文化祭での告白は下準備が大切!告白を成功させるための秘訣とは

学生の最大のイベント文化祭、好きな彼がいるならこれを機に告白してみたいと感じるけど、どのように進めていけば成功率も上がるのか気になりますね。

気持ちも固まり、クラスのみんなとも一致団結しやすいイベントだからこそ、意外な知られざる彼の一面も知り、更に好きになるなど始まる前からドキドキしていることでしょう。

意中の相手に文化祭で告白したいと感じた時、どんな流れを作っておくべきか、また成功させるために気をつけておいた方が良いことをご紹介します。

是非成功させて、彼氏を作っちゃいましょう。


準備期間から彼に接近しておくようにする

準備期間中から勝負をかけておくことです。

その頃は、通常の学校生活と空気が一転して変わり浮き足立つ時期でもありますので、ソワソワ感から人と人との距離も縮まりやすいものです。

なので準備期間中から出来る限り彼の側にいて、良い印象を抱いてもらえる努力を行なった方が後に告白の成功率も高まります。

「何してるの?手伝おうか?」「わぁ〜すごい!力持ちだね」というように何気ない言葉がけからでも良いので関わりを作っておきましょう。

見つめるだけというように彼にとって意味深に映る行為にも力をかけてみても、相手の記憶の中に残りやすいです。

他に彼を好きそうな女子がいないかチェックをしておこう

ライバルはいないか探りつつ、いるならば文化祭当日は終わり間際に告白することです。

その子も同じように告白しようと考えているかもしれませんし、やはり最後に告白した方が彼が抱く印象の中にも残りやすいです。

緊張して早く楽になりたいあまり開催直後に告白しても、盛り上がりの空気こそ出来上がってないので、やんわり断られてしまう可能性も考えられます。

なので、いついつ頃に告白したいという希望が特に無いなら終了付近にするように心がけると良いです。

友達の力を借りて彼のことを好きな子を探るよう、噂話もこの時ばかりはどんどん活用していって下さいね。

文化祭を口実にしてLINEで仲を縮めておく

LINEをする仲にまで接近しておくことです。

文化祭が迫っているので、どうせならその関連の口実を使ってアカウント交換しておこうと提案すると、普通よりも断られる確率も少なくなります。

交換したままでは終わらせないように「買い出しって誰が行くか知ってる?」「準備期間は学校に泊まったりするのかな?」など些細なことでも質問するように心がけて下さい。

そこからやり取りも長く続くように、この時点で距離は確実に縮まっています。

しかし、彼の迷惑も考えずに何度もLINEを送るようではうっとおしいとも思われてしまうので限度は超えないよう気をつけましょう。

文化祭当日は彼は何をするか、どこにいるかを事前に把握しておく

彼の文化祭当日の予定をを聞いておくことです。

もしかしたら予想とは程遠い場所に居るかもしれませんし、最悪の場合会うことすらままならないという可能性も考えられます。

直球で聞いてしまえば、その時点で「俺に気があるのかな?」と受け取られてしまいますが、告白前の前振りとしては丁度良いとも言えますね。直接聞くのが恥ずかしいならLINEで聞くなど工夫を凝らしていきましょう。

運が良ければ「一緒に回る?」と誘ってくれる場合もあるなど、嬉しい展開が待っています。

何時頃にここにいるから来てよとお誘いをかけられるパターンなど、相手の出方次第で告白する機会も上手く取れます。

恥ずかしいという方は何となく聞いただけ感を出すと、彼を前にしても変わらず平常心で居続けられることでしょう。

恥ずかしいと思う気持ちは捨てよう

告白なんてしたことないから恥ずかしいよと気負う必要は全くなく、文化祭に告白する人は意外と多いことを知っておくと過度に焦りを覚えることもないです。

文化祭はいつもと違う非日常感を覚えるので、どうせなら意中の相手に告白してみようと考えにたどり着く方は多いものです。

また、文化祭特別イベントで告白大会が開催されるまであるように、それほどまで告白を意識している方は沢山います。

なので、自分一人だけじゃないと知っておくと不思議と勇気をもらえるものです。それでも不安な方は、告白を考えている仲間を事前に探しておくと非常に心強い存在として互いに支え合うことができます。

このように文化祭事情を知っておくと、やっぱりやめようと途中で降りることもなく、「言うだけ言おう」と最後までやり通せるまでに変われます。

また、SNSで文化祭に告白したという動画を見つけて、同じように勇気を出す人はいるんだと記憶に焼き付ける方法も非常に有効的です。

告白するタイミングは考えて!なるべく2人きりで行おう

友人に応援されながら告白したいと感じても、告白するなら2人きりのところで行いましょう。

友人がいるところで告白すれば、強制的に彼が断れない空気が出来上がってしまいます。

「あの時告白してくれたけど、実は断れなかったからOKしただけなんだよね。」と言われてはショックですよね。

元々明るく目立つのが好きだという男性に対しては効果的とも言えますが、どちらかというとシャイでそっとしてほしいタイプの男性に対してはどこまでも逆効果に映ります。

文化祭を境目に今度は気軽に話すこともできない仲にまで変わってしまったら非常に残念です。

なので、彼の性格を把握した上で告白する方法を考えましょう。

二人きりになれる時間がないなら、呼び出す口実を考えよう

文化祭当日、中々彼と二人きりになれる機会がないなら、最もな口実を作って呼び出すことです。

「実は話がある…」と何か言いたげな雰囲気であれば「まさか…」と勘づき、それを横から見た彼の友人がはやしたりもするでしょう。

彼としても文化祭に関する口実を使って呼び出された方が、その場から簡単に抜け出しやすいものです。

伝える側も「今から告白するんだ」と意識していっぱいいっぱいなることもありませんし、そのまま回避するように告白しない手段も場合に応じて選べます。

「それってLINEで駄目なの?」と彼から言われてしまえはそれまでですが、来てくれることを見込んで最もな理由を作ってみてくださいね。

呼び出すだけ呼び出して「実は俺も話したいことがあった」と相手から伝えてくれるパターンも想像ができます。

当日は自分でドキドキさせるシチュエーションを作ろう

文化祭の非日常感を更に高めるために、自らハラハラする場面を作ることです。

彼に「おばけ屋敷一緒に入ってくれない?」と頼み込んで密着した距離感を楽しんだり、普段できない格好、コスプレを彼に見てもらいドキドキと動揺させてあげましょう。

平常心とは程遠い位置にいるほど、自分は恋をしているんだと錯覚しやすいので、折角なら文化祭にしか出来ないことを行ってみてくださいね。

上級者テクニックですが、わざと無くし物をして一緒に探してほしいと彼にお願い、頃合いを見た頃「あった!」と取り出す方法は、「何だ〜良かった」とハラハラ感含めて親密度も高まりやすいです。

もうこんなチャンスは二度とないと見込んでこそ、迷惑にならない程度にあれこれ手探りながら試してみると、いつのまにか彼のハートを掴むことに成功している筈でしょう。

告白は、なるべく文化祭の最中にするべき

色々考えた末、もっと落ち着いた時に彼に告白したいと感じても、その決意はもう湧いてこないことが考えられるので注意が必要です。文化祭は非日常的なものとしても最も告白にふさわしいイベントと言えます。

今度でいいやと流してしても、イベントを終えた無気力感から、また同じように決意する気持ちが湧き起こるとは限らないでしょう。

なので、誰にも取られたくない、本当に彼のことを好きだと感じるなら折角のイベント、文化祭中に告白するべきです。

また、「あの時に告白しておけば良かった」と後に悔やんでも時間を巻き戻すことは出来ないので、ただひたすら後悔するだけです。

なので後でいいやという気持ちが浮かんでも、最中に済ませた方が告白の成功率も上がりますし、折角ならここで勇気を出しきりましょう。

セカンドチャンス!文化祭中に出来なければ打ち上げでの告白でもOK

文化祭も終了間際の、ホッと一息つく頃の後夜祭に告白することです。

もう終わってしまうと名残惜しい気持ちと、何かドラマが起こらないだろうかと期待に膨らんだ瞬間でもあります。

先陣切ったように誰かしらが告白し始める時間でもあるので、勢いに任せて自分も気持ちを伝えてしまうのが良いでしょう。

しかし、見るからにノリに任せて告白しましたというテイストでは、彼のプライドを傷つけてしまうので恥じらいは持ってください。

文化祭を良い思い出に締めくくりたいがために、特に彼女や好きな人がいなかったらOKを出すなど、カップルが誕生しやすい瞬間でもありますので、ここが最後の正念場だと勇気を出しましょう。

ハラハラドキドキ!文化祭での告白を成功させよう

学校生活を送る普通の瞬間よりも、文化祭という特別なイベントにより、告白しようと感じる勇気を絶対的に貰うことが出来ます。

なので、「私なんか告白しても…」と元々ネガティブな性格の方でも、折角だから伝えてみようと前向きな気持ちになりやすいのです。

そんな事もあったなと告白したことは良い思い出にも残りやすいので、誰にも渡したくない彼がいるなら勇気を出し切りましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る