。

ブライズメイドは定着してきている、今でも充分役に立てる存在

日本人の性格もあってか、あまりオープンな性格とは言えないでしょう。信用もないのに、街中で人に声をかけるなんて、あまりしないことです。

ブライズメイドという役割、日本でうまくいくのでしょうか。

ハッキリとした方法があるわけではありませんが、結婚する多くの女性が、マリッジブルーなどの悩みを抱えているので、認知次第で広がるハズです。

前の説明の通り、ウェディングプランの会社がサポートしても、やはり限界があるのです。

サポートは近い家族であり、なおかつ「花嫁の立場からモノを言える独身女性」というは、実は理想的なカタチと言えるのです。独身なんて結婚経験もないのに無理でしょ。と思うかもしれません。

ですが「花嫁として結婚する前の意見」を後押しするには、怖いもの知らずとうのも含めて、独身女性が適任でもあります。

別に結婚前から、無難な道を選ぶのも良いのですが、結婚前最後のワガママを言えるのもこのときです。

結婚生活とは、始まりの立ち位置が重要で、中々それが変わることはありません。

結婚前から、ハッキリ言える関係を作るためにも、新婦は自分の意見を通せるようにする必要があります。

意見を言えたり、悩みを解消することは結婚後にまで影響する、こういう認識があれば、日本でも必ずブライズメイドが活躍できるようになります。

番外編:結婚式でブライズメイドとアッシャーの恋が始まるケースも!?

幸せのおすそ分け、そんな意味もある結婚式なので、ブーケトスなど盛り上がる瞬間でもあります。

自分の結婚式で友人同士が出会い、また結婚という幸せにつながったという例もあります。

合コンほど軽いものではなく、お見合いパーティみたいに重苦しくない、ブライズメイドとアッシャーの関係はこんな感じでもあります。

互いに幸せに向かって準備をしているので、きっと笑顔で会う瞬間が多いハズです。人の幸せを祝って準備しているうちに、式当日よりも長く時間を共有することで、出会いに発展することだってあります。

独身を選ぶとこういうメリットもありますが、何より主役である自分も嬉しくなりますよね。

新郎新婦二人だけより、楽しい出来事にみんなで取り組む、一体感が生まれ恋心に変化してもおかしくありません。

幸せになってほしい友人、そういう相手に依頼するのも、きっと喜ばれてあなた自身幸せな気持ちになれるのです。

ブライズメイドの活用が主流になる、結婚式を不安なく楽しむために

ブライズメイドという役割、日本でも広がっていくことは間違いないでしょう。

ウェディングプランの会社とは役割が違い、なんと言っても身近な相談者であるということです。

欧米からスタートしたブライズメイド、すべてを同じにすることはできないかもしれません。

でも花嫁側の味方なら、きっと役立つ存在になります。

親でもなく、また独身であることから、守りに入り過ぎない斬新な意見で、あなたの背中を押してくれるハズです。満足いく結婚式、そこで主役は必ず女性である新婦なのですから、自分が思うことは全てぶつけるくらいの気持ちが大切です。

一生に一度の結婚ですから、不安も悩みも乗り越えて、満足いくものができあがるように、ブライズメイドはこれからもっと注目されることでしょう。s

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る