服がダサい女に恋のチャンスはないの?地味でも彼氏を作る方法

自分の服やコーディネートがダサい…そんな悩みを抱えている人は意外と多いのではないでしょうか?

ファッションセンスを磨くのはそもそも簡単なことではないですし、よほどおしゃれに意識を高く持っていなければ、自分の服に自信を持てる人は少ないものでしょう。

世間一般的にはおしゃれできれいな女性はモテるものです。では、その反対である服がダサい女性にとって恋愛のチャンスは少ないものなのでしょうか。

今回は、服がダサくて地味…と悩む女性のために、そんな女性たちが彼氏を作る方法についてまとめてみました。


まずは自分の内面を磨いていこう

ファッションセンスに自信が無く、どうしても外見の印象だけで男性を惹きつける自信のない人は、まず自分の内面の魅力アップをはかることが一番です。

よく言われるように、最終的にパートナー選びで重視されてくるのは外見よりも内面の魅力です。

どんなにファッションセンスの高い女性でも、性格が悪ければ彼女にしたいと思おう男性は少ないのではないでしょうか。

それよりも、服が少しくらいダサくても内面の性格が素晴らしい女性の方が男性ウケは良いはずです。

では、実際に内面の魅力として磨いていくべきこととはどんなものがあるのでしょうか。

男性から好かれるような優しい性格を意識

服がダサい女性でも、優しい性格の持ち主であれば男性から好かれる可能性は大いにあります。

多くの男性は優しい性格の持ち主であることを女性に望んでいるものです。

服がダサかったとしても、相手の男性が安心するような優しさや思いやりを持っている人なら、理想的な女性として好かれる可能性は高いのです。

服がダサくて、性格もどちらかと言えば気が強くて…という女性は、やはり相手から女性らしさを感じてもらえることが少なくなってしまうため、魅力を感じてもらいづらくなります。

服がダサい…と自信を持てないのなら、男性が好むような性格の持ち主になることが一番です。

気遣いに長けた女性は服関係なくモテる

女性のモテ要素としてやはり大きいのは気遣いの部分ですね。気遣いに長けている女性は、服がダサいかどうか関係なくモテるものです。

女性の気遣いとして大事なのは、男性をさりげなくサポートする力です。

男性は一般的に女性をリードしていく立場にありますので、そこで男性がうまく立ち回りやすくなるよう、ささいなサポートをしてあげるのです。細かいところまで気が利く女性は、相手には安心してもらいやすいという魅力があります。

服に自信が持てないのなら、女性として大事な要素、気遣いの部分を磨いていくだけでも、男性からアプローチされるチャンスは増えるものですよ。

男性ウケする趣味や特技を持とう

趣味や特技の部分でも、男性ウケを狙うのは大切なことです。

例えば男性は、料理が上手で家庭的な女性が大好きです。

手料理で男性を魅了することができれば、もはや服がダサいかどうかは関係ないのです。まさに「胃袋をつかむ」というものですね。

特に結婚を意識した出会いの場では、家庭的な姿を思わせる女性は非常に人気が高いです。一緒になったら良い家庭を築けそう…など、良いイメージに繋がりやすいからですね。

内面を磨くだけで良い「ギャップ」になる

服がダサいと確かに外見での印象は多少不利になるかもしれません。ですが、その分内面の部分を磨いておくだけでも、その後の印象は大きく変わってきます。

例えば最初の外見の印象が少しマイナスだったとしても、女性として気遣いに長けていたらどうでしょうか。「意外にも女性らしい人で素敵だなぁ…」と良い印象を持ってもらえることは間違いありません。

そのことが良い「ギャップ」になり、ギャップ萌えで出会った男性のハートをがっちりつかむこともできてしまうというわけですね。

服がダサいことを気にしているなら、むしろそのことを利用してギャップ萌えで「ポイント」を稼ぐのも十分アリなことなのです。

服に自信がないのなら髪型やメイクに力を

もしどうしても服にだけは自信が持てない…というときは、髪型やメイクに力を入れてみるのでもありですね。

確かに服は外見の印象として大部分を占めるものですが、メイクと髪型がしっかりと決まっているだけで印象はかなり変わります。

特に髪型に関しては、意外と一見おしゃれに見えるファッションセンスの高い女性でも、意識が届いていないことが多いのです。それだけ髪型をおしゃれに保つというのは難しいことなのです。

ただ、それでも服は無理でも髪型ならいけそう…という人もいるかもしれません。

そんなときは、服のコーディネートがうまくいかず悩むよりも、髪型に力を入れた方が良いでしょう。

実際、髪型やメイクがしっかりと決まっているだけでも、十分おしゃれには見えるものです。服がダサい…と自信を持てないのなら、ぜひメイクと髪型の研究を頑張ってみてください。

どうしても服がダサいのを解決したいのなら…

ただ、それでもどうしても服がダサいのを解決したいという人もいますよね。確かに服がダサいと、他の女性と比べて最初の印象から見劣りしてしまうのは事実です。

自分の服のセンスやコーディネートに自信が持てないのなら、やはり最終的には勉強してセンスを上げていくしかありません。

実際、身の回りのおしゃれな女性たちも、才能があっておしゃれになったわけではないでしょう。

しっかりとファッション誌や周りの情報を見て勉強し、今までにも試行錯誤を重ねてきたからこそおしゃれなのです。

では、少しでも自分の服のセンスを上げていくための方法としてはどんな方法があるのでしょうか。

おしゃれな友達にコーディネートを考えてもらう

大事なのは、まず人から学ぶことです。

おしゃれな友達にコーディネートを考えてもらったり、一緒に買い物に行って、相談しながら服を買うようにすることなどが大切ですね。

周りの人の意見を聞くことで、今までとは違った見方ができてくるはずです。そもそもの傾向として、服がダサい女性は、周りの意見を聞こうとせず自分でコーディネートを考えてしまうところがあります。

「だからこそ服がダサいままなのかも…」ということを自覚して、周りのおしゃれな友達、ショップ店員さんなどに相談することを考えた方が良いでしょう。

そうするだけでも、服のセンスは今までと比べて格段に上がるでしょうし、男性ウケすることも間違いないはずですよ。

マネキンを見たり、ファッション誌を見よう

なかなかファッションについて相談できる友達もいないし…というときは、やはり自分で勉強していくしかありません。

そんなとき便利なのがマネキンやファッション誌ですね。店頭にあるマネキンは分かりやすくコーディネートが出来上がっているので、真似しやすいでしょう。そのままマネキンが着ているものを購入して勉強していくのでも良いはずです。

ファッション誌は常日頃勉強するものとして、相談できる友達がいるいないに関わらずチェックしていった方が良いでしょう。

おしゃれな女性は常にファッション誌を眺めて、その時のトレンドやコーディネートを勉強するのを忘れないものです。

服がダサくても男性にモテる人はモテる

服がダサかったとしても、実際男性にモテる女性はたくさんいます。

そのような人たちは、やはり内面の魅力の部分が素晴らしいからです。

性格が優しかったり、家庭的だったりと、良いイメージのある女性はそれだけで人気者になれます。服がダサいことは気になるかもしれませんが、内面を磨けば彼氏だってしっかりできることを忘れないでくださいね。

しかしとはいっても、服のセンスを上げたいなら、日頃から努力することも忘れないようにしましょう。

周りの意見を聞きながら学んでいけば、きっとあなたもおしゃれ女子の仲間入りができるはずですよ。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る