初デートを盛り上げて成功に導く話題!上手な話の膨らませ方

意中の人と初デートをする場合、特に良い印象を抱いてもらいたいと感じるのが当然なので、この上なく緊張します。

出来る限り話しやすく続けやすい話題を提供したいと感じるところですが、どの様な話題が適していると言えるのでしょうか。

相手に不快感を与えることなく、心地よく話せる話題について知っておきましょう。


初デートではどんな話題を話した方がいいの?

初めてデートをする際、どう言った話題を持ち寄れば話も尽きることがないのでしょうか。

好きな食べ物など、食に関することは大切な情報

食に通じることです。食は生きていく中で切っても切れない縁なので、この話題を出されて不快に感じる方はまずいない事でしょう。

どう言った食べ物が好きなのか、最近食べて美味しいと感じたものはあるかなど一つずつ聞いてみましょう。

また、話を進める中でさり気なく食のアレルギーはあるかどうかも尋ねておくと、この先何処かに出かける予定を立てる際にも非常にスムーズに決め兼ねられます。

思いがけず甘いものが好きという共通点が見つかれば、それだけで幸先が良いデートのスタートを切れるので、同じ”好み”を食べ物で見つけるのも一つの手です。

好きな音楽やどんなアーティストが好きか聞いてみる

音楽についての話題です。

普段どういうジャンルの音楽に親しんでいるのか、またお気に入りのアーティストはいるのか、これらは非常に話しやすい話題の一つと言えるでしょう。

しかし、互いに好きな音楽を語る中で、熱が入りすぎて自分一方が熱く語りすぎないようにも注意してくださいね。

どちらかというと聞き役に徹し、彼の知識を広げさせて、そこに相槌を打ってあげましょう。

知らない曲やアーティストを先方が挙げても、「かっこつけた知ったかぶり」な反応は取らないことが懸命です。

素直にわからないと伝え、次回会う時までこっそり勉強していくと、「俺に興味を持ってくれているんだ」と彼の中の評価も上がることでしょう。

家族構成・誕生日などプロフィールを聞いてみる

プロフィールについてです。初デートをする仲ということなので、まだそこまで互いのことを深くは知れていない関係性ではないでしょうか。

より親密になる為にはやはりプロフィールを教え合い、理解していくことが大切です。

  • 何人家族なのか
  • 何型なのか
  • 誕生日はいつなのか
  • 出身はどこなのか

など、一つずつかさなっている部位はないか確認しながら話を進めていくのが良いでしょう。

しかし、踏み込んで欲しくないプロフィール情報も人によって存在することがあります。ですので、気乗りしていないと瞬時に判断したら、それ以上は追求しないように肝に命じておきましょう。

形として、自分にも聞き返して欲しいことを主に質問として問いかけると、空気も比較的和やかな状態のまま居られますよ。

ハマっているものの話、趣味

何をしている時が楽しいかなどの、趣味についてです。

人は、好きなものを語っている時にキラキラと輝き、心地よく聞いてくれた人には好感度がアップします。

逆に何が好きなのか聞かれた際には、最初こそ万人ウケしそうな趣味を提示した方が会話の盛り上がりもかけたりしません。

  • スポーツ
  • 読書
  • 映画鑑賞
  • 旅行
  • 料理
  • ドライブ

など、無難な話題を持ち出しましょう。

また、コアな趣味ほど相手の出方を探ったのちに、おいおい話していくべきです。

特にこれと言った趣味が思い浮かばない人は、テレビを見ること、散歩、街で猫を見つけることなど、ありふれた日常の行動をポッと出しても良いでしょう。

間違ってでも、無理な趣味の押し付け、相手のハマっているものの否定は行わないように注意して下さいね。

これから向かう場所のスポットについて話す

目的地を馳せる話題についてです。

待ち合わせした後、どこに行くのかと既に内容がインプットされているはずなので、「楽しみだね」という感想から目的地を連想させる話を進めて行くのが良いでしょう。

動物園なら何の動物が好きか、映画館ならあらすじについておさらいしておくなど、場所によって自然なニュアンスになるように少しずつ変化させて下さいね。

それが会話の切り出し方の始まりだとして、連想ゲームのように一つの話題から話を膨らませていくと、新たな話題をわざわざ提供することもなくなります。

緊張するほど口調も早くなりがちなので、意識してゆっくり受け答えするよう努めれば、あっという間に目指すべき場所に辿り着く事でしょう。

スポットに行って楽しんだ後は、その時の感想を語れば良しなので、出会い頭よりも盛り上がりを見せている筈です。

目に見えるものをそのまま話題にする

互いが感じているだろう体験についてです。

空を見上げれば直ぐにどんな天気か把握出来るように、確認後その時の率直な感想を伝えていきましょう。

晴れなら「雨が降らなくて良かったね」曇りなら「過ごしやすいね」など共感出来そうな切り出し方をすると、彼も同じように肯定した返答を行なってくれます。

また、例としてデート中の二人の直ぐそばをスポーツカーが通り過ぎれば、「かっこいい車だったね」と感想を伝えていくと、それだけでもう会話のキャッチボールを相手に送れる訳です。

犬を散歩させている方がいれば、「可愛い犬だね。何の犬種かな?」と不意に口に出して見るなど、見えている景色からどんどん情報を取り入れ、会話の種にしていく方法は無理なくオススメです。

看板を見て行き「何屋さんだろうね」という問いかけも、同じく目にしているはずなので必ず相手は返してくれます。

沈黙に見舞われた時こそ、この様な独り言にも近い、ポツリと告げる言葉は二人の間の空気を一転させます。

昨日見たテレビの話の話をする

昨日していたテレビ番組についてです。

「昨日何か見てた?」が始まりで、何個か羅列する中で彼も同じものを見ていたら是非ともピックアップさせて、どの部分が印象に残ったのかなど語り合いましょう。

なるべく互いに流し見にしていない番組に定めることで、場面ごとにおいて共感出来る箇所が見つけられます。

「あの場面面白かったよね」「本当!録画しておけば良かった」というように感情の共有が出来れば一気に心の距離を縮めることが可能です。

感情を共有することが目的なので、自分だけ見ていたテレビ番組においては、相手にも素晴らしさを何とか伝えようとして、そのまま強引に話を突入させるのはやめましょう。

やはり見ていない側は、その場面を反芻し返すことが出来ないので薄い共感に繋がってしまうからです。

次に行って見たいデートスポットの話

どこどこに行きたいなという話です。

最近出来た〇〇が気になっていると、ふとした願望を、なるべくデート終わり頃にすることで、じゃあ今度そこに行く?と言うように、自然な次回に繋がる誘いをかけてもらうことも願えます。

前半に畳みかけてしまっても、まだ二人の間に良い雰囲気が出来上がっていないので、「そうなんだ」と流されて終わりなだけです。

その為帰り際に話しかけ、相手に誘って欲しいアピールを遠回しながら行なっていきましょう。

しかし、女子同士でしか入りにくいスポットを提案したり、そもそもどこにあるか分からない様な場所を挙げても、相手はいまいち乗ってこないので、男性でも楽しめるような場所を指定するべきです。

予想が外れて一度行った様な場所を挙げても、事細かに彼は感想を教えてくれるなど、どっちみち話が尽きることがありません。

前に流行ったもの、懐かしいと強く心を引きつけるものの話

昔の流行りについてです。

現在流行しているものよりも、過去の懐かしさの物を挙げると「あ〜!あったあった」と共感して楽しむことが出来ます。

  • 芸能人
  • 流行語
  • おもちゃ
  • 漫画
  • アニメ

など様々なコンテンツを引き合いに出して、過去に思想を巡らせていきましょう。

彼と年齢に差があったとしても、構わずに覚えているということはよくあるので、探りながらでも引くことなしに話題を出して下さい。

小学校のあるあるというように、感受性が豊かな時期に起こったあれこれも同じく伝えると「そうそう!」「懐かしい」というように気持ちも次から次へと出てきます。

しかし盛り上がる要素としては良いですが、少し甘い雰囲気にさせるには遠ざかるところが見えるので、キリが良いところで引き上げて別な話題に移って下さいね。

初デートの話題はなるべく明るいものを選びましょう

始めが肝心というように、なるべく初デートでの話題は明るいものを厳選させていきましょう。

嫌いなものの話で盛り上がったとしても、後に良い印象を受けてもらう事が出来ません。人によっては、この時点で敬遠したい気持ちが湧き出るように、結果的にマイナスな方法へ向かいます。

当たり障りのない話題を選びながらも、相手も楽しんでくれているのか、時に顔色を伺った上でそのまま話を続けるか、別な話題に移るかなど吟味して下さいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る