絵文字を使ってメールをくれる男性は脈あり?込められている思いとは

男性から絵文字を使ってメールが送られてくると、もしかして脈ありなのでは!?と思ってしまうことってありますよね。

もしかしたら、その絵文字にはなにか思いが込められているのかもしれません。

そんな絵文字を使ってメールを送ってくる男性の心理についてみていきたいと思います。

今まで男性から、絵文字を使ったメールが届いたという人も、メールのやり取りしている男性がいるという人も必見です!

絵文字を使ってメールをしてくる男性の心理とは?

今では感情をひとつのスタンプや絵文字で表現できるようになりましたね。

その数も増え続けていて、数ある中から自分の今の気持ちを文章にしなくても、相手に伝えることができるまで種類も豊富になりました。

それは、男女問わず絵文字を使ってのやり取りは決して珍しくない時代になりましたが、今でも男性の中には、メールが苦手、文章を打つのが面倒くさい、という人もいるのも現実です。

それでも、絵文字やスタンプは、言葉にしなくても相手の状況がわかってしまうのですから、わざわざ文章にしなくても、気持ちを伝えることができます。

特に気にならないやり取りでも、男性から送られてくるメールの中に、絵文字があるとしたら、それはもしかして何かをアピールしている場合もありうるのです。

それは、あなたの気になる彼からだとしたら、気になってしまいますよね。

では、そんな絵文字を使ってメールを送ってくる男性の心理についていくつかの心理を見ていきましょう。

あなたとのメールのやり取りが楽しいと思っている

もし、彼があなたのことを気にしているとすれば、絵文字を送ってくるということで脈ありの可能性は高いでしょう。

あなたからのメールは、彼にとってうれしいはずですので、自然とその嬉しさが絵文字となって返信が来るのかもしれません。

文章だけよりも、絵文字が送られてくると、より相手の気持ちが読み取りやすいのでいいですよね。

特別と思っている相手にだけ絵文字を使ってアピールする

男性の中には、誰とでも絵文字を使うという人はそんなに多くはありません。

したがって、特別気になる相手にだけ絵文字を使うというのは脈ありだと思ってもいいでしょう。

そういった男性は、他の人にも絵文字を使っているということで、誰とでも同じように接していると思われたくないという思いから、特別に気になる相手にだけ絵文字を使っている可能性があります。

普段は絵文字を使わないのに、自分だけ送ってくるとわかったら、ドキッとしますよね。

それは、相手からのアピールだと受け止めていいと思います。

できるだけ距離を縮めたくて絵文字を使ってくる

男性からのメールのほとんどは、なかなか気持ちまで読み取ることができにくいほどそっけないものだったりしますよね。

好意を持っている女性にだけ、気持ちの距離が縮まるように、絵文字を使って表現しているのでしょう。

そっけない、冷たいと思われないように、きちんと考えてくれている証拠なのですね。

絵文字を使ってくる男性にこちらからもアピールしよう

「これは脈ありかも!?」と思う男性に対して、あなたも好意を持っていたとしたら、同じく絵文字を使ってさりげなくあなたの気持ちを伝えましょう。

ハートマークも使うのもありですが、「ここぞ」という時以外はむやみに使うのは控えたほうがいいかもしれません。

「使い慣れているな」と受け止められてしまったら、軽く見られてしまいます。

脈ありだとわかったら、さりげなくデートに誘いましょう

絵文字が含まれたメールのやり取りは、お互いの気持ちや状況がわかりやすいので、そういったやり取りが続いたら、思い切ってデートに誘ってみるのもいいです。

今までのやり取りの雰囲気から、デートに誘うのも気まずくなることはなく、自信を持って誘えるのではないでしょうか。

また、なかなか恥ずかしくて言えない「楽しみにしているね!」などといった言葉も、絵文字を使って伝えることができますよね。

相手も、それに対してスタンプや絵文字で返して来たら、脈あり間違いなしと言ってもいいのではないでしょうか。

「親しき仲にも礼儀あり」を忘れないこと

好意を抱いている人と絵文字が含まれたメールのやり取りをしていくうちに、どんどん楽しくなってくることでしょう。

また、脈ありだとわかれば、なおさらメールを続けていたいと思ってしまいます。

しかし、あまりにエスカレートして文章よりも絵文字のほうが多くなっていたり、絵文字ばかりが目立ってしまっうということがないように気を付けましょう。

親近感が湧いてくるとうれしくなってしまいますが、「親しき仲にも礼儀あり」という言葉のように、節度を持って、相手が引いてしまうことがないように、続けていきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る