復縁の方法は数あれど!やっぱり直接会って話すことが重要

大好きな彼氏と別れることになったとき、話し合いで別れるのか、振られるのかでは、大きく違ってきます。

ツラい気持ちとは別に、やはり思うのが「復縁」ですね。

どうやったら相手に伝わるのか、復縁できるのかを、筆者の経験をもとに紹介します。

復縁は「すぐにしたい!」と言われても相手が納得しない

振られるという別れかたは、自分が思わぬタイミングでやってきて、その場で復縁を迫っても、相手の気持ちは変わりません。

復縁というのは、いわば説得と同じことで、一度別れると決めた意見を変えさせることでもあります。

普段一緒にいるときに、何かの火種がきっかけとなり、相手が別れを言い出す、自分が別れようと思っていないわけですから、これがだいたい相場です。

そのとき、あなた自身が振られる側だとすれば、そうそうすんなりと「分かった」とはならないでしょう。

復縁を決めた相手の意見を変えるのは、とても難しくて、自分がどう思ってもその場で復縁を言い出すのは、逆効果なのです。

復縁するための行動は?正しく気持ちを伝えることが最重要!

復縁するためには、当然ながら気持ちがちゃんと伝わって、別れの理由にちゃんと対処できていなければ、相手は納得しないものです。

気持ちが伝わっても、別れるという考えが変わらない可能性もあります。

とはいえ、「復縁だけを叫ぶ」のでは、ハッキリ言って意味がありません。筆者の経験で言えば、まさにコレで、振られた瞬間から間髪入れずに復縁を叫んだ結果、上手くいったことはありません。

それだけ、振られた数も多かったということでもあります。

上手くいったことを振り返ると、やはり少しでも時間を空けて、言いたいことはまとまっていたとしても、「熟慮した」ような素振りが効果的です。

気持ちを伝えるうえでも、相手に対して「考えたうえで」ということが伝わらなくては、どんなに良い内容であっても、効果が薄いのです。

別れたいと言ったのに、それを理解していないような態度は、どれだけ復縁を言っても伝わらないということです。

手紙は以外にも読んでもらえる可能性大

今の時代を考えると、メールやラインといった方法は、気持ちを伝えるうえで当たり前のツールと言えます。

例えば、たまに来る長文メールというのは、「何かあったのかな」と、ついつい読みふけってしまうものです。

確かに、長文となるメールやラインも有効でしょう。

ですが、これを越えるものは「手書きの手紙」であることは、間違いありません。

筆者も、普段はライン、何か記念日や大きなケンカでは、手紙を書くようにして、気持ちを伝えています。これは効果大で、相手としても「たまにしか来ない手紙」は、貴重に思ってくれています。

ラインなど機械的なやりかたよりも、気持ちを伝える意味では、文字からも伝わる手紙を書いてみるのも良いでしょう。

気持ちを伝えるためには顔を見て話すこと!

長文ラインより手紙よりも、ちゃんと伝わるのが顔を見て話すという方法です。

直接会うのが、相手の気持ちを知るためには一番容易で確実です。

相手の気持ちや反応が分かれば、復縁するための言葉選びも判断しやすいでしょう。復縁できないケースで多いのが、「相手の気持ちが分かっていない」という場合です。

当然、会ってみないと、相手がどう思っているのか分からず、復縁したいあまり、自分から一方的に話してもいけません。

会話が成立して、やりとりが生まれなくては、復縁なんて夢の話です。

会ってもらえるチャンス自体が、難しいこともあるかもしれません。

会うことで顔を見られて、その瞬間からでも伝わることはたくさんあり、それが復縁への近道なのです。

彼氏の性格はあなたが一番理解している!彼に合った復縁方法を選んで

時間をかけるのにも限度があり、新しいパートナーを見つけてしまう前に、アプローチして復縁を話し合いましょう。

ある程度時間をかけるとは言いましたが、遅すぎてもいけません。

付き合ってきたのだから、相手の性格を知ったうえで、いいタイミングを計って、再度アプローチすることが大切です。調べてみると、別れてから新しいパートナーを見つけるまで、平均で2か月弱となっています。

中には、失恋の相談や慰めから、新たな恋に発展するケースもあるので、待ちすぎるのも考えものです。

何を話すか整理して、あまり感情的にならないように、付き合っていきたいという意思を、ちゃんと伝えましょう。

当然ながら、運の要素も含まれますが、一定の時間を置くことで、復縁できる可能性を高くしてくれるハズです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る