初デートで映画に行く!デートを良い印象で終わらせる方法

大好きな相手と初デートで映画に行く場合、緊張しますがどういうところに気をつけて立ち振る舞った方が彼に良い印象を抱いてもらうことが出来るのでしょうか。

やはりがっかりだけはされたくありませんよね。

可能ならば次回のデートにも繋がるように、好印象を抱いてその日は別れたいところです。

今回は初デートで映画に行く場合の注意点、した方が良いことをご紹介致します。

初デートで映画!どんなことをした方が良い?気をつけた方が良い?

初デートで映画に行く場合、どんなことに目を向けた方が良いのでしょうか。

なるべく明るいストーリーの映画を選ぶ

映画を選ぶ際、出来るだけ明るい内容のストーリーを選択することです。

パニック映画だったり、後味の悪い結末だと前もって分かっているのであれば、そのような映画は避けた方が無難でしょう。

観終わった後どことなく気まずい雰囲気が流れますし、映画の余韻がその後のデートにも響きます。その点明るい内容の映画であれば、話にも花が咲きますし、一緒に楽しい時間を共有出来たという経験から仲もさらに深まることです。

どちらかというと悲しいと言える映画は気心の知れた友人と一緒に行くのがベストでしょう。

「飲み物何飲みますか?」などの気遣いを忘れずにする

映画を観る前に何か飲んだりしたいものはあるかと促進的に相手に尋ねることです。それだけで「気の利く素敵な女性だ」と思われることも夢ではありません。

もしも映画のチケットを相手が奢ってくれたなら、ジュース代は私が出すくらいの面持ちでいた方が良いでしょう。更に思いやりのある女性という位置付けを獲得できるはずです。

しかし、相手が奢ってくれると言うなれば最初こそ「大丈夫だよ」と遠慮しても、中々引き下がらないようなら、結果的にゆだねる姿勢を取りましょう。

その時は「ありがとう」と感謝の言葉を必ず忘れずに伝えることです。

一つ注意点として大きなサイズの飲み物を買ってしまうと、上映中お手洗いに立ちたくなることがあるのでその部分も十分に注意してくださいね。

ポップコーンは一つだけ買う

ポップコーンは二つ買わず一つだけにすることです。

そこまでお腹いっぱいにならないので、映画を観終わった後ご飯を食べるチャンスを作ることが出来ますし、上映中一緒に食べるという点から距離感もグッと縮められます。

また、張り切ってポップコーンを買っても最終的にあまるということはよくある事で、そうなればやむ終えず捨てるしか選択肢は無くなります。

勿体無さも兼ねて、「一緒に食べない?」と提案してみるのが良いでしょう。

しかし、まだそこまでの仲では無いと感じているなら、無理に一つだけ頼もうとしなくて大丈夫です。

むしろポップコーンだけに限定せず、他のフードを頼むという選択肢もありますね。でも緊張する初デートということなので、喉を潤す飲み物は必ず頼んでおいた方が良いでしょう。

上映中はリラックスしすぎに注意

上映中も気をつかうことです。

「画面に集中するんだから、少しくらいだらしなくしても、相手は気付かないよね」という甘い考えは命取りです。

初デートということを頭の中に入れて、靴は履いたまま、また、足もコンパクトに閉じていましょう。

しかし、自分はどう見られているのか気にしすぎても、上映中緊張しっぱなしになるのでそこまで意識しなくて大丈夫です。

背筋はぴんとしたままというルールもなく、ずっとは疲れてしまうので是非崩してください。

また、せっかくの映画デートということなので、作品の面白さに早々に引き込まれてしまいましょう。

映画を観ている時、名場面でもつい彼に話しかけてはいけない

映画を観ている中で良いなと感じた場面があっても、決して彼に声をかけたりしないことです。同意の意味も込めてチラチラ視線を投げかけても、相手は見入っている最中かもしれませんので失礼に値します。

声をかけた後「そうだね」と感想を返してくれることもありますが、内心「迷惑」と捉えていることが多いです。なので、名場面だと感じても上映中は静かに、終わった後に語り合うようにしましょう。

「これ後で話してみよう」「彼はこの時どう思ったかな?」と考える楽しみも出てきますし、その時になれば、是非彼の正直な感想が聞けます。

また、ペアシートならまだしも、両隣りにもお客さんはいるはずなので、そのようなひそひそ声も筒抜けな可能性がありますね。

例外として、面白い場面に対しての笑み、感動する場面では気の赴くままに泣いてしまっても構いません。しかし、それは一人で完結出来る状態に限ります。

また、大声レベルになるまでの声の漏れはやはり押さえておいて損はないでしょう。

好みに合わない映画でも、眠ったり頻繁に席を立ったりしない

あまり好みの映画じゃなかったとしても退屈そうに見せないことです。

つい目を閉じてしまったり、何度も席を立つようであれば、彼もあなたがつまらないと感じていることに気が付いてしまいます。

そういう子だったんだとあまり良い印象を持ってもくれなくなるので、例え好みの映画じゃなくても最後まで観続けましょう。物語に全身全霊集中させるのではなく、「この女優さん見たことある。他にどんなドラマに出たことあったけ?」と意識を少し違うところに飛ばすと気も紛れて来ます。

また、最初こそ好みじゃなかったのに、段々良いなと感じる展開に変わる可能性も見込めますね。

終始つまらないということはないと思うので、終わりを迎えるまでその映画の楽しさをじっくり探し出していきましょう。

上映中にスマホを確認する行為は最もNGとされるもので、光が周りに漏れてしまうので手を伸ばすことも控えてくださいね。

映画を観終わって会場が明るくなったらポジティブな感想を

最初に伝える感想は肯定的なものです。

「面白かったね」「ドキドしたね」「ああいう展開になるなんて思わなかったよ!」などの前向きに受け取れる感想は、聞く側としても嫌な気持ちになることがありません。

逆に「観なきゃよかった」「つまらなかったね」「映画長かったね」などの感想はどちらかといえば後ろ向き、誘った側が彼であればメンツを潰すことになります。

例え彼が「つまらなかったでしょ?」と顔色を伺うようなことを聞いてきても「そんなことなかったよ!」と被せてフォローすることが大切です。

第一声でその後のデートの雰囲気が決まると言っても過言ではないので、伝えられても不快に感じないものを選びましょう。

彼と感想を言う時、熱くなりすぎないように注意

映画の後、どこかで感想を語るとしても熱くなりすぎないことです。

「あそこのあの俳優がああで〜」と熱が入りすぎると、急に会話に入っていけなくなる空気を感じるので、ほどほどにしておくことも大切です。

また、彼の感想もきちんと聞くように、上手な会話のキャッチボールを心がけましょう。合わせて「あそこの場面、〇〇君はどう思った?」などの質問の問いかけも忘れないようにしていきましょう。

他にも「あれってどういう意味だったのかな?」と映画で難しい部分があったら、さり気なく聞いてみることで、彼を立てる場面を作ることが出来ます。

教えてくれたら「そういうことだったんだ!凄いね」など褒める言葉を用いると嬉しがられます。

同じ場面が良いと感じたら「気が合うね!」と言ってみよう

感想が同じなら気が合うことを言葉に出して伝えることです。

そうすれば、「やっぱり相性が合うんだ!」と相手の潜在意識をさらに固めることができるので、さらに仲良くなれる見込みが見えます。

逆に感想が一切合わない場合には無理に伝えなくて大丈夫です。その際には「そういう感想もあるんだね!」「色々な意見が交換できていいね」とポジティブな意味合いに変換するとその後も楽しく過ごせます。

映画の話から「他にはどんな作品見るの?」と徐々に話を広げていくことでも盛り上がりを見せます。

また、そこで相手から聞いた作品はのちに観ておいて報告すると、さり気なくながら興味があることを彼自身にアピール出来るでしょう。

「良かったらまた観にいきましょう」と次回に対する誘いにつなげる

また観に行きたい気持ちを伝えることです。場合によっては初デートのみで終わり、その後に続かないというケースも十分にあり得ます。

それではやはり勿体無いので、さり気なくでも良いのでまた観に行きたい願望を伝えることが大切です。

次のデート内容も映画じゃ味気ないと思う方は、何と言っても最終目的は「二回目のデート」です。

つまり、映画が楽しかったことを口実にして本命の「次回もデートしたい」アピールに繋げてしまおうという技になります。

しかし、理想としては彼から誘ってもらう形がベストなので、一緒にいて心地が良かった、楽しかったことを口調や仕草から溢れさせると、誘っても良い合図だと男性は察してくれます。

また、自信がない男性ほど「今度も誘っていいだろうか…」と後ろ向きに考えることが多いので、見かねた場合、潔くあなた側から誘いをかけて下さい。

思い出に残る映画デートを楽しみましょう

実は初デートにこそ映画は最適です。

最初から向かい合って何を話そうか困ることもありませんし、観終わった後は感想を主に語れば良いので気がついた頃には打ち解けてきています。

また、暗闇で距離感も程よく近いということなので、ドキドキ感も味わえるので、思い出に残る初デートになること間違いなしでしょう。

合わせてどんな映画を見たいか決める際には、なるべく会う前に決めておいた方が段取りに困ることもありません。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る