失恋のショックで自暴自棄に!ボロボロなあなたに贈る乗り越え方

いくつになっても、失恋の痛みに慣れることはありません。失恋のショックで、自暴自棄に陥った人も多いのではないでしょうか。

今回は、失恋によって自暴自棄に陥った際の対処法などをご紹介します!


失恋して自暴自棄に…男女ともなかなか前へ進めない

まずは、失恋が原因で自暴自棄に陥ったエピソードを、男女別でご紹介します。

元彼と最悪の別れ方…「足枷」という言葉が忘れられない

■34歳で失恋した際、元彼からお前は足枷だと言われました。別れた今、元彼に未練はありませんが、足枷という言葉にショックを受けて…。毎日飲み歩き、酒におぼれています。(40代女性)

別れ際の彼の一言が強烈過ぎます。自分自身を否定するような発言をされると、自暴自棄になるのは無理ないでしょう。

34歳は結婚を気にする年頃だと思うので余計傷つきますね。

好きな人が彼氏持ち…都合の良い男として扱われた

■好きになった人は職場の先輩。遠距離の彼氏がいるとは知っていましたが、気持ちが抑えられず関係を持ち続けました。先輩は結局彼氏と結婚しました。都合の良い男として扱われ、会社も退職しました。(30代男性)

いつか終わる恋だと分かっていても、終わった時のショックは計り知れないですよね。

「もしかしたら自分と付き合ってくれるかも…」と淡い期待を抱いてしまうのも、また切ないポイントです。

失恋の度合いから誰しも自暴自棄になる可能性がある

恋愛経験の中で、フラれた経験がある人は多いでしょう。

お互いが納得する別れ方ならまだしも、一方的に傷つけられて別れた場合、自暴自棄に陥る可能性が高いです。

自暴自棄になるのは、男女関係ありません。

ひどい別れ方をすると、誰しも負のスパイラルに陥ってしまうのです。

失恋後さらに自暴自棄を起こすこと間違いなし!5つの行動

自暴自棄になっているというのは、案外自分では分からないものです。

失恋後、以下のような行動を起こしている場合、肉体的にも精神的にも追い詰められている証拠かもしれませんよ。

暴飲暴食

ストレス発散する為には、おいしい食べ物を食べたりお酒を飲んだりする人も多いでしょう。

しかし暴飲暴食が続くようだと、自暴自棄になっている可能性が高いです。

一人でいる寂しさから、1日中飲み歩きフラフラしながら仕事に行く…なんて生活をしている場合、もしかしたら心身のバランスが取れていないかもしれません。

不特定多数の異性と関係を持つ

失恋すると、一人でいる孤独感や寂しい気持ちに襲われます。

そうなると、人肌が恋しくなって、不特定多数の異性と関係を持ってしまいます。

しかし結局体が満たされても心が満たされず、虚しい気持ちになるだけです。また、「自分がどうなろうと知ったこっちゃない」と思っているので、どんどん生活がだらしなくなっていく傾向があります。

部屋に引きこもる

失恋したことにより、自分に自信がなくなります。そうして、人前に出るのが臆病になり、引きこもるようになるのです。

一人になる時間が増えることで、どんどんネガティブな気持ちが増えていき、さらに人との関わりを絶ってしまいます。

まさに、負のスパイラルといえるでしょう。

周りに相手や自分のことを悪く言いまくる

失恋すると、周りの人にうっぷんをさらけ出したいものです。しかし、元恋人の悪口を過度に言いすぎることがあります。

モヤモヤをどうにかして払拭したいがために、相手の悪口を言いまくったとしても、心が晴れることはありません。

むしろ、後で罪悪感に襲われるでしょう。

失恋によって完全に自信をなくした人は、自分に対してネガティブなことを言わなくなることもあります。「もう生きている価値ない」「一生恋愛できない」ととにかく自分を責めるのです。

聞いている側もしんどいですし、本人もどんどんマイナス思考になってしまいます。ここまでくると、自暴自棄になっているといえるでしょう。

別れた相手のSNSをチェックする

別れた恋人に未練がある場合、その人の現状が気になります。

SNSが見られる状態なら、ついチェックをしてしまいます。

「新しい恋人出来てないかな」「今何しているんだろう」と、元恋人の行動が気になって仕方がないのです。歯止めが利かなくなると、ストーカー化する場合もあります。

前向きな気持ちになれず、「ひょっとしたら復縁できるかも」という淡い期待を持ってしまうと、そのまま自暴自棄に陥る可能性があります。

失恋して自暴自棄になった際の4つの乗り越え方

自暴自棄になってしまうと、そこから脱却するにはそれなりの時間と労力が必要となります。場合によっては、周りの協力も必要となるでしょう。

もし失恋して自暴自棄になってしまったら、一体どうやって乗り越えていくべきなのかご紹介します。

友人となるべく一緒にいる

一人でいると、どうしても楽しかった思い出や別れた時の言葉などが蘇ってきてしまいます。

そうならない為にも、なるべく親しい友人と一緒に過ごすことが大切です。

もちろん仕事に支障が出ない程度に遊んでください。お酒で楽しく過ごす方法も良いですが、できればお酒以外で楽しく過ごせる方法を見つけてみましょう。

例えば、何かスポーツをして友人と一緒に良い汗をかいたり、ネットゲームでバトルしてみたり…。

お酒や食べ物に頼り過ぎると、暴飲暴食になりやすく健康的にもよくありません。失恋直後は、特に友人と行動を共にするようにしましょう。

趣味に没頭する

失恋のショックを紛らわすには、別のことに没頭するのもありです。

何か趣味を持っているなら、もっと本格的に取り組んでみても面白いです。無趣味な場合は、多少無理してでも新しいことにチャレンジしてみましょう。

新しいことにチャレンジすることで視野が広がり、新しい出会いがあるかもしれませんよ。

別れた相手に関わる手段を全て遮断する

SNS、私物、写真など、別れた相手を思い出させるような物は、全て処分してください。

自暴自棄になっていると、元恋人に関わるものを見ただけで発狂してしまいます。

別れた相手を完全に忘れる為にも、関わってしまいそうな手段は全て遮断するようにしましょう。

とにかくたくさん泣く

なるべく親しい友人と一緒にいて、趣味に没頭して、思い出も全て処分したつもりでも、ふとした瞬間にどうしても辛い記憶がよみがえってしまいます。

苦しくて涙が流れそうになった時は、我慢せずにとことん泣きましょう。仕事中や街中だと周りの目が気になると思うので、自宅で一人になった時にいっぱい泣いてください。

「涙活」という言葉があるほど、涙を流すことによって気持ちがすっきりします。

モヤモヤした気持ちを早く払拭させたいなら、とにかくいっぱい泣いてみてください。

異性は星の数ほどいる!自暴自棄な自分とサヨナラしよう!

失恋によって自暴自棄になってしまった場合、まずは心身ともに休ませてあげることが大切です。

「今まで辛かったね」「もう頑張らなくていいんだよ」と自分を労わってあげてください。

できるだけ自分にご褒美をあげたり、楽しそうなイベントに飛び込んでみたりすることで、いつの間にか失恋のショックなんて忘れてしまいます。

異性なんて星の数ほどいます。その中のたった1人にフラれたからといって、自分の存在を否定する必要はありません。世の中に異性はまだたくさんいます。今のあなたが好きと言ってくれる人は、この先必ず現れます。

自暴自棄になる時間がもったいないです!1日でも早く自暴自棄な自分とサヨナラして、もっと素敵な異性と出会ってくださいね!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る