同棲する前の親への挨拶!結婚前のお試し期間と悟られないように注意

付き合っているなかで、先に見えてくるのは結婚です。

いつかは結婚と考えるなら、その前に同棲したいと考えるカップルも多いことでしょう。

結婚が前提でなくても、互いの両親に挨拶をするなら、いったいどんな内容が好まれるのかを調べてみました。

ゴールを決めない同棲は親にとって悪い印象

付き合うだけならまだしも、生活を共にすることになる同棲です。挨拶に来るのを待っている親としては、結婚を前提にしている内容を想像しているでしょう。

経済的な面でも、一緒にやっていくのだろうと思っていても、不思議ではありません。

その辺まで聞かれると思って、挨拶に行く準備をしておきましょう。

親の世代を考えると同棲していたという人は、今ほど多くはないハズです。少し古い考えかたですが、「同棲なんて遊び人のすること」と思っている親も必ずいます。「一緒に住むなら結婚」と、同棲を中途半端と思われる恐れもあります。

恋人同士なら近い年齢というカップルが多いでしょうが、その親となると世代が違うのです。

それも含めて考えると、やはり同棲は結婚が前提という内容が、一番無難と言えます。

挨拶する時に「お試し感覚」を悟られないようにしよう

それでは、どういう言い方がスムーズなのでしょうか。

これは、付き合っている段階で互いの親と、どれだけコミュニケーションがあったかによって変わってきます。

男女の関係を親が心配するとき、一番に「信頼」を重視します。

互いに相手の親とコミュニケーションが取れているなら、その親密度で同棲の挨拶もスムーズになる可能性が高くなります。親密度があるなら、「同棲すること自体をどう思っているか」も分かるでしょう。

場合によっては、同棲が2人の仲を裂くことになりかねないと、事前に判断できたりもします。

ですが、どのパターンでも、「結婚前にお試しで」という内容の挨拶はいけません。

お試しと前提は違います。

前提と説明するなら、「結婚を真剣に考えているから失敗しないために」と捉えることができます。お試しでと説明すると、「失敗したらそれまで」と捉えられてしまうからです。

当人同士としては、どちらも同じ意味かもしれません。

でも結婚せずに、一歩手前の同棲を認めてもらうのですから、親への挨拶は真剣さを伝えなくてはならないのです。

同棲すること自体を認めない親も多い!拒絶されるのも覚悟しておく

スムーズであれ、ハードルがある場合でも、男女どちらの親も「同棲を快諾はしてくれない」のが前提です。

というか、認められない前提で挨拶を考えなくてはいけません。

最終的に認めても、「二人が良いのであれば…」と、半ば納得させられたような回答が多くなります。

挨拶に行くわけですから、親が拒絶すればそれに従わなくてはなりません。

でなくては、二人の関係にすらヒビが入る恐れもあります。

「断られるかもしれない」ではなくて、「断られた場合の対応」を考えておきましょう。この場合は、同棲なんて結婚するときになるでしょうし、結婚に対してもハードルが高い可能性もあります。

挨拶に行って、誠意を見せれば同棲できるなんて、勝手な勘違いではいけません。

そういう姿勢では、断られたときに「なぜ?」という気持ちが処理できず、断られた親に対して「きらい」が生まれてしまいます。

結婚前の同棲はいけないという決まりはなくても、「親にしてみれば許されない」ことを忘れてはいけません。

拒否されたからと言って、強引に同棲するのはNG

同棲を断られた場合、強引に同棲するのは駆け落ちと同じくらい大変です。

付き合うことは、大人同士で個人の問題と思うかもしれませんが、将来であれ結婚という二文字が想像できるのであれば、親も無関係ではありません。

大事な娘を…なんて言葉は、結婚して時間が過ぎればそこまで大きな問題にもなりません。

ですが、子供が生まれたり、孫も関係してくる結婚は、一族として考えることです。同棲してからは、ますます妊娠の可能性が高くなるので、結婚が視野に入らないわけはありません。

結婚となると、親がいるなら無関係とはいきません。

結婚に結びつく同棲は、もし親に反対されたのであれば、強引なやりかたで進めるのは、将来のリスクに繋がることになります。

結婚のハードルを自分で高くすることになります。

同棲すると親との付き合いは必須、結婚前提だから当たり前

親からの了承をもらえた同棲であるなら、ますます親との付き合いもおろそかにはできません。

常に一緒にいることを知っているのですから、食事に誘われたりなど、結婚と同じレベルで付き合いが増えることもあります。

結婚前提と思っているのは、親も自分たちも同じなので、今のうちから関係を深める意味で、ちゃんと付き合いをしておきましょう。

同棲を認めたのですから、結婚もきっと上手くいくはずですが、親の周囲にも周知してもらうことも必要です。

世代によって同棲のイメージは様々ですが、「ちゃんと生活していること」をアピールする上では、同棲が絶好のチャンスです。

いつまで同棲?親への挨拶が済んでいるなら結婚は早めがいい

同棲が上手くスタートしても、次の問題が発生します。

「結婚はいつ?」と考えるのが親で、同棲から間もないと考える期間しか経っていなくても、結婚をどうするのか聞かれることもあります。

説明し了承してもらって同棲がスタートしても、結婚に向けての準備はちゃんとしましょう。

同棲はしてから、結婚までの道のりはダラダラしがちです。結婚と同じような感覚で生活がスタートし、結婚のタイミングを計れなかったり、何かときっかけを探すのに苦労します。

結婚する気はないけれど同棲している、なんて周りには言えません。

親を含め、いつかは結婚するんだろうと思われていますから、同棲→結婚はなるべく早いほうがいいのです。

同棲はしっかりと生活できても、長くなると「けじめが無い」というような、親の世代の考えで判断される恐れがあります。

「そろそろ結婚しようかと思いまして…」と、次の挨拶を待っているはずですから、可能な限り早く準備を進めましょう。

もし同棲が上手くいかなかったら?別れるときは挨拶なんてできない

別れるときこそ、二人の問題という言いかたが一番適しています。

事前準備や挨拶をしても、同棲がスタートしてから「うまくいかない」ことはあり得ます。

離婚する前に気付けただけ、お互いにバツが付かなくて済んだという考えかたもあります。

ですが気になるのは、親に挨拶をして同棲がスタートしていることです。円満な別れかたで、親に挨拶に行く人なんて聞いたこともありません。

結婚を前提としていただけに、どちらの親も悲しむでしょうし、親としては「続いて欲しい」と考えるのが相場です。親との親密度にもよりますが、同棲を認めてスタートしたときから、相手は良い人だと思っているでしょう。

嫁(婿)になる人を失った感情は、親だけが感じるものです。

同棲するなら親への承諾は必須。結婚前に揉めるのを防ごう

いきなり結婚の挨拶に行くと、親からしてみれば「その相手は大丈夫?」と不安から入ります。

相手を知らないのですから、当然のことです。

付き合っている→同棲をしたい→結婚という、順を追った挨拶の仕方で、結婚前のハードルを減らすことが大切です。

場合によっては、同棲は認めてもらえないかもしれません。

同棲をしたいと考えるのなら、結婚のための準備という言いかたが一番です。

二人だけの理由しては、「お試しで」という気持ちもあるでしょう。でもそれを表に出してしまっては、「そんな軽い気持ちで」と思われてしまいます。挨拶に行く意味をしっかりと考えれば、その内容は自然と答えが出るはずです。

せっかく挨拶に行くのですから、誠意が伝わるような姿勢と内容で、好きな相手と一緒になれるための準備をしておきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る