MOTETOKO

女性からプロポーズしてもOK!成功実例で見る逆プロポーズの成功法

comment please

SNSでシェア

  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook

  • いつになったらプロポーズしてくれるのかしら?
  • 一生このまま結婚しないの?

付き合っている彼がなかなかプロポーズしてくれなかったら、こんな不安な気持ちになってしまうのは当然ですよね。

自分は結婚する気満々なのに、彼に全然プロポーズの気配がなかったら、別れますか?別れませんよね。そんなに簡単に別れられたら、悩む必要はないのです。

悩んでいるのは、彼と結婚したいから。結婚したいのに前にすすまない状況に、不安と焦りを募らせているのではないでしょうか。

男性からプロポーズしなければいけないなんてルールはないのですよ。

彼がいつまでたってもプロポーズしてくれないのだったら、思い切って自分からプロポーズしちゃいましょう!

そこで今回は、実際に女性からプロポーズをして成功させた体験談を交えながら、結婚をゲットする逆プロポーズ術をご紹介します。

彼氏とこのままじゃ嫌!と思っているなら、勇気をもって行動しましょう。

彼は結婚したいの?する気がないならその気にさせちゃおう!

あなたが結婚したい理由はなんですか?彼のことが好きだから、結婚適齢期になったから。理由は人によって様々ですが、一生を添い遂げ、家族になって幸せになりたい気持ちが基本にはありますよね。


嫌いな人と無理に結婚を望んでいるなら、逆プロポーズは考えていないはず。好きだからこそ、結婚を考えているのです。

では、彼は結婚したいと思っているのでしょうか?結婚する気があるのでしょうか?もし、彼にその気がないのなら、彼をその気にさせることからはじめましょう。

全く結婚願望がない彼に、突然逆プロポーズをしてもビックリされるだけ。ビックリして引いてしまうかもしれません。

そうなってしまったら、後戻りはできないので、別れることになってしまったら大変です。そうならないように、彼を結婚に向かわせるのです。

結婚はいいものだと認識させよう

彼が結婚に興味がないのであれば、興味をもってもらわないといけません。1人で料理、洗濯、掃除をこなしてしなう男性は、結婚しなくても生活できてしまいます。

1人で生活できるのに結婚する意味がわからないのです。家事だけではない結婚のいいところ、意味をわかってもらいましょう。

  • 喜びが2倍になる
  • 悲しみや困難を2人で共有し、乗り越えていける
  • 子どもを持つ幸せを実感できる
  • 助け合って生きることの大切さがわかる

など、2人で生きていくことの重要さを感じてもらうのです。

話してもなかなか理解できないことなので、友人家族と会ったり、外出した際に目にした仲良し夫婦への憧れを話したり、体験してもらうようにすると理解しやすくなります。

デートも家族連れが楽しそうに過ごしている場所に行ったり、食事もファミリー層が多いところにしたり、実感してもらうことは大切です。

結婚の悪い部分ではなく、良い部分を見せることが、彼の気持ちを結婚に向かわせるのです。

様子をみることも大事!

結婚を焦って彼を追い詰めてしまうことはよくありません。彼が逃げてしまう可能性もあるのです。そうならないように、今の彼の様子をみることも大事です。

仕事で山場を迎えている、親のことで問題を抱えている、など結婚できる状況になかったり、気持ちに余裕がないときに逆プロポーズしてもいい結果にはなりません。

彼の気持ちが結婚に向かっているかどうかも重要ですが、彼の現在の生活環境を見極めることも重要です。タイミングがずれてしまうと困るので、様子をみていくようにしましょう。

もし、彼が結婚できる状況ではなく、あなたが結婚を先延ばしにできるなら、時間をかけていくようにしないといけません。焦らず、彼の立場にたって考えることも必要です。

優柔不断な彼には逆プロポーズしかない!自分からドンドン攻めていこう!

全ての男性が決断力があって、ひっぱっていくタイプとは限りません。男性のなかには自分で決められない、誰かが決めてくれるのを待っている優柔不断なタイプもいるのです。

  • 本当は結婚したいけど言い出せない
  • 彼女が断ってきたらどうしよう
  • 結婚もいいけど今のままでもいいような気がする
  • ドキドキして言えない

このようなタイプの男性には逆プロポーズしかありません。自分からプロポーズしなければ一生なにも起こらない可能性もあるのです。

逆プロポーズ成功例1

  • 40代、結婚10年目の専業主婦
  • グズグズしている彼をひっぱりあげた

同棲中の彼はとても優柔不断で自分で決めることができないタイプ。

過保護気味だったので、お母さんが全部やってきたからかもしれません。でも、こういうマザコン気味の人って多いと思います。同棲しようと決めたのも私だったし、女性が主導権を握らなければ何も決まりません。

結婚しようとか、そろそろ籍をいれようか、そういう話は彼から一切なかったので、私から『結婚しちゃおうよ』とプロポーズしました。

彼は特別驚くこともなく、『そうだね、結婚しようか』と話の流れでOKしたような感じでした。

改まったシチュエーションではなくて、普段の会話の延長みたいに言ったことが、彼の負担にならなくてよかったのかもしれないです。

親を巻き込んで大成功!彼が結婚を決断した一言!

付き合っている彼を自分の家に連れていくことってありますよね。気軽に遊びに行けてしまう関係は、とても素敵です。

結婚する挨拶ではなく、遊びに来ている彼をあなたの親はどのようにみているのでしょうか。結婚しなくても仲良くやってくれているならいい、そのように考えている親は少ないのです。

女性の場合、本人以上に親が結婚を焦ります。「誰かいい人いないの?」と聞かれた女性は多いはず。

親は子どもが結婚してやっと親の役目が終わったように感じるものなのです。

あなたが結婚したいなと思っていてもなかなか話が進まない場合、親を巻き込むことも方法のひとつです。「親に挨拶に来て」では彼は引いてしまうので、そうならないように彼を誘導しましょう。

逆プロポーズ成功例2

  • 30代、結婚12年目の共働き女性
  • 母親の一言が彼を変えた

友達の紹介で付き合うようになった彼はラガーマン。

社会人チームで毎週末活躍していました。お互い実家だったので、彼の家にも遊びにいき、私の家にもよく遊びに来ていました。

結婚適齢期だったし、周りの友達の結婚式によく出席していたので、私は早く結婚したいと思っていました。

でも、彼はどこか呑気なところがあって、結婚の話にはならなかったので、このまま結婚しなかったら別れようと考えはじめていました。

逆プロポーズしようかとも思いましたが、男気がある彼は受け入れなさそうで、なかなかできませんでした。ある日、彼が私の家に遊びにきたとき、母親が『あんたたち、いい加減結論だしなさい』と言ったのです。

彼と二人きりになったとき、『私は結婚したいんだけど、もしそういう気がないんだったたら別れよう』と逆プロポーズと別れの提案。

その時彼は考え込んでしまったのです。

後日、彼から話があると呼び出され、『お母さんの一言で目が覚めた。別れたくない、結婚しよう』とプロポーズされました。

逆プロポーズからのプロポーズ。母親の一言がなければ逆プロポーズもなく、結婚しなかったかもしれません。

他の男の影をちらつかせて幸せを掴んだ!モテ女ぶりを発揮しよう!

男性は結婚適齢期を意識しません。何歳でも結婚できると思っているから、女性とは焦り方が違います。

しかし、女性は結婚適齢期を意識するもの。友達の結婚ラッシュが続くと焦りますよね。

長い期間付き合っているのに一向に結婚の話を出さない彼。イライラが溜まり、この人何考えているんだろう、と疑惑さえもってしまいます。でも、その気持ちを彼に理解しろと言っても無理ですよね。

結婚に対しての考え方にズレがあると結婚には至りません。彼が結婚はまだまだ先、今は自由を楽しみたいと思っていたら、結婚できないのです。

自由を愛する彼には、自分には他に言い寄ってくる男性がいるとモテる素振りをみせましょう。

逆プロポーズ成功例3

  • 30代、結婚5年目の再婚女性
  • あなたじゃなくても他に男はたくさんいる

私は子連れのバツイチ。彼は仕事の取引先の担当者でした。すごくモテる雰囲気の彼に出会ったとき、この人と結婚しようと決めました。

もちろんライバルはたくさんいたと思いますが、他の女性のことは一切聞きませんでした。

なんとか食事に誘い出しましたが、最初に子どもがいること、バツイチであること、自分が仕事のときは母親に子どもを預けていることなど正直に話しました。私の押しの強さもあってその後付き合うことができたのです。

しかし、彼は初婚でモテるタイプ。そう簡単に結婚してくれると思っていませんでした。

このままズルズル付き合っていても都合のよい女になってしまう、そう感じていたので、あるとき逆プロポーズに賭けることにしました。

もし失敗したらそれまで。きっぱりあきらめようと決めていましたが、なんとしてでも結婚にこぎつけたい思いはありました。

彼に『私、けっこうモテるんで。あなたが結婚しなくても他に男はたくさんいるから。別にあなたじゃなくてもいいの。でも、あなたは私じゃないとダメになるわ』と恐ろしいほどの上から目線でプロポーズしてみました。

失敗する確率が高いプロポーズでしたが、なんと彼は『そういう強い言い方をする女性は他にはいないから。僕にそういう言い方が出来る君じゃないとダメだと思う』とあっさり承諾してくれたのです。

強い言い方のプロポーズでしたが、内心無理だろうとドキドキしていました。

他に男がいたわけでもないし、言い寄られてもいなかったので、思い切った見栄が成功の秘訣です。

プロポーズにルールはない!結婚したいなら彼を逃してはいけない!

プロポーズは男性がするべき、女性から逆プロポーズなんて受け入れられない、という男性もいます。

しかし、プロポーズにルールはないのです。あるのは結婚したい気持ちだけ。男性が言わなければいけないなんて誰が決めたのでしょうか。

結婚はタイミングだと言われていますよね。彼がタイミングを逃しそうだったら、あなたがプロポーズすればよいのです。

それをしなかったら、彼を逃すことになるかもしれません。

あのとき自分からプロポーズしていればよかった、なんて後悔しても遅いので、彼からのプロポーズがないなら、自分から逆プロポーズすべき。彼もあなたからのプロポーズを待っているかもしれません。

逆プロポーズの方法は人それぞれ。彼がどんなタイプなのか見極め、幸せな結婚のためにチャレンジしてみましょう!

comment please
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook

SNSでシェア

コメントをどうぞ

コメントを残す