彼とのデートはジムがおすすめ!カップルでジムに行くべき理由とは

彼氏とのデートでどんな場所に行こうかと迷いに迷ってしまうカップルもいるはずです。

結局最後まで決まらずじまいで家で過ごすことも実際少なくはないでしょう。そんな二人にオススメなのがジムデートです。

身体を動かせて、憂鬱な気分も吹き飛ばしてしまうジムデートには沢山の魅力が隠されていたのです。

今回は健康的なジムデートの楽しみ方をご紹介致します。


デートでジムに行くのはあり?

デートをする上で目的地をジムにするのは果たしてアリなのでしょうか。

新鮮味が感じられてアリ!

今までに無いデートが感じられてありです。むしろ男性的にも良いと感じている傾向が高く、女性の気持ちを配慮して避けてきていることの方が多かったりします。

女性であるあなたが行きたいと感じているなら、彼氏に素直に打ち明けて次のデートスポットはジムに行きたいとはっきり伝えてしまうのが良いでしょう。

とはいえ、まだ付き合っていない男女二人がジムに行くのは良い雰囲気も感じられませんし、友人にしか思われていないと受け取りやすく、その場合には注意が必要です。

メイクが落ちるのが嫌なら向いていない可能性も

メイクが崩れてしまうのが気になる方は、どちらかというとジムは向いていません。

ジムは身体を絞るための施設で、一生懸命身体を動かせば汗が流れ出てくるので、メイクが落ちてしまうのも自然なことです。

また、元々ノーメイクでジムに出没する方もいるくらいなので、小綺麗な格好をしても中々活かせない場所ではあります。

汗をかいた後シャワールームを使用すれば、すっぴんにもなり得るわけなので、付き合いたての初々しいカップルなら特に気をつけましょう。

とは言え、もうすっぴんも見られている間柄、ある程度の信頼関係が出来ているカップルであれば、ジムは最適なデートスポットに映えること間違いなしです。

デートでジムに行くメリットとは?

デートでジムを選ぶメリットとは、どういった利点が挙げられるのでしょうか。

二人とも素敵な肉体を手に入れられるかも?!

理想とされる肉体を、二人同時に手に入れられることです。

男性なら筋肉的な身体になりたいと夢見てしまう方も多いことでしょう。

女性なら少しでも脂肪を落としてナイスバディになりたいと考える方も多く、そうなる為には身体を絞るに越したことはありません。

やはり一番手っ取り早いのはジムに行くこととなります。着実に通い、目標とされる体型をどちらも手に入れることが出来たら、海やプールに行くと格好の的になること間違いありません。友人達からも羨ましい、良いなと憧れのカップルと思われるように変わることも考えられます。

そんなジムをデートスポットに選べば、二人同時に理想の体型に近づけることこの上なく、一つも無駄がないことがわかります。

目に見えるように頑張っていることも互いにわかりモチベーションにも繋がりやすく、長い目で見ても健康にもなりやすくまさに良いことづくめです。

休日を無駄に過ごした感じがしない

ダラダラと休日を消費した感が一切しないことです。

デートとなれば、あれこれしたいことはあるものの、結局ダラダラと二人でテレビを見て終わってしまうことも少なくはないでしょう。

しかしジムに二人で行けばそんな惰性で過ごす様な休日を味わうこともなく、やり切った感じがして気持ちとしても引き締まります。

充実していて、他のカップルとは違うという高揚感も得られることが考えられるでしょう。

午前中にジムに行けば午後からは大きく時間が空き、充実感は引き継がれますので、映画でも見て帰ろうかといつもと違う、パターンのデートを選んだり出来るようにも変わります。

また、デートの度にオシャレなカフェで美味しいスイーツを食べればやはり太ることが予想されます。

しかし、ジムに行けばその様な食欲に負けることもなく、むしろ痩せることが目処につくので、真逆の生活を送ることが出来たのです。

互いに頑張っていることが分かるのでより絆が深まる

努力している姿を近くで見れることです。

職場が違えば互いの働き具合も間近で見れることもなく、いまいちどう頑張っているのかわからなかったりします。

しかしジムに行けば、各々が自身の身体を理想的な姿へと変えていくためにあれこれ試行錯誤を繰り返していることが目に見えてわかります。

「彼もあんなに頑張っているから、私も頑張らなくちゃ」とやる気にも繋がる他、文句なしに頑張り具合を認められるので二人の絆も更に深まるのです。

喧嘩することも不思議と減る様に、ジムに通い始めることで互いが互いに見る目をガラッと変えてしまう様なケースもあります。

しかし、ジムに来ているのに手を抜いた負荷しか自分にかけていなければ、逆に頑張らない人という烙印を押されてしまうのでそこは注意が必要です。

ジムではどんなデートが楽しめる?

ジムでデートするならどういう感じの雰囲気が楽しめるのでしょうか。

彼氏の男らしさをこっそり盗み見れる

彼氏が改めて男であることを知れることです。

重い負荷がかかったダンベルを持ち上げていたり、一つのことに一生懸命になっている姿を盗み見れるので、不意をつかれた様にかっこいいと感じられます。

今までのデート中では、そういった姿を一度も見たことがない方程、大きなギャップを受けてキュンとしてしまうことです。

「こんな顔もするんだ」と真剣な表情を見て、改めて惚れ直す様に、ジムではより彼氏の色々な一面が知れるはずです。

ジム帰りに「かっこよかった」と素直に相手へ打ち明けると、彼としても喜んでくれる様にさらに二人の関係もグッと縮まることが予想されます。

周りに人がいる中で秘密のアイコンタクトが送れる

まるで高校生同士の様な初々しいコミュニケーションが取れることです。

ジムの規模にもよりますが、大きな施設ほどやはり人の出入りも激しく、時間帯によっては気軽に彼と会話しながら行えないという場合もあります。

そんな時にふと目を合わせて、口を動かさずとも「調子どう?」といったアイコンタクトが送れます。相手としても、小さなgoodサインを作ったり、お調子者な性格であればウインクで応えてくれるはずでしょう。

そんな姿に愛おしさを感じるように、心がほっこりする様な触れ合い方が出来るのです。

また、何となくカップルで来ている人たちが少ないジムでも、あまり話さないスタンスでいく様に、親密な関係であるのに他人の様な振る舞いにもおかしさを感じられます。

とは言え、あまりアイコンタクトに力を入れすぎてしまうと、周りにバレたり何と無く居心地の悪さを感じてしまうので限度には気をつけるべきです。

これを守れば、初歩的なコミュニケーションがさり気なくながら通う間ずっと続いていきます。

どっちが早くエアロバイクをこげるかなどのプチ競争が楽しめる

彼との可愛い競争が行えることです。

有酸素運動エリアには、まるで自転車を漕いでいるようなエアロバイクが置いてあります。

それを二台並んで彼と使って、どっちが目標カロリーまで早く消費出来るかと軽いながらの競争が行なえるのです。

もちろん本気じゃないにしてもやりがいが感じられ、周りの雰囲気によってはちょこちょこ会話も楽しめるように、一部分をピックアップすると、このようにデートっぽさがあらわれます。

おうちデートでは作れない楽しさがジムでは感じられるように、またエアロバイクじゃなくても、二人に合った器具なら何でも大丈夫です。

しかし周りに迷惑にならない程度に行なっていくように、何事も二人の世界に染まらないように注意しましょう。

頑張るだけ彼から褒めてもらえる

努力するだけ「すごいね」と彼から嬉しい言葉をかけられることです。

今日はどれどれの負荷を上げらることに成功した、通算して何キロ走ることが出来た、とどんなに小さな報告でも「やったじゃん」などの肯定的な褒め方をしてもらえます。

運動すると幸せホルモンのセロトニンが出るからこそ、彼としても素直に褒める気持ちこそ芽生えます。

また、先制してこちらから彼にすごいと先に声をかけても、同等の嬉しさが込み上がることでしょう。

何より互いに承認された気持ちで満たされて、疲れているのにまた来たいなとも、感じやすい特徴も秘めています。

ジム帰りには充実感を共有し合える

ジム帰りには自然に寄り添って歩けるような充実感が芽生えることです。同じ気持ちを共有出来ているので、その幸せな気持ちは限界を知りません。

シャワーを浴びれば汗臭くもないので、手なども自然に繋ぎ合えることでしょう。

その充実感から次のデートはどこどこに行きたいねと話したり、飛躍して互いの未来を考えるなど、まさしくハッピーな会話が行っていけます。

互いをなじるような言葉は出て来にくく、彼と付き合えて幸せとした、大切な気持ちと向き合う瞬間ともなります。

とは言えジムで力を入れるほど、帰り道は疲れて仕方がなくなるので、支障が出そうとわかっているならそこまでに根詰めず頑張りすぎなくても良いでしょう。

一緒に高め合うことでより健康的に!彼と一緒に運動しよう

ジムデートは思いっきり身体を動かせる他、ダイエット効果も期待することが出来るので一石二鳥です。

また、一人で通うよりも彼氏と向かう方がやる気も高まりますし、当然サボったりすることも無くなる為良いことづくめです。

デートではあまり選びにくい場所ではありますが、非常に新鮮な気持ちを感じることが出来るので、もう色んなところに行きつくしたと感じるカップルにこそおすすめだったりします。

身体を動かすことによって、幸せホルモン、セロトニンも分泌されるので楽しいデートが送れること間違いないでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る