失恋は時間薬で治るというけれど?辛い気持ちを回復させる方法

辛い失恋を経験して、乗り越えるために一番効果的なのは時間とはよく聞くけど、実際どのくらいの期間が必要なのでしょうか。この沈んだ気持ちがいつまで続くのか、今のままでは途方も無い気がしますよね。

そんな今回は失恋と時間薬ついて、また立ち直る方法についてご紹介致します。なるべく早く気持ちを切り替えて、次こそは幸せになれる様な恋愛をしていきたいところです。

どのくらい時間が経ったら失恋を忘れることが出来る?

失恋直後は「この苦しみをどうにかして欲しい。」「上手くいっている時期に巻き戻しできたら。」と苦しむことでしょう。

どれだけの期間が経てば失恋の辛さを手放すことが出来るのか見ていきましょう。

人によっては一週間で忘れることも可能

中には一週間という短い期間で吹っ切れてしまえる方もいます。

このタイプの方は非常に気持ちの切り替えが上手い方で、凹んでいても仕方がないと、とても楽観的な性格と言えるでしょう。

また、直ぐに違う男性に惚れることも可能なように、駄目なら次に行くと、非常にたくましい精神の持ち主でもあります。

食べて寝るを繰り返しストレス発散するのもお手の物、気がついた頃には元の体調に立ち直っている訳です。

とは言えそんな方でも、完全に忘れることは無理な場合もありますが、日々の生活を送る中で支障はきたさないまでには成長しています。

一年経てば一つの節目としてさらに楽になれる

大体一年経つ頃には、ほとんど吹っ切れられる方が多いです。

片思いからの失恋ではなく、交際後に別れた失恋の場合「去年の今頃は彼氏と知り合っていた時期だったな」と思い出も深く、更に丸々一年前のことを日付と共に照らし合わせているはずです。

無意識のうちでも行なっている場合においては、今すぐにでも忘れろという方が無理な話でしょう。

しかし、時間薬として一年経ったその頃に振り返るのは、まさしく失恋した直後の記憶であり、「あの頃から一年か」と過去としても扱いやすくなるのです。

暫く時間も空いてるので、より冷静な判断がつくようにもなり、そんなこともあったなと良い思い出として受け取れていることでしょう。

一年という期間もキリが良く一つの節目としてもやはり最適で、思いがけず今とは違った人生を歩むことにもなっているかもしれません。

時間と共に失恋を忘れる方法とは?

失恋の時間薬を期待すると同時に、行った方が良いこととはどの様なものが挙げられるのでしょうか。

日々を忙しく過ごすために隙間時間を作らない

ついつい失恋したことを考えないように、頭を何かでいっぱいにしてしまうことです。

ボーっとする時間が多いほど、脳はあれこれ思考を巡らせ、ネガティブな性格であるほど、更に追い討ちに感じる考えにもたどり着いてしまいやすいです。

時間が経つのも遅く感じてしまう為、何としてでも何か夢中になれるものを見つけていきましょう。他には、自分自身に課題を出したり、始めてみたかったものに挑戦するなど、失恋を良いきっかけづくりに変えてしまうのもオススメです。

そうすることで、充実した日々を送れますし「そんなこともあったなぁ」と失恋したこと自体が遠い過去のようにも思えてきます。

一日中ベットの上で寝込んでいるようでは、やはり良くなるものもありませんので、潔く何かを始めるように努めてみてください。

失恋した時の悲しい気持ちをノートに書いてビリビリ破る

気持ちの決別をつけるために、紙に感情を流れを気にせず書き表すことです。

失恋した辛さから目を逸らし続けても、やはり新たな恋愛に踏み切ることも難しいですし、いつも悶々とその相手のことが頭にも浮かんできやすいです。

その為、失恋した上で気持ちはどう感じたか、相手に対する今の気持ちなどを、ペンで紙に殴り書きして心の整理を行いましょう。それを読み返し自分はこう考えていたんだと、改めて自身と向き合ったところで、思い切りその紙をビリビリと破いてみてください。

音が耳に入り、物理的に気持ちを解放させているような気持ちになれて、終わった後スッキリした心持ちを手に入れることもできます。

書き足りない時は何枚分にも綴ってする様に、心を楽にさせるために時間が許す限りやってみてください。

周りに誰もいなければその時の不満を口に出すのもスカッとします。平気になるまで幾度となく行なっていくことで、徐々にですが前を向ける様にも変わるでしょう。

気持ちが明るくなる音楽を聴く

気分を明るく保つために、出来るだけ前向きな曲を聴き続けることです。

失恋ソングを聴くのも良いですが、感情的な方であれば涙が止まらなくなったり、色々と思い出したくないことが芋づる式に記憶として蘇ってしまうことがあります。

その為曲調が明るく、または歌詞が前向きになれるものを率先的に選び聴くことで、音楽と同じような心持ちで居続けられるという訳です。

朝起きた時にも、まず失恋のことを考えてしまいやすいという方は、その時間を音楽を視聴する時間に割り振ってみてください。

今日も一日頑張ろうという気分になれますし、何か良いことがありそうかもと考える余裕も生まれてくるでしょう。

仲のいい友人たちと過ごす時間を取る

一緒にいて楽しいと感じる仲間たちと居ることです。

失恋の孤独を癒すなら誰でも良いという投げやり具合では、思いがけず雑に扱ってくる人に当たるかもしれませんし、そうなれば更に傷つくことが予想されるのでオススメ出来ません。

なので、昔からの大親友というように、こちらの性格を熟知してくれて、かつ、失恋の事情を知っている友人といる時間を増やすようにしていきましょう。

くだらないことで笑えたり、美味しいものを食べに連れ出してくれるなど、気がついた頃には失恋の痛みも小さく変化していることです。

前向きになれる言葉もかけてくれるように、持つべきものは友達だと友情の有り難みを再度実感することでしょう。

また、とにかく一人でいたい時期を乗り越えてからで良いので、体調を見越した上で予定を合わせるようにしてみてくださいね。

失恋を乗り越えた人のアドバイスを聞く

失恋してたけどもう平気になったという方の体験談を聞くことです。

その相手から、”失恋した人が今すぐにでも知りたい情報”を延々と聞くことが出来ますし、タメになるアドバイスも沢山教えてくれることでしょう。

また、何よりこちらの話に共感してくれるので居心地が悪くなることもありませんし、聞いた後から悲しい気持ちこそ手放すことだって出来るわけです。

周りに乗り越えた人がいないという場合においては、ネットを活用することで簡単に見つけられます。

合わせて相手ユーザーの顔が見えないので、知り合いよりも赤裸々に話を聞けることも見込めるでしょう。

その後、今度は自分が失恋を乗り越えた立場になれば、誰かの役にも立てるので、そうなれば良いなと未来を見通して希望も抱けつつあります。

恋愛が目的じゃなくても新たな異性と関わるようにしていく

少しずつでも他の異性と関わるようにすることです。失恋した理由が相手の浮気など、ナイーブなものであるほど「男なんて…」と男性不信に陥りやすいところですが、そんな人ばかりじゃないと信じ抜き、徐々にでも良いので接するようにしていきましょう。

心の傷もそれ以上に深くえぐられることもなく、元気を取り戻していけます。最初こそリラックスして話せないかもしれませんが、時間をかけることで友達としてでも接することが出来るようになってきます。

運が良ければ、また新たな好きな人も作ることが望めるように、次に繋がる素敵な出会いとしても生かしきれることでしょう。

それでも一対一として会うのがまだ酷な場合は、他の友人も混ぜて遊ぶように、自身が平気だと思えるあり方で最初は関係を築いていくと次第に平気となります。

失恋したことを話のタネにするように前向きに受け取っていく

失恋=ネガティブなものに受け取らず、どうせなら明るい話に変えていくことです。

世の中の人は片思いの場合も含めて、多かれ少なかれ、失恋したことある人がほとんどでしょう。自分だけじゃないんだとまずは孤独感を取り除いていくと、見える世界も変わってきます。

明るく話せば、聞く側もフォローしやすく、また、親しみのある人とも良い印象を植え付けることにも成功するでしょう。

失恋話にオチまでつけて、おもしろ話にするくらいのレベルにまで達したら大したものですが、そこまでは頑張りすぎなくてももちろん大丈夫です。

とは言え、さらりと話せるようにまとめておくと、意外にも会話をする中でも鉄板ネタとして映えることがあります。

どうしても失恋したことを考えて仕方がない時は怖い動画を見る

時間薬に頼っても時に頭から離れない状態が出来上がる際は、いっそ怖い動画を見てしまうことです。

その恐怖から直ぐにでも不安な気持ちが消え、しばらくは怖い動画の内容が頭を占めることとなります。

好きなことをしてもイマイチ夢中になれない時こそ、意外にもホラーものが役に立ってくれるわけです。

とは言え、夜中に見てしまえばそのまま眠れなくなったり、夢にも同じような内容が出てきてしまうことがあるため十分に気をつけましょう。

一人で見るのが苦手だという方は、友達を呼んで一緒に視聴すれば非常に強い頼もしさを感じます。

失恋しても時間が経てば必ず忘れることが出来る!

例え、一生心に残るような失恋をしたとしても、時間が経てば徐々に気持ちも楽となり、また誰かと付き合うことで、完全に近い状態で忘れられるようにもなります。

なので、悲しみでどうにもならないという方でも、いつの日か平気になれる日が必ずやってくるので、過度に気落ちする必要もありません。

人によって時期の長さは異なりますが、一日一日経つことで、昨日よりも今日の方が気持ち的には楽になれているはずです。

最初のうちは好きなものに夢中になる様、気持ちを楽にすることだけに力を注いでいきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る