同期同士で社内恋愛するなら!経験者が語る知っておくべき7つの極意

企業に同期として入社した者同士、打ち解けるのは早く、それゆえに恋愛に発展することも少なくありません。

研修終わりに飲み会に行ったり、研修を通して仲良くなり、プライベートでも一緒に行動するようになる男女は多いです。

しかし、同期入社同士ということで立場は同等、上司の目もあるし、ほかの同期や先輩、後輩の目も気になり、どうやって恋愛していけばいいのか、と悩んでいる人が多いです。

今回は、そんな同期同士での恋愛をスムーズに進めていく上で徹底したい同期恋愛の極意を7つご紹介します。

同期同士の恋愛は極力秘密にしよう

同期同士で社内恋愛する場合は、秘密にしておいた方がいいでしょう。周囲の目もありますし、社内の雰囲気にも関わります。

別の部署になってあまり関わりがない、という場合もありますが、噂はすぐに拡散しますし、それを妬む人も少なくありません。

ただし、同期同士であるということは利点でもあります。同期であるということで、かなりごまかしが効くからです。

男女の友達という形

同期で仲良くなる人は多く、その友情が長く続くことがあります。性別問わず仲良く打ち解けることができる人は多いでしょう。

この場合、同期で仲がいい、ということで「付き合っているわけではない」と否定することができます。

一緒にお昼に行くのも自然ですし、すれ違って声をかけあうのも自然です。また、ほかにも同期がいる場合は、巻き込んで一緒に行動することで怪しまれずに済みます。

あとはプライベートで会っている様子を目撃されないようにしたり、そういう会話を聞かれたりしないように細心の注意を払えばただの仲のいい同期同士として見てもらえるでしょう。

男女で友達、という人も少なくないので、人前ではフレンドリーに接するようにしましょう。

彼の浮気は疑わない!疑心暗鬼は仕事にも影響を及ぼす

同じ会社で働く、ということは彼の動向がよく見える、ということでもあります。そのため、彼に対して疑心暗鬼になり、不安になる女性も多いです。

彼と同じ職場で働くという上で、彼の浮気に関してどのような心構えで挑むといいのでしょうか。

嫉妬心をうまくコントロールして

恋愛中は、嫉妬心をうまくコントロールすることが求められます。

とくに見えない場所で行われているのと違い、見える場所で何か怪しい行動をされると、瞬間的に反応してしまう人も多いのではないでしょうか。

同じ職場にいて相手の行動が見えてしまう、ということは恋愛において一長一短であり、利点ばかりではありません。多くの場合は取り越し苦労ですし、彼が別の誰かと噂されていた方がカムフラージュになるので、全体的に見て得をします。

もし彼が別の女性と親しげに話している様子を見かけたら「あいつうまくやってるな」と思ってください。

そちらに注目が集まるほどに、ふたりの関係は疑われなくなります。彼への接触は、プライベートで存分に行いましょう。

▼それでもどうしても嫉妬してしまうなら!おすすめの記事はコチラ

悲しいアイコン13542

彼氏がいないと言っている先輩を立てる

職場では「彼氏はいないことにしている」という女性は多いです。

というのも、独身で彼氏のいない先輩や上司(女)から見て、彼氏持ちのリア充は生意気に見えますし、男性上司から見ても彼氏のいない部下の方が好感度が高いです。

彼氏はいないということにしておくことで、いろいろと得をすることも多くなります。

ここは先輩を立てるつもりで演技しましょう。

彼氏がいない子

女性は彼氏がいない子、恋人が作れない子ということで「かわいそう」という視線を向けられます。

この「かわいそう」が「かわいい」に転じることがあり、先輩や上司に対してはちょっとかわいそうな子と思われた方が安全に過ごすことができます。

仕事もできて彼氏のいる子は攻撃対象になりやすく、職場での居心地が悪くなります。「私、全然モテないんですよ。いい人いたら紹介してください」という形でいた方が、かわいがってもらえます。

ただ、人によっては嘘を見抜ける人もいて、あからさまに彼氏いないアピールをすると墓穴を掘ることになります。「いるの?」と聞かれたら「いませんよ」と返事をするくらいにとどめておきましょう。

要注意人物には目星を付けておこう

どこの会社にも要注意人物がいます。

噂を広めたり、入ってはいけないエリアに土足で踏み入るような人です。このような人はどこにでも存在するので注意しておいて損はありません。

お局社員に限らない

このような噂好きの人は、お局社員やおばちゃん、というイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

あることないこと噂で広めるタイプの人は、女性に限りませんし、同期の中にも存在する可能性があります。

そのため、同じ同期の社員に友達と信じて「秘密にしてね」と言ったのに、次の日噂になっていて、本人は素知らぬ顔で「私じゃないよ」などという人がいる場合があります。

このようなこともあるので、安易に信用して秘密を打ち明けないことです。

秘密に社内恋愛して、結婚するときに公にし周囲を驚かせるカップルがいますが、彼らは「誰にも秘密を漏らさない」という固い決意の元で交際しています。

周囲の人は全て敵!というわけではありませんが、秘密にしたいことがあるときは親しい人にも注意しなければなりません。

SNSの使い方に注意!会社の人が見ているかもしれない

同期と恋愛する際は、SNSの使い方にも注意を配る必要があります。

最近では、社内でFacebookのアカウントを使用して交流するなど、SNSをプライベートに使用できない例が増えています。

ツイッターなどは匿名性が高いですが、Facebookやインスタグラムなどは注意が必要です。

SNSの連携に注意

SNSには連携機能があり、Facebookとインスタを連携している人も多いのではないでしょうか。

また、Googleアカウントと紐づけている場合などもあり、調べようと思えば素人でも特定できます。

とくにFacebookに本名登録している場合は、上司がチェックしている可能性があります(企業のイメージダウンに繋がる発言をしていないかどうか、など)。SNSのアカウントを事前に提出しておかなければならない場合などもあり、うかつな行動はできません。

もしSNSを使う場合は、完全に匿名のアカウントを作り、どことも連携させることなく、本人であることがわからない状態で更新しましょう。また、安全性を確保したい場合は、SNSをやらないという選択もアリです。

結婚するときには必ず報告をしよう

同期同士の恋愛で「できれば結婚するときに公にしたい、それまでは秘密にしておきたい」という人も多いのではないでしょうか。

恋愛は不安定なイメージがあり「そのうち別れるんでしょう?」という目で見られますが、結婚は「本気で決めた」という覚悟が見えるため印象がいいです。

企業側も喜ぶ社内結婚

企業側の目には社内恋愛後の結婚はどのように映るのでしょうか。まず「男性は結婚すべき」というのが、多くの会社の考えです。

その方が仕事にも身が入り、生活も安定すると考えられています。

実際、成績よりも既婚か未婚かで出世に影響する企業もあり、男性は結婚することに大きなメリットがあります。

一方、女性の結婚は企業にとってマイナスである場合が多いです。産休を取得することで企業にとっては損失に繋がることがあるからです。とは言え、同じ社内での社員同士の結婚ということもあって、別の企業の男性との結婚よりは好意的に受け止めてくれる場合が多いです。

夫婦で同企業に所属する、ということになるので企業側としてもコントロールしやすい状況と判断するからです。つまり、社内結婚は男女それぞれにメリットがあり、企業側としてもメリットがあるため、総合してWINWINの関係になれる良い機会です。

結婚を発表すると?

「実は付き合ってました、結婚しました!」という発表は、周囲に驚きを与えると同時に文句を言わせない空気を作ることができます。

なぜかこの段階になると「彼氏いないってのは嘘でした」という嘘が許され、嫉妬深い人たちも祝福しなければいけない雰囲気に巻き込むことができます。

このような場面になると「結婚する人を祝福しなければならない」という雰囲気が出来上がるため、その雰囲気に逆らう人はいなくなります。

このようなめでたい雰囲気を作り出すためにも、遠慮せず大々的にお祝いしてもらったほうが何かと都合がいいでしょう。

社内公認カップルになることが目標です。

結婚後も働きやすいように

同期同士で付き合う場合は、結婚後のことも考えておくといいでしょう。

「できれば一緒に長く勤めたい」と考える人は多いので、結婚後を想定して人間関係を構築していく必要があります。

女性も出世を目指す

同期同士の恋愛だからと言って、男性のサポートばかりもしていられません。

むしろ、結婚後に出産や子育ての予定がある場合は、今よりも出世しておく必要があります。

同期同士はときにライバルともなりますが、仕事や成績の面では直接対決はしなくても、負けないくらいに頑張る必要があるでしょう。

これは、結婚後の自分の居場所を確保することに繋がり、ひいては夫となる人の立場を守ることにも繋がります。大出世をする必要はなく、男性を飛び越える必要もありませんが、できるだけ上司や上層部の懐に入り込み、上手に人脈を作っておきましょう。

彼とのデートも大事ではありますが、この時期は上司と飲み会に参加して気に入ってもらい、立場を向上させた方が結婚後も仕事がしやすくなります。

公私のバランスが大事!社内恋愛は上手く進めれば皆が応援してくれる

会社の同期と付き合うためには、公私のバランスが大事です。彼のことをおろそかにしてもいけませんし、仕事をおろそかにしてもいけません。

恋愛は感情的になりがちですが、感情に振り回されても行けませんし、理性的になりすぎても楽しくありません。

社会的な立場と恋愛を両立させるのは難しいことではありますが、あえて結婚というゴールを目標にすることによって、彼との団結も深まるというものです。

遊び感覚の恋愛ではなく、本気で考えているのであれば彼と話し合って秘密の社内恋愛をしてみるのもいいのではないでしょうか。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る