ダメ男好きな女から卒業しよう!恋は盲目の状態から脱出する方法

彼との恋愛で自分を見失ってしまった経験、ありませんか?好きな人のことは誰でも信じたいものです。

周りのみんなから、やめろと言われても、男らしくないと言われても、「私にしか分からない彼の魅力があるの」と思った経験がある人は少なくないはず。

誰でも苦労するより幸せになりたいですよね。あなたの幸せから遠のいてしまうダメ男の特徴を把握しておきましょう。


ダメ男の典型的なタイプ

ダメ男にもいろんなパターンがいます。ダメ男でも支えてあげたいという気持ちがあっても、あなたの優しさが響かない男性もいるのです。尽くしがいのないダメ男とは。

自分が1番かわいい男性

恋愛がスタートした頃は、連絡もマメ、頻繁に会っていたけど、付き合いが安定した頃にはあなたを放置する男性は、あなたの優しさをないがしろにする男性が多いです。

“親しき仲にも礼儀あり”という言葉どおり、いくら彼女でもマナーはあります。“ギブ&テイク”の精神が欠けているこの性格は、正直言ってあなたが何回も彼に訴えても改善する見込みはないでしょう。

これが彼の性格なんだと認め、割り切ることが1番の近道ですが、あなたが支えてほしい時にそばにいてくれないとなると寂しくなりますよね。

このタイプは、あなたがどれだけ自分の気持ちを分かってほしいと思っても、自分の気持ちが優先です。

楽しさよりも安定を求める女性には、このタイプの男性はおすすめできません。

お金にルーズ

お金は人生を変えてしまいます。お金にルーズな男性は、あなたの人生まで狂わせてしまう可能性大。

金銭感覚はなかなか治りません。

しかも、お金にルーズな男性は、女性にもルーズって知っていましたか?金銭問題にはとどまらず、女性問題にも悩むとなると、そんな苦労はしたくない!と思いませんか?

何よりも彼女優先

あなたは彼が仕事より友人より自分を優先してくれると幸せだと感じますか?

何よりも彼女優先と聞くと、彼から愛されているなんて幸せだなと思いますが、実はこれはダメ男の特徴。

彼女と遊ぶには仕事でお金を稼ぐしかありません。仕事を一生懸命にできない男性って魅力的ではないですよね。友人のことを大切にできない人も魅力的ではないと思いませんか?

彼女との時間、仕事の時間、友人との時間、すべてを充実させている男性は、あなたへとても良い影響を与えてくれます。

それだけではなく、いろいろな人と接触する機会が多い男性は、世間から揉まれているからか、器が大きい男性が多いことが最大の魅力。

人に愛されている男性と交際することは、あなたにも彩りある時間を与えてくれますよ。

ダメ男を引き寄せないためには

ダメ男が好きではないのに、ダメ男ばっかり寄ってくるという人いませんか?それは、多少なりともあなたにも原因があるのです。

心あたりがある人は今日から自分を見直してみてください。きっと寄ってくる男性のタイプも変わってくるはず!

お酒の飲み方が激しい

俗にいう“酒乱”の女性は要注意。お酒が入ると理性を失いがちです。

男女混合の飲み会をする機会があったとします。

そんな時、普段はしっかりしていても、お酒の飲み方次第では、だらしない女性に見られてしまうとこともあります。だらしない女性には、素敵な男性は寄って来ません。

素敵な出会いを逃さないためにも、お酒の飲み方が激しい人は直す努力をすることをおすすめします。

あえての色気の演出はいらない

確かに色気って大事です。露出が高い服は、それなりに色気を感じることはできますが、本当の色気は雰囲気で出るもの。

あえて、出してしまうと男性から軽く見られてしまいます。隙がある女性と軽く見られる女性は違います。

素敵な男性と出会いたいと思うならなおさら、“見せる色気”ではなく“品のある色気”を身につける努力をしましょう。

自分を大切にする

自分を大切にしてない女性は、口説くことが簡単です。呼び出せばすぐに来たり、連絡も即レス。

何を言っても断ることがない女性って手頃ですよね。自分を大切にしていない女性を見抜く力を持っている男性は意外と多いです。

自分に嘘をつくことなく、安心して接することができる男性でない限り、彼に合わせることをやめるだけで、あなたは十分に自分を大事にしていると言えます。

自分の気持ちをごまかさないようにしましょう。そうすることで、あなたが本当に求めている男性と出会うことができますよ。

ダメ男は直らないと思って!付き合う前には要注意

ダメ男を直そうとしても無理です。彼の個性だと受け止めることができるなら、あなたはダメ男といても幸せでしょう。

もし、あなたが彼と一緒にいることで苦労することをストレスだと感じるなら、少し距離を置いて、これから先の自分の幸せを考えてみることをおすすめします。

自分の気持ちに正直になることが何事も大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る