犬系女子に当てはまる特徴や性格について!彼らに当てはまる共通点

犬系女子は献身的で前向きなイメージを感じさせますが、実際のところどのような共通点があるのでしょうか。

そんな今回は犬系女子の性格、特徴についてご紹介いたします。

自身、周りの友人に当てはまっている部分はないか、照らしながら見ていくのも楽しかったりすることでしょう。


とにかく明るくて元気

天真爛漫で明るいことです。後ろ向きでいることも少なく、凹んでいる友人を見つけては慰めてあげるようにポジティブかつ、優しい性格の持ち主です。

みんなのまとめ役を買ってでるような目立ちやすいポジションとも捉えられます。何か嫌なことがあっても自分の中で上手く消費してしまうからこそ、次の日に響かせることもありません。

良い影響を周りに与えることが出来るので「一緒にいて元気がもらえる」「落ち着く」といったように、印象も比較的良い方です。

また、楽しいことが大好きで、淡々としたつまらない物事は続けられないという特徴も秘められています。

機嫌が悪くてもモノでつられてしまう

厳禁なところがあることです。不機嫌であっても何かプレゼントされるだけで、笑顔に変わるように言うなれば扱いやすい性格とも捉えられます。

なおかつ、それが美味しいものであるほど、食べながら機嫌の悪さも一瞬で元どおり「幸せ〜」などとご満悦ムードにも浸ります。

とは言え、続けざまに物を与えられたら、さすがに機嫌をとるために渡されているだけだと気がつくので、その際には静かに拗ねてしまうでしょう。

けど嬉しさには勝てないので、その拗ねた気分も時間が経つごとに薄れていきます。

また、次の日になると何で怒っていたかすっかり忘れてしまうように、切り替えも比較的早い方です。

物の他にも「いつもありがとう」といった優しい言葉をかけられただけでも、グッと来やすい部分は特徴的です。

その点から見ても、どんなに小さくても急なサプライズは犬系女子を最高に幸せにさせてくれます。

嘘がつけない

正直者なことです。

嘘をつこうとしても、つい本当のことを言ってしまったり、気持ちを心の中に押しとどめておくことが苦手です。

また、悪気はないのに友人の秘密をうっかり打ち明けてしまうように、少し抜けている性格とも捉えられるでしょう。

安直に秘密を伝えられないけど、一緒にいて信頼できる人でもあります。あれこれ話すのが好きなので、時におしゃべりな人と烙印を押されてしまうことだって考えられるでしょう。

もし頑張って嘘をつこうとしても、目が泳いだり汗ばむように、黙っていても何か隠しているとわかりやすいです。

何か粗相をしてしまったら挙動不審にもなるので、早々に受け手にも察されます。

他にもつまらない気分の時は表情も固く、一目で楽しんでないとわかるように犬系女子は気持ちには何事も正直に接する節があるのです。

好きな人に対してのアピールが強い

意中の人が出来れば一直線なことです。

気持ちを隠そうとしても溢れる想いは止まりません。常に側にいたり、相手を気にかけるようにアピールも比較的強めです。

つい口をついて「好き」と言葉にしてみたり、かといって恥じらいはあるので「今のなし!ごめんね」と形だけは否定したりもします。

自分が何かして相手に喜んでもらうのも好きなので「ありがとう」とお礼をもらった瞬間は、何にも変えがたい喜びがあります。

駆け引きをすることが苦手で終始犬系女子側が、押すような態度が目立つことでしょう。

また、脈はないだろうなと薄々感じた瞬間からシュンとして、気になる相手とも一定の距離を取るようになります。しかし意外にもそこから相手男性の心を動かすこともあるのです。

やや天然な性格も含まれているので、そんなところも男性心をくすぐるきっかけに、駆け引きが下手でも結局相手の心を掴んでしまうことも多かったりします。

両思いになったとしても彼氏に対しての愛情は尽きることはなく、むしろ増すばかりです。

可愛くヤキモチを妬く

可愛く嫉妬することです。

彼氏が他の女の子と仲良くしているなら、心の中でモヤモヤした気持ちも生まれ、あとで「あの子と仲良いんだね」と比較的明るめのトーンで相手に打ち明けます。

ネガティブな感じに話さないからこそ、相手としても明るく返しやすく、かつ可愛いなとも感じてもらえるのです。

「ヤキモチ妬いてるの?」と図星を突かれても否定するどころか「妬いてるよ」と素直に認めてしまうことが多いです。

恥ずかしいことを惜しげもなく伝えられるからこそ、彼氏としても一緒にいてあたたかい気持ちも芽生えます。また、犬系女子は嫉妬心は長々と引き伸ばさず、次の日には今日のことも忘れてケロリとしている方が多かったりします。

重めの嫉妬ではなく、比較的軽い嫉妬心だからこそ、二人の関係に悪影響を及ぼすこともありません。

むしろ程よい刺激にもなっているはずなので、関係も長く続きやすいです。

友達が多い

フレンドリーなことです。気立てが良いので友達がたくさんいて、休日もどこかに遊びに行くように、一人でいることの方が少なかったりします。

愛されキャラであり、友人間ではムードメーカーのような存在に思われている節もあるでしょう。

同性はもちろん、異性の友達も多く、彼氏がいるなら「俺のこと本当に好き?」と時に不安にさせてしまうことだって考えられます。

やや八方美人な特徴も秘められているので「みんなにいい顔してるよね」と心無い一言をかけられたりすることもあります。

しかし、みんなに優しく真摯的に接しているので、比較的そこまで敵を作ることもありません。困っているときは友人から力を借りるように、実際得するキャラクターとも捉えられるでしょう。

誰にでも気さくに声をかけられる特徴も持つため、初対面の方でも物怖じせず自分から声をかける割合が多いです。

一人でいるのが苦手な寂しがり屋

孤独感に耐えられないことです。

一人でいても何をしていいのか手持ち無沙汰となりやすく、寂しい気持ちも抱きやすいタイプです。

そのため休みが出来たら誰かを誘って出かけることは日常茶飯事、遊べる人がいなくてもLINE等で連絡を取りながら孤独感を埋めてることも珍しくはありません。

一人行動している人を見れば「すごいなぁ」と羨ましい気持ちを持ちますが、自分には決して真似できないことだと再確認もします。

思いがけず仲間外れにされるものなら悲しくて、その場で泣き出してしまうことだってあるほどでしょう。

褒められるとわかりやすくテンションが上がる

褒められることが何よりも好きなことです。

「すごいね」「頑張っているね」などの単調とした褒め言葉でも、まるで飛んでいきそうなほどの嬉しさを覚えます。

また、もっと頑張ろうとさらなるやる気にも繋げてしまいます。このようにどんなに小さな褒め言葉であっても、自分自身を肯定された気持ちに包まれるので一日中笑顔で入られます。

鼻歌を歌ったり、動きも身軽でスキップしそうな感じになるなど、わかりやすく喜びを表現するのです。その褒め言葉を言ってくれた人をずっと好きでいるように情にも厚く、見方を変えれば単純な人とも捉えられるでしょう。

逆に馬鹿にするような言葉を言われたら一瞬で落ち込むように、その日一日やる気も出てこなくなります。

素直すぎる性格が仇となっているのです。

アウトドア派

うちの中で何かするよりも外で動き回りたいことです。じっとしているのが苦手で、みんなでワイワイ出来るようなスポーツをとにかく好んでいます。

また、運動神経が良い方が多く、どんなに走り回っても疲れたりしません。彼氏がいてもデートするなら、遊園地、スポーツができる場所、海といったような場所を好み、おうちデートなどは退屈を感じるので苦手な傾向が強めです。

お祭りなども人混みを感じますが、全然気にならずむしろ人の多さにテンションが上がったりもします。

映画館などはその場で二時間程度じーっと座っていないといけないので、実のところ苦手です。

読書なども気が散って一点に集中できないように、このように根っからのアウトドア気質なところが感じられるでしょう。

正反対の性格の方よりも同じ価値観を持った相手といた方が、付き合いもうまくいきやすいです。

好奇心旺盛

何にでも興味を示すことです。

知らないことは何でも知りたいといったように、考えるよりも先に行動に表していきます。好奇心旺盛なのはいいことですが、知った後は飽きるのも早いところは玉に瑕です。

そんな研究心に富んだところからも、実際成績が良い方も多かったりします。物事をたくさん知っているように、人とは少し違った着眼点を持っていたりもするでしょう。

とはいえ、人の関係に首を突っ込むことも好きなので、時に一方的に怒られて距離を置かれてしまうこともあるでしょう。

いざという時に歯止めがきかず、そのまま突っ走ってしまうところがあるのは、良い面にも悪い面にも感じられます。

しかし、興味があることがたくさんあるので、気持ちの切り替えも早く、直ぐに機嫌も復活するように、上手く生きていきやすい方とも捉えられるでしょう。

犬系女子は人見知りしない活発な可愛い女子

犬系女子は初対面の相手に対しても人見知りすることがなく、かつ愛想が良いので人気者になりやすいタイプです。

しかし、やや八方美人なところがあるので全ての人から好かれることは難しかったりします。

でも比較的周りに敵を作らず、上手に生きていきやすい性格の方とも捉えられます。

恋愛面に関しては愛情深く、思ったことは直ぐ口に出すような嘘がつけない特徴も秘められているので、相手からの信頼性は高いです。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る