女性が揃えるおくべき防災グッズ!いざという時のために準備するもの

災害時に備え、防災グッズを準備していなければいけませんが、女性にとっての必需品も防災グッズに準備していますか?

通常の生活が一時的、長期に渡り困難になる災害時。ドラッグストアで簡単に買えるものがかえなくなってしまうのです。

もちろん、救援物資はありますが、それは即座にはじまるわけではなく、数日間は自分たちで生活できるようにしておかなければいけません。

防災グッズのなかでも特に女性が準備しておいたほうがいいものをリスト化し、すぐにもっていけるようにしておきましょう。

荷物はコンパクトに!常に持ち歩く習慣を身に着けよう

女性特有の防災グッズと言えば、まずはじめに思いつくのは生理用品ですよね。

生理用品は救援物資に必ず含まれているものですが、災害発生のその日に配られるわけではないので、いつ、どこで災害が起こっても備えられるように、常日頃持ち歩いておくようにしてください。

だからといって、大きな荷物を担いでいるわけにはいきませんよね。

生理用品を含め、これからご紹介するものをポーチなどにコンパクトに収納しておくことをおすすめします。

バックのなかに入れておけば、なにかあっても安心。通常使用するものとは別に用意しておきましょう。

女性の防災グッズは絶対に必要!忘れないようにしよう

生理用品はもちろんですが、それ以外にも準備しておいたほうがいいものがあります。

災害時は水を自由に使用できないことを念頭に置いて、少しでも安心して、精神的にも落ち着いて過ごせるようにしましょう。
ポーチに入れておくもの
生理用品 2~3日分(ナプキン・タンポン)
おりものシート 2~3日分
汗ふきシート 1パック
ヘアゴム 2~3本

非常時には精神的な負担が大きくなり、突然生理になってしまうこともあります。

ナプキン・おりものシート

たくさん持ち歩くことはできないので、2~3日分、夜や長時間取り替えられないこともあるので、タンポンも常備しておくとよいでしょう。

日常的におりものシートを使用している方もいますが、そうではない方も、おりものシートを持ち歩くとよいですね。

下着を替えることも洗濯することも自由にはできなくなるので、数日間同じショーツを身に着けることになります。そういう時におりものシートがあれば、シートを変えることができます。

臭い、不快感を減少させることができるので、ポーチに入れておきましょう。

ヘアゴム

髪の毛が洗えないのはとてもつらいこと。痒くなりますし、臭くなってしまい、とても不愉快な気持ちになります。

ヘアゴムで一つに束ねておけば、顔にかかることはないので、スッキリします。

ヘアゴムはかさばらないので、多めに準備しておけば、持っていない方にも使ってもらえますので、自分だけの分ではなく、少し多くポーチに入れておいてください。

備蓄しておいたほうがいいもの

コンパクトにまとめ、常に持ち歩くものとは別に、家に備蓄しておいたほうがいいものもあります。

持ち歩くことはできませんが、備蓄して、数日間は生活できるようにしておきましょう。

備蓄しておくべきもの
生理用品 1周期分
サニタリーショーツ できれば1週間分
携帯用ビデ 1週間分
使い捨て下着 必須ではないが、あるといいアイテム
 便秘薬、鎮痛剤、胃腸薬など
ふき取り式洗顔料 水を使わなずクレンジングが出来る
化粧水・乳液 顔が洗えない時に洗顔料の代わりになる
コットン ふき取り式洗顔料、化粧水などに使える、一箱あればしばらく使用できる
ストール 大判のものは毛布代わりになる
ドライフルーツ 体力消耗を防ぐ糖分は大切です。賞味期限に注意

サニタリーショーツ・生理用品

直接肌に触れるものなので、自分が普段使用しているものを1周期分用意しておきましょう。

救援物資で生理用品は配られますが、生理のときは肌が敏感になっているので、合わないナプキンでは肌荒れの原因になってしまいます。

自分の肌質にあったものを準備しておいたほうがいいですね。

また、サニタリーショーツはなくても大丈夫ですが、あったほうが安心。1枚は準備しておくといいアイテムになります。

使い捨てビデ、携帯用ビデ

日本ではあまり知られていませんが、海外では認知度が高いもの。水の事情がよくないフランスでは日常的に使用している人が多いのです。

生理の終わりごろや、入浴できないときにスッキリさせ、臭いを軽減する役目を果たすものですが、週に2~3回の使用がよいとされています。

災害時には入浴できなくなる可能性が高いので、不快だな、気持ち悪いな、と感じたら使用するとよいでしょう。ドラッグストアなどの生理用品コーナーの近くで販売されていることが多く、価格も1本2~300円程度なので、数本準備しておいてください。

使い捨て下着

おりものシートがあれば、使い捨て下着はなくても大丈夫ですが、準備しておいてもよいアイテムです。

緊急時といえども、清潔にしていたいですよね。

汚れたままだと、精神的にもいい影響はでません。ストレスが増大する緊急時に、少しでもストレスを軽減させ、不快なものを取り払えるようにしましょう。

便秘に悩む女性は多いもの。日常とは違う生活環境では更に便秘がひどくなってしまうこともあります。

体調を崩さないためにも、便秘薬や鎮痛剤、胃腸薬などを準備しておいてください。これらは通常服用しているものが安心。全く服用したことがない薬は不安という方もいるので、安心できる薬にしましょう。

薬にも消費期限があるので、定期的にチェックすることはお忘れなく。

ふき取り式洗顔料・化粧水

もともとは、肌を傷めないため使用するふき取り式洗顔料。硬水のため、毎日顔を洗うことで肌を痛めてしまうフランスで使われていましたが、それが日本でも認知された商品です。

コットンで肌の汚れをとってくれる便利なものなので、水が使用できない緊急時にはとても便利。1本は常備しておきましょう。

顔を洗えなくても、化粧水でふき取れば、ある程度はスッキリしますし、清潔な状態を保つことはできます。

ストール

防災グッズで毛布は用意しておいたほうがいいアイテムになりますが、大判のストールも毛布と同じような役割を果たしてくれるのです。

毛布より薄いですが、暖かいので寒さ対策になりますし、避難所で床にひくこともでき、幅広く使えます。

折りたたむとコンパクトになり、持ち運びも楽なので、1枚は用意しておきたいですね。

ドライフルーツ

精神的にも肉体的にも疲れてしてしまうのを防ぐためにも、甘い物はとても大切です。

自分の好きなドライフルーツを用意しておけば、食べて気分転換にもなります。

体力消耗を防ぐためにも、甘いものを常備しておましょう。

また、ドライフルーツはよく噛むことで少量でも満腹感を得ることができます。保存期間も長いためバッグに準備しておくといいでしょう。

小さい子どもがいる方にはこれ!子どもの命を守ろう

小さいお子さん、赤ちゃんがいらっしゃる方は、特に不安になってしまいますよね。

大人は事情がわかっていても子どもはなかなか理解できません。だからこそ、子どもが不安にならないように、揃えておきたいものもあるのです。

赤ちゃんに必要なもの

備蓄しておくべきもの
紙おむつ 使いなれた紙おむつを1袋
おしりふき 使い捨てになるので、多めに用意
粉ミルク 赤ちゃんの生命線

上記の3点は絶対に必要なもの。紙おむつは取り替えてあげたいですし、おしりだって拭いてあげたい。子どもに精神的苦痛を与えないためにも、多めに用意しておきましょう。

母乳で育てている方も、緊急時には突然母乳が出なくなってしまうことがあります。そうなったら赤ちゃんは生きていけなくなるので、粉ミルクを一缶は用意しておいてください。

防災グッズで用意している、コンロ、水があればミルクを飲ませることができるので、防災グッズの確認も忘れないようにしましょう。

プラスアルファであったらいいもの

生活環境が変わってしまったことで、子どものストレスは大人以上に増していきます。

大人なら我慢できることも子どもには我慢できず、イライラしたり、叫んでしまうことだってあるのです。

そういったストレスを軽減し、子どもが少しでも快適に過ごせるように、子ども用グッズをまとめておくこともおすすめです。

あるといいもの
おもちゃ 子どもが好きなキャラクターやゲームなど
読み聞かせができたり、絵を見て楽しめるもの
お菓子 好きなお菓子、キャンディーやガム

子どもの気持ちを和らげるためには、好きなキャラクターの人形や簡易ゲームなどが役立ちます。

たくさん用意しておきたいのですが、2~3個用意し、すぐに持ち出せるようにリュックにいれて他の防災グッズと一緒にまとめておくほうがよいです。

静かにしなさい、我慢しなさい、と子どもに言っても、なかなか言う事を聞いてくれませんから、避難先ですぐに遊べるようにしておきましょう。

気持ちを和らげる意味では、絵本も有効です。おもちゃに飽きたら絵本、絵本に飽きたらおもちゃ、と交互に遊べますし、夜寝るときに読み聞かせることもできます。

キャンディーやガムは口寂しいときや空腹のとき、手軽にとることができるので、子どもが好きなものを常備し、こちらも防災グッズにまとめて入れておくといいですね。

突然の災害に焦らないように!日頃から準備しておこう

車で運ばなければならないほどの準備は大変ですが、すぐに持っていけるもの、日常持って歩いたほうがいいものなどは、今すぐ準備しておくべきです。

▼その他、日頃から準備しておくべきものはコチラ

日常から準備万端にしておけば、災害などの緊急時に落ち着いて行動ができ、その後の生活を送ることができます。

災害発生時に安全に避難することも大事ですが、その後の避難生活を体調を崩すことなく送ることも大事なのです。

普段の生活と全く同じようにはできませんが、自分、家族、恋人など大切な人達とともに、少しでも快適な生活が送れるように、準備しておいてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る