一途で優しい犬系男子の魅力をご紹介!爽やかで可愛い彼との接し方

気づいたら何となくチームや人の輪の中心にいて、一緒にいるだけで何となくみんながほっとできる。

分け隔てなく誰に対しても親切で、気難しい人も輪から消えがちな人も、彼には何となく心を開いている。

彼にもっと近づきたい、特別になりたい!と思う女性は溢れているのに、その爽やかな笑顔――意外と隙がない!

今回は、そんないい人なだけではない、芯の強さも併せ持った犬系男子とは一体どのような男子なのか?その生態を探っていきます。

身近にいるようなら要チェックです。

何せ彼ら犬系男子は、結婚したい男性ナンバーワンとして大注目の男性なのですから。

犬系男子の特徴と性格


それでは、まず犬系男子とは一体どのような男の子なのか、イメージがわきやすいようにマンガのキャラクターから4人、犬系男子を上げてみます。

  • 君はペットのモモ
  • 君に届けの風早翔太
  • バナナフィッシュの英二
  • 動物のお医者さんのハムテル
例を見ても、「ああ、これが犬系男子か!」とすぐには掴めないのが、彼らの難しいところ。ご覧の通りこの4人、似たタイプだとは言い難いですよね。

実は、犬系男子には更に子犬系、中型犬、大型犬などの小分類があり、特徴の幅が広いのです。

確かに、子犬とゴールデンレトリバーをそれぞれ人間に当てはめてみたら、間違いなく全然違うタイプの人になりそうです。

ただし、犬系男子とくくれるからには共通点が多いのも事実なので、まずは犬系男子全体の特徴を見ていきます!

感情表現がまっすぐで、めちゃくちゃ優しい

嬉しかったら嬉しい、悲しいときは悲しい。表現力に差はあっても、その表現に全くひねくれたところがないのが、犬系男子の特徴でしょう。

気を使って何でもない振りをすることはあっても、基本的に自分の感情はストレートに表現するため、一緒にいてとても心地いい存在です。

当然、裏を読んだり駆け引きをしたりといったことには無縁なタイプ。

仕事で日々ストレスをため込んでいる人や、まわりから一目置かれているクールで孤高な人にとっては、自分を取り繕わなくていい分安心できる、眩しい存在でしょう。

人の心にまっすぐ届く、風早翔太の笑顔に心を射抜かれた女性は、世の中に溢れているのではないでしょうか。

あの爽やかな笑顔はもちろん、彼の表情にも言葉にも、曲がったところやひねくれたところは一切ありません。

だからこそ、思いはストレートに相手に伝わり、その心を強く打つのでしょう。

誠実で、理屈をこねる前に行動する派

優しい言葉や、頼りになるような言葉を語るのがいくら上手くても、それに行動が伴っていなければ何の説得力も魅力もありません。

その点、犬系男子はその思いや誠実さを、言葉以上に行動で示すのが特徴です。やるというならやり遂げるし、できないことはできないとはっきり伝えます。

動物のお医者さんの主人公、ハムテルこと西根公輝は、作中でめったにその表情を変えません。

それでも幼なじみの二階堂を始め、獣医学部のメンバーや果ては教授まで何かとハムテルを頼りにしているのは、彼のそんな性格が信頼を得ているからでしょう。

たとえ押し付けられた仕事であっても、やると決めたら誠実に、最後まで淡々とベストを尽くす。

大学生にして人間の出来上がっていたそんなハムテルに、なぜ恋人がいないのか。それが作中一の謎でした。

どんな人とでも幅広くコミュニケーションが取れる社交性

犬系男子の大きな特徴のひとつとして、その社交性の高さが上げられるでしょう。

パーティー好き、というよりは、老若男女どんな相手でも物怖じしない立ち振る舞いに、その社交性の高さが見て取れます。

クラスで浮いている女の子であろうが変人と名高い教授であろうが、自然体でコミュニケーションを取れるずば抜けた社交性を武器に、一風変わった人間関係をいつの間にか築き上げていることもしばしば。

本人からは想像もつかない、その幅広すぎる人脈でまわりを唖然とさせても、本人は至って平然としています。

バナナフィッシュの英二は、ニューヨークの不良の巣窟で初めてアッシュに出会った時、雰囲気や彼の美貌にも臆することなく自然体で話しかけ、まわりを驚かせました。

また、高級マンションに放り込まれていた時期には、近所の奥様方とご近所付き合いまでこなしており、アッシュを仰天させています。

この誠実で自然体なコミュニケーションこそ、犬系男子最強の武器。これにやられた人も多いのでは?

仕事や趣味に本気で打ち込む

これと決めたら一点集中が信条の犬系男子。どんなことにも最後まで責任を持つ彼らは、当然仕事や趣味にもとても真剣に打ち込んでいます。

そのため、社内や学校で一目置かれていたり、一芸に秀でていたりする一面も。

同じスポーツを長く続けている男性がいたら、犬系男子の可能性大です。

なお、彼らは普段おおっぴらにそれをアピールすることはないので、「この人、もしかして?」と思ったら、学生時代の部活や長く続けている趣味なんかを聞いてみると良いかもしれません。

彼らが犬系男子なら、本気で打ち込んでいることについての話を聞くことで、彼との心の距離はぐっと縮まることでしょう。

いざという時は芯の強さを発揮

またいざという時、芯の強さを発揮するのも犬系男子の特徴のひとつ。時にその磨き続けた一芸を使って、仲間や大切な人を窮地から救い出します。

例えば、君はペットのモモはモダンバレエのダンサーですが、飼い主のすみれちゃんが同僚にはめられてピンチに陥った時、そのダンサーとしての人脈を使ってさらりと彼女を助け出します。

力が必要な場面では、どちらかというとすみれちゃんに助け出されることの方が多いのですが。

また普段守られる立場な英二が、棒高跳びの選手としての技能を使って、絶体絶命のピンチを打破するシーンは印象的です。

正直者だが、意外とちゃっかりした部分も持っている

基本的に嘘はつかず、感情表現がストレートな犬系男子。誰かを陥れたり、気のあるそぶりを見せて相手を翻弄したり、なんてこととは無縁です。

ところが一方で、彼らが完全に純真無垢かというと、意外とそういうわけでもありません。

要所要所で周りを良く見て、上手く立ち振る舞うことができるしたたかさも持ち合わせています。

そもそもコミュニケーション能力が非常に高いのが犬系男子です。

まわりの人を深く観察し、状況を意外な程よく読んでいる彼らは、無邪気な顔をしてちゃっかりよいところを持っていったり、欲しい物を手に入れようとしたたかな粘り強さをみせたりする一面もあります。

君はペットのモモは、無邪気な言動とかわいらしさで飼い主のすみれちゃんに癒しを与える、まさにペットな存在でした。

ところが、モノローグでは意外としっかりまわりの状況を把握し、自分が有利になるよう立ち振る舞うしたたかさが垣間見えて、どきりとさせられた方も多いのではないでしょうか。

犬系男子の行動と生息地

犬系男子の素敵な魅力がよく分かったところで、一体その彼らにはどんなところで出会えるのか、その行動範囲を見ていきましょう。

アウトドア系のイベント

まず彼らの行動パターンとしてあげられるのは、基本的にアウトドア気質であるということ。

お家が1番、な犬系男子ももちろんいるでしょうが、遭遇確率が高いのはやはり、圧倒的に屋外です。

一見、はしゃぎ回るタイプではない犬系男子(もちろんはしゃぐタイプもいますが)も、誘われれば乗るフットワークの軽さがあります。

そして男女問わず慕われる彼らは、イベント事に顔出す確率も高いといえるでしょう。

例えばバーベキューや会社・学校でのイベントごとなどに顔を出してみてはいかがでしょうか?輪の中心にいるか、何となくみんなに頼りにされている男性がいたら、犬系男子の可能性大です。

体育会系のサークル活動

特徴でも挙げた通り、ひとつのことに真剣に取り組む一本気なところがある犬系男子。

中学・高校と続けていた体育会系のスポーツに、大学や社会人になっても取り組んでいることが多いです。

もし意中の相手がそのようなサークルに参加しているようなら、あくまでさりげなく、そのサークルには参加可能か、マネージャーは募集していないか聞いてみるのも手です。

また、そんな男子と出会いたければ、インターネットなどで体育会系の趣味のサークルをチェックして、思いきって参加してみるというのも良いでしょう。

面倒見が良く、初対面でも親し気に話しかけてくれたり、さりげなくグループ内での橋渡しをしたりしてくれる存在がいたら、彼こそ犬系男子かもしれません。

犬系男子の攻略と付き合い方

ここまで犬系男子の特徴を読んでくれたあなたには、大方予想がついているのではないかと思いますが……。

犬系男子はとにかくモテます。

誰にでも優しく、誠実で、信頼も厚い。当然彼らを狙う女性も多いのですが、彼らは基本的に自分の興味のあることに一点集中型。

自分が興味を持っている相手の行為には一喜一憂しますが、興味のない相手からの好意に対しては全く気がつかないか、気づいてもその高いコミュニケーション能力で上手くはぐらかします。

つまり、彼らには基本的に隙がないのです。自分に興味を持ってくれていないうちのアピールは、徒労に終わる可能性大!

ではどうやって、その近いようで遠い彼との距離を恋愛に持ち込めば良いのでしょうか?その攻略法を見ていきます。

犬系男子の好み

人からの好意に慣れている犬系男子。

自分が興味のない相手からのアプローチには、残念ながらびくともしません。

つまり、何よりもまず自分に対して興味を持ってもらう必要があるのです。むしろ、興味を持ってもらわなければ何も始まらないほど。

では彼らが相手に興味を持つのはどんな瞬間かというと、それは「あれ?」という違和感や引っかかりを覚えた時です。普段から色々な人とコミュニケーションを取り、一通りその相手からの反応パターンを掴んでいる犬系男子は、それを崩されるとびっくりして相手に興味を持ちます。

人一倍、ギャップや違和感に弱いタイプだと言えるでしょう。そのため、どちらかというとクールなタイプの女性に惹かれる傾向にあります。

好意を受け慣れている彼らには、なかなか振り向いてくれない女性は、どうしても気になってしまうのでしょう。

しかも、尽くされるより尽くしたいと思っているので、普段クールで自分のスタイルを持った女性が見せる、ちょっとした弱さにぐっと来てしまう傾向もあります。

特にそれを、自分しか知らないとなればなおさらです。犬系男子の恋愛スイッチは、守ってあげたいという思いを燃料に、ばちんと音を立てて押されます。

ただし、興味に恋愛感情を含ませられるかどうかは、女性側の魅力次第です。

「彼女のためなら何でもしたい」と思わせるだけの魅力を、普段から磨いておくことも大切です!

犬系男子攻略法

それでは、興味を持って近づいてきてくれた犬系男子と、どのように距離を近づけていけば良いのでしょうか?

まず始めに、犬系男子はコントロールしてくれる女性に弱い傾向にあります。何でも肯定し、ただ相手につき従うだけの女性には魅力を感じません。

そのため、自分のしたいことがはっきりしている自立した女性、自分の信念に従って行動できる女性を尊敬し、そんな人に惹かれます。

また、だめなところはだめという芯の強さにも魅力を感じるタイプです。彼らと一緒にいるときは、自らの考えをはっきり伝えてみましょう。

一緒に行動するときも、自分のしたいことを伝え、その上でエスコートを任せるのが正解です。

最後にきちんと、心からのお礼を伝えれば、彼らの心をぎゅっとつかむことができるでしょう。

以上のことから分かるように、犬系男子はどちらかというと母性的な女性やクールなタイプと相性がいいといえます。

しっかりと叱るところは叱りつつ、普段はとことん甘やかす。普段はクールで鉄壁だけれど、他の誰も知らない繊細な部分を持っている大人の女性。

そんな強さと包容力を併せ持つ「君はペット」のすみれちゃんはクールで母性的な女性の典型なので、参考にしてみるのも良いかもしれません。

犬系男子の恋愛傾向

さて、そんな犬系男子が恋に落ちたら。

それはもう、好きな相手にまっしぐらで、まわりが驚くほどの行動力と率直な好意を見せます。

ストレートなアプローチに、自分も周りもたじたじ、なんてこともあるでしょう。

しかも、余程冷たくあしらわれないかぎり、彼らは一度断られたくらいではめげません。

「好きになってくれるまで待てば良い。」という粘り強さを見せ、「どうすれば相手と近づけるか?」と考え抜いた上でのアプローチをしてきます。

無理矢理自分の気持ちを押し付けるわけではなく、相手に寄り添いつつ、いつでも自分が相手を受け止められる位置をキープする。

さすが狩猟のパートナーを務めるだけあり、狩りの基本は抑えています。

そんな彼らは、どちらかと言えばマメな方です。それなりに親しい関係の人からメールを受け取ったら、きちんと返信します。

また甘えたがりで寂しがり、そしてやきもち焼きな一面も持ち合わせているので、女の度量が試されるのは、むしろ付き合い始めてからかもしれません。

しっかりと甘やかしつつ、だめな物はだめと伝える。主導権を握りつつ、信頼して相手に任せるという変化自在の胆力が、女性の側に求められるでしょう。

犬系男子の分類

犬系男子に共通する特徴を見てきましたが、何となく大まかな特徴は掴めたでしょうか?

それでは、ここで犬系男子のもう少し細かな分類を見ていきます。

ここで挙げる分類の他にも、小型犬、狩猟犬、日本犬など、細かな分類はいくらでも出てくるのですが、今回は最も典型的な犬系男子3種類を紹介します。

子犬タイプの男子

子犬型と呼ばれる犬系男子は、オシャレで甘え上手な男の子。優しく快活で、また女性の扱いが非常に上手いのが特徴です。

まわりが自分をどう見ているかもきちんと把握していて、それを含め上手く立ち回る頭の良さを発揮します。

自分が興味のない相手の好意を、さらりとかわせるのがこのタイプ。興味のある相手には、無邪気な顔して近づきます。

やすやすと女性のガードを突破してきて、いつの間にか近くにいるため、何となく気を抜いてしまいがちの相手でもあります。

でも子犬はいつか成長するもの。舐めてかかっていると、ふと気づいた時にはすっかり手の内、なんてこともあるので気をつけて!

中型犬タイプの男子

誠実で常識を重んじるため、広い年代の人から信頼を得ることができるのがこのタイプです。

また、息をするように誰かを助け、人のためにまわりが驚くような行動力や勇気を発揮することがあります。

意外と頑固な一面があり、間違っていると思えばどんな相手にでも率直にそれを伝えます。

そのため、時々周りがハラハラさせられることもしばしば。

恋愛に関しては一途なタイプで、子犬に比べて人からの恋愛感情にはニブい傾向にあります。

大型犬タイプの男子

多少のことには動じない、抜群の安定感を発揮する大型犬タイプ。

あまり感情の波が激しくなく、誠実で穏やかで誰からも頼りにされています。

すべきことを淡々とこなし、押し付けられたことでもベストを尽くすため、最後の最後でみんなの信頼を勝ち取ります。

わがままな人にひたすら振り回される傾向にありますが、本人がまた淡々とそれに対処するため、そこから更に器を広げ、成長していきます。

差出されたチャンスはとりあえず掴んでおく、意外としたたかで、ちゃっかりした面も持っている大型犬男子は、将来有望なタイプと言えるかもしれません。

犬系男子を彼氏にすれば癒される日々が送れるかも!

人気急上昇中の犬系男子。

みんなに人気者の彼らに、追っかけられる女性になってみませんか?

日々の仕事が忙しすぎる方や、人生に少しお疲れ気味の女性にとって、彼らとの付き合いはきっと、最高の癒しと安らぎをもたらしてくれることでしょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る