【体験談】困った夫との結婚生活!夫婦を円満にする秘訣は妻にあり

結婚して1か月、半年、1年。時が経つにつれて、うちの旦那はこういう人だったんだ!と新しい発見が多くなります

良い発見もあるのと同時に悪い発見もあり、結婚生活においては悪い発見のほうが多いかもしれません。

でも、それはお互いさま。妻が「何この人!」と思うのと同様、夫も「こんな人だとは思わなかったよ」と感じているはず。他人同士が家族になるのですから、おかしいと思うことがあるのは当然です。

違う人間だからこそ面白い。自分と全く同じ考えの夫だったらつまらない。私はそう思っています。

我が家では妻である私が全ての主導権を握っているのですが、結婚当初はそうではありませんでした。

主導権を握るようなった理由、それによって結婚生活をうまく回すコツをお話しします。

理系夫はお金の管理ができない人だった!貯金ゼロからのスタート

研究職の夫はバリバリの理系男子。

1+1は2でないと納得しない人です。

理数系に強いので、当然お金の管理もできると思い、結婚当初は生活費を渡してもらい、それ以外は夫が管理していたので、毎月貯金をしていると信じていました。

ところが、ある日、通帳をみたところ、貯金がほとんどない状態。

そんなはずはない、他の通帳があるはずだ、と探しまくりましたが、見当たりません。いままでの給料はどこにいったのでしょう。

金銭感覚がない困った夫

「貯金なんてしてないよ、どうにかなるし」

夫の呑気な一言にぶち切れました。お金はどうにかなりませんし、空から降ってくるものでもありません。

当時はまた子どもがいなかったので、大きな出費はなかったものの、貯金ゼロはまずい。夫に任せていては破産する、なんとかしなければ、そう決心しました。

男性はしっかりしているように見えて、金銭感覚がない人や、お金にルーズな人が多いのです。

しっかりした金銭感覚をもって家庭を築いている男性もいますが、残念ながら、私の夫は金銭感覚がなく、お金があればあるだけ使ってしまう人。ほとんど食べ物に使うという子どものような人だったのです。

出張が多く、食べたいものを食べたいだけ食べる、ご飯を食べたら甘いもの、甘いものを食べたら、またご飯を食べる、という肥満道まっしぐらな生活を隠れてしていました。

次男で甘く育った夫は、本当に困った人だったのです。

締めるとこだけ締めればよし!束縛しないで主導権を握る

困った人だからといって、大人の男を変えることはできません。

いいところはそのままに、決定的にダメなところは私が管理する。夫の決定的にダメなところは金銭感覚がないところ。お金を渡さなければ、食べまくることもなくなるはずです。

私は元々男性を束縛するのが嫌いですし、自分も束縛されたくありません。結婚したからと言って、夫の行動を全て把握し、チェックする気はなく、お互いに一人の人間として自由でいる部分を持っていたいのです。

締めるところと自由にするところ。管理や束縛だけでは息苦しくなりますし、お互いに不満だらけになってしまいます。

アメとムチを使い分ける

夫にコンコンと説教をし、お金の管理は私が担当することになりました。

  • 夫には毎月定額のお小遣いを渡す
  • その範囲でなら自由にしていい
  • 飲みに行くのも、遊びに行くのも自由
  • お小遣いが足りなくなっても渡さない
  • 高額な買い物は妻に申請して許可をもらう
自分のお小遣いの範囲内であれば、徹夜で飲んでいても、買い物してもよし。お小遣い日前に全部使いきってしまったら、それは本人の責任なので、絶対に追加しません。

最初は「足りない、足りない」と騒いでいましたが、今はうまくやりくりできるようになりました。

大きな買い物は、

  • なぜ欲しいのか
  • 今必要なのか
  • ないと困るのか
  • 買ったらどのような変化があるのか

を私にプレゼンしてもらい、検討しています。

プレゼンすることで、自分の考えがまとまり、よく考えたら必要なかった、ということもあるのです。

男性は高額で上質のものを欲しがる傾向にあり、女性には理解できないマニアックな収集をしたりします。独身であればいいのですが、家庭があれば、好きなように買い物することはできません。

それをわかってもらうためにも、プレゼン形式をとっています。

ノーローンでマイホームをGET!妻の頑張り次第でここまで出来る

子どもが産まれたらお金がかかりますし、私がフルタイムで働くことは難しくなります。

貯金をするなら今しかない、ということでセッセと貯金に励みましたが、節約節約の生活はしたくなかったので、それを感じないようにしていました。

  • 社宅住まいで転勤族だったため、家賃がほとんどかからず、その分を貯金に回すことができた
  • 夫の健康管理のためにも外食は控えた
  • 私が物作りが好きなため、必要なものは手作りした
  • 少額の投資をした

これらのことを実践した結果、貯金ができるようになったのです。

やがて子どもも生まれ、夫が本社勤務になったのと同時に、マイホームを購入することにしました。

自分たちの生活は自分たちで作る

マイホームを購入することになったときの夫の希望は、自分の部屋があること。それだけでした。

貯金額、近い将来子どもにかかる膨大な教育費。

今いくらマイホームにかけられるのかを計算し、セルフリフォームを前提に、中古住宅をローンを組まずに買うことにしたのです。

マイホームを購入できるだけの貯金をしたことで、夫の私への信頼は確実なものになりました。

夫婦に問題が起こっても、それは誰かのせいではなく、2人の責任。夫に任せておけないことがあったら、妻が担えばいいだけのこと。自分たちの生活は自分たちで作りあげるものだと思っています。

大きな決断をしたり、子どもの教育方針を決める際は、まず私が主導権をもち、それに夫が同意します。

これでうまく回っている理由は、夫に感謝する気持ちを持ち、夫は妻を信頼しているからではないでしょうか。

困ったところがたくさんある夫。でも、家を買うことができたのも、子どもに教育費がかけられるのも、夫のおかげです。

大変な時期もありましたが、自由と引き締めで、楽しい生活を送ることができています。

誰でも欠点はあるもの、欠点を責めるより補えあえればうまくいく!

完璧な人間はいませんし、私自身欠点だらけです。

それを変える努力は必要ですが、欠点ばかりを見ていても心地いい生活は送れません。

お互いの得意分野で力を発揮し、補えあえばいいだけ。そして、妻は夫を信頼し、一人の人間としての自由を認め、多少のことでは動じない肝っ玉かあちゃんでいればいいのではないでしょうか。

素敵な結婚生活を送れるかどうかは、当人次第。うまくいかないのは誰のせいでもなく自分たちの責任。お互いの努力と歩み寄りが大切だと思っています。

この人、と思って結婚したのだから、楽しい結婚生活を送れるようにしてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る