彼氏の家の合鍵は手にした後が肝心!円満に交際する秘訣とは

合鍵をくれるということは、近々結婚する気なの?と思っていませんか?

実は、男性にとって結婚といえばかなりの大仕事。

合鍵を渡したことが彼の決意の表れというわけではありません。

しかし、結婚を意識していることは確かと言えそうです。

あと一押しするためにも、合鍵のメリット、デメリットを今のうちから理解しておきましょう。


合鍵を持つ上でのメリット

合鍵を渡せる彼女って実はそうそういないって知っていましたか?つまり、合鍵を貰ったあなたはかなり特別だということ!

それではではなく、合鍵を貰うことで、あなたと彼にとってたくさんのメリットがあるのです。メリットをいくつか紹介します。

お泊りが自由にできる

お泊りが自由にできるというのは、彼よりもあなたにとってメリットとなるでしょう。今までは、どこかで彼が帰って来るのを待っていないといけませんでしたが、合鍵を貰ったことで、自分の好きな時間に出入りができます。時間を有効的に使うことができるようになりますね。

自由に家への出入りができるようになったということは、彼はあなたを信頼しているということ。それだけではなく、あなたがいつ来ても一緒に過ごすことが楽しいと感じているのかもしれません。

居心地のいい関係性を築くことができている証拠だと捉えてもよさそうです。

家事をしてくれる

男性は、どちらかというと家事が苦手な生き物。気付いたら洗濯物が山のように積んであったり、いつもご飯はお弁当という男性は少なくありません。

そんな中、家事をしてくれる彼女は、家事嫌いの男性にとって助かる存在に。彼にとって、かなりメリットと言えそうです。特に、仕事から帰って来てご飯ができていると喜ばれるでしょう。

“この子と結婚したら、こんな生活が待っているのかな”と彼に結婚をもっと意識してもらうためにも、家事のスキルを磨いておきましょう!

ゆっくり過ごすことができる

外で会うとなると、待ち合わせ場所で待たないといけない上に、移動が結構面倒くさいですよね。合鍵を持っていると、好きな時に彼の家に行くことができます。

女性にとっても、移動などは負担になりますが、女性よりも男性の方が移動をきついと思いがち。“それなら自宅デートがいいや”と思い、鍵を渡す男性もいるようです。

誰にも気を遣うことなく、2人でゆっくりと過ごすことができるのも最高ですよね。

映画館に行って鑑賞するのもいいですが、好きな飲み物、食べ物をたくさん買って、好きなDVDを借りてきて観るというデートもなかなか楽しいもの。

2人の身体的負担が減ることは大きいメリットと言えそうです。

合鍵を持つことのデメリットとは

合鍵を持つことは、メリットばかりではありません。どちらかと言えば、彼のほうがデメリットが多くなりますが、あなたにもデメリットがあるのです。

今のうちにデメリットもきちんと把握して、未然に防ぐようにしましょう。

彼の生活を詮索しない

合鍵を渡すということは、あなたのことを信用しているということ。それにも関わらず、彼が浮気をしているのではないかとか、実は、何かやましいことがあるのではないかと詮索してしまうのは、絶対にやめましょう。

結婚するつもりなら、全てを知っておくべきだという考え方もありますが、自宅は彼のプライベートな空間です。あなたにも彼に知られたくないことの1つや2つありませんか?

もし、見たくない物を見てしまった時、あなたが彼を責めてしまい、結果として信頼を失うこともあるのです。 

結婚するなら彼の全てを知りたいという気持ちが起こした行動で、彼とあなたの関係を破滅させることのないよう、マナーは大切にしましょう。

彼の時間を邪魔しない

例えば、人間関係に疲れた時や、仕事のことで悩んだ時など、何かに悩んでいる時、男性は女性よりも1人になりたいことが多いです。女性は彼と会うことで、癒されますが、男性は真逆。1人の時間を過ごすことで回復するのです。

最近彼が何か疲れているなと感じた時は、“私が美味しい料理を作って彼を癒さなきゃ!”と張り切って彼の自宅に行くのではなく、行く前に1度、彼に家に行っていいのか確認するようにしましょう。

合鍵を貰ったとしても、彼の負担にならないように、適度なペースで、遊びに行くといった配慮が大切です。

合鍵を貰った時に気を付けたいこと

合鍵を貰った後が大切!彼からせっかく合鍵をもらったからこそ、気を付けたいことをいくつか紹介します。

鍵の取扱いは厳重に

鍵は大切な貴重品です。複製できてしまうため、恐ろしいことにも発展し兼ねないのです。せっかく預かった鍵を粗末に扱ってしまうと、彼からの信用も無くしてしまいます。

あなたが自宅の鍵を大切にするように、彼の鍵も大切に取り扱うようにしましょう。

自宅のように扱わない

合鍵を貰っていても、あなたの自宅ではありません。彼がいなくても頻繁に彼の自宅へ出入りし、自宅のように扱うことはあまりおすすめしません。

いくら彼女でも、勝手に自宅へ入ることを嫌がる人はいます。でも、“合鍵渡しといて「勝手に入らないで。」なんて小さい男と思われるかな”など、なかなか彼女に言いづらいという男性も中にはいます。

彼の自宅であるというラインは忘れないようにしましょう。

同棲のようにならないように注意

いつでも出入りできてしまうと、ついつい彼の家に入り浸ることになってしまう可能性もあります。たまに会っていた時のような新鮮な気持ちは味わえなくなるでしょう。そうなると、彼の結婚に対する気持ちが、せっかくあと一歩のところまできていたとしても、曖昧になってしまうこともあり得るかもしれません。

“同棲は長いけど、なかなか籍を入れてくれない”というような話を耳にしたことはありませんか?それは、2人の関係に新鮮さが無くなることが主な原因と言われています。

会いたい気持ちは分かりますが、彼と適度なドキドキ感を保つためにも、毎日のように足しげく通うことがないように気を付けましょう。

合鍵だけで相手の気持ちを決めつけない

合鍵を貰うということは、女性にとって幸せなことでもあり、悲観的な気持ちにもさせてしまいます。

もし、彼から合鍵を貰っていないと悩む女性がこの記事を見ているとしたら、悲観しないでくださいね。あなたの彼は慎重なだけなのかもしれないし、自分の時間を奪われるかもしれないと怯えているだけかもしれません。“私のこと信用していないんだ”とか、“私とは結婚する気ないんだ”と落ち込んでしまうと、そういう気持ちがあなたの行動に繋がってしまい、思っていない方向に彼との恋愛が進んでしまうかもしれません。

信頼関係をすぐに築ける人、そうでない人がいます。今の彼にとって、結婚するタイミングじゃないだけかもしれません。

合鍵1つで自分の幸せ、相手の気持ちを量ることのないよう、自分の気持ちをきちんと持つことが大切です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る