異性から突然のライン!恋に発展する流れと勘違いで終わる場合

ラインは状況次第で、良くも悪くも、色々な意味を相手に勘ぐらせてしまいます。

特に女性に向けて、男性から急にラインが来た場合、好意なのか下心なのか、気になって仕方がないという人は多いようです。

男性が急に送るラインの心理を、アンケートを交え少し考えてみましょう。

男性は何気ないラインなんて送らない!?

女性に比べ、男性同士がラインで朝の挨拶を送るようなことは少なく、また異性に対しても、何の意図もなく挨拶のラインはしないでしょう。

下心を含め、少なからず好意があるからラインを送るのが男性です。

一緒に遊びたいというレベルから、好意を寄せているというものまで、少なからず何か意図があるわけです。

その意図を知ることで、男性から来るラインの意味をある程度予測できるようになります。

異性がラインを使う理由とは?

ラインが主流となってきて、メールはあまり使わなくなったと言える時代です。

気軽になったとはいえ、自分のメッセージを相手が読んだのか分かる既読表示など、気になってしまう要素もあります。

異性がラインを使う理由というのは、男女とも共通しています。

それは、何もないのにプライベートツールでメッセージは送らないというものです。

用事が無ければ、ラインでメッセージを送る理由がありません。

業務連絡に使うこともあるとはいえ、一定以上お互いの仲が良くないとラインでは失礼にあたるからです。仕事であれば電話でしょうし、通話料がかからないからとライン通話を目的に、ラインの交換もしないものです。

男女でその程度は違うにせよ、少なからず好意があるからラインを使って、連絡を取るのです。

男性がいきなり女性にラインを送る理由とは?

このいきなりは、あくまでも事前の電話番号交換があり、お互いにライン友達の承認があってのことです。

ラインで繋がっていて、使わないまま時間が経ち、急にメッセージが男性から送られてきた場合、それは何かしらの意図があると言えます。

急に男性からラインを送る意味について、アンケートを取った結果を見ると、好意が芽生えたからという理由がダントツでした。

ラインとは、オープンなスペースに見えて、結構プライベートな領域と感じる人も多く、特に女性はラインが来るというのを特別視しがちです。

男性もそれを理解しているため、用もなく世間話のために、女性にラインを送るのは気が引けるものです。それでもラインをしてくる男性は、少なからず段階的に好意を寄せたからと捉えて問題ありません。

本当に用事がある男性は、電話をしてくるでしょうし。

男性は下心があっていきなりラインを送ってくる?

恋愛のきっかけに発展するかもしれないので、こんな勘違いや早とちりはいけません。

意図しない男性から、いきなり来たラインなら、こう感じるかもしれませし、意中の男性からラインが来たら、恋の予感を感じるでしょう。

女性側としても、あまり都合よく解釈しすぎて、逆に疑いすぎてもいけません。

男性が抱く恋心は、どうしても女性から見ると、下心に見えてしまうことがあります。

好意があって送ってくるラインに対し、下心か恋心なのかをしっかりと見極めるようにしましょう。

恋の始まりは、どんな時でもいつ始まるか分からず、きっかけは意外なものと考えなくては、実はとてもいい恋愛の始まりかもしれません。

逆に男性に勘違いされるラインはこんなメッセージ

逆に、男性が女性からラインの返信を受けたとき、どんなメッセージを送ると好意の合意と勘違いされたのかを調査してみました。

圧倒的に絵文字やスタンプ付きで返事がきたときが、自分の好意に対して、女性が受け入れてくれたと感じる、という結果になりました。

用があるなら電話で済む、ましてラインの返事も文面だけで済むものです。

あえてひと手間加えて、絵文字やスタンプというのは、男性にとって自分のために○○してくれたと感じるようです。何気ない絵文字ひとつでも、男性は勘違いしやすいのか、男性だから勘違いするのか、返信には何気ないようで注意も必要です。

女性としても、意中の男性からのラインなら、例えいきなりでも絵文字もスタンプも使うでしょうし、分かりやすいと言えば、そうかもしれません。

いきなり女性からきたラインに男性はこう考える

電話で済む用事と共通しますが、やはり男性としても、いきなり女性からラインがきたのであれば、何か特別な思いが?と感じるようです。

女性からきたラインに好意を感じたか否か?という質問では、実に8割の男性がYESと答えています。

気軽さゆえ、そして何気なく質問があるからと、男性にラインするのであれば、その会話は必要か?を少し考えましょう。

男性の方が、少し単純という前提で考えると、男性側の勘違いは女性のそれに比べて多いようです。

恋への発展!?異性からのラインは恋のスタートの予感

ラインがプライベート性の高いものとするなら、男女どちらからの発信にしても、やはり深い意味合いがあると捉えられるものです。

口説き文句としてでも、ついでにさあ…など、一度返信がくれば、話すきっかけを掴んだのと同じです。

話すきっかけは、恋愛を始める上で一番重要ですし、顔が見えない分、相手の反応を気にせずに、会話を進められるという人も多いです。

異性からのラインは、絶対的に恋のスタートを予感してもいいと言える時代です。

初めての挨拶ラインから夜には恋仲になっていることもある

気軽な分、そんなはずはなかったのに、心もオープンになりがちなラインです。

朝いきなりきたおはようラインから、夜には待ち合わせして、最終的に同じ日に恋仲になっていたなんて、結構聞く話です。

何気ない会話から、いつからかお前のことが好きだなんて会話になり、好きと言われて不快な人は少ないものです。

その好きという感情にほだされていつのまにか、自分も相手を好きになったと言う人は多くいます。

気軽なツールだからといって、自分の感情が意図せずに動かされるのも考え物ですが、そういう恋愛も今だからあり得る話です。

ラインを受け取れる状態を作った自分も、少なからず相手の男性を悪い人とか、嫌いではないわけですから、そうなっても不思議ではありません。

ラインから始まる恋はハードルが低い!?

きっと、見た目や性格が表れにくいのがラインだからこそ、ラインから始まる恋のハードルは低いと言えるのでしょう。

話しにくい男性であっても、顔を見ずに対面ではなく、自分のペースで会話が続くなら、イヤな気持ちもしません。

相手の男性は、もしかするとスマホの前に張り付いて、あなたの返事を今かと待っているとしても、それすら見えないのです。

ライン上とはいえ、話が弾んで一定の会話が進んだのであれば、話せない相手ではないわけです。どんなに嫌いな相手であっても、話せば人間は心を開くものなのです。

話しをするうえで、そのスタートが気軽な分、恋に発展するためのハードルも、当然低いと言えるのです。

異性とのラインは心の扉を容易に開きやすい

ラインの特殊性について説明しましたが、手紙のように手書きでない分、重くないのも事実です。

タップひとつでスタンプが送れたり、たったそのタップひとつの動作によって、相手に好意を抱かせることも可能です。

場合によっては、怒っていると伝えるにしても、ラインのスタンプなら、本気では怒ってないと伝わります。

やんわり伝えることができて、感情を豊かに表現しやすいからこそ、さりげない好意も伝えやすいのかもしれません。

さりげない好意は、少しずつ心の扉の隙間に入り込み、こじ開けるのではなく、開かせるのを容易にします。異性からのラインは、いきなりきたのと同時に、警戒と判断をしなくてはいけません。

でも、思いもよらない相手と、恋がスタートする可能性は十分にあると言えるでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る