彼氏から連絡が来ない原因は何?連絡をしてこない彼が思っていること

付き合う前、付き合い始めた頃は当たり前のように連絡をとっていたのにも関わらず、気づけば連絡が来なくなり不安な日々を送ってませんか?

  • 彼氏がなにを考えているのか。
  • どうするべきなのか。

考えられる彼氏の意図をまとめてみました。自身の経験と当てはめながら、参考にしてみてください。

連絡が来なくなったきっかけを考えてみよう

まず始めに考えなければならないのが、以前連絡をとっていたのにも関わらず連絡が来なくなったと言う事です。

つまり、彼氏側に何らかの『変化』があるという事です。

  • この変化のきっかけは果たして何なのか。
  • 彼氏の問題なのか、彼女の問題なのか。

もしかしたらそれ以外にも何かしらのきっかけがあったのかもしれません。それ次第によって、彼女側のとるべき行動が変わってきます。

他に好きな人、気になる人がいる

連絡が来なくなり、彼女側に一番始めに頭によぎるのはこれだと思います。

付き合う前や付き合った当初は当たり前のようにあった連絡が、違う誰かにいってしまっている、と言うことは大いに考えられます。

彼女側としては絶対認めたくない事実だと思います。その思いから余計に必死になって連絡をしてしまうと、逆効果に繋がってしまいます。

他に好きな人がいるにも関わらず、現状のままでいるということは、彼氏側にとっては彼女側をキープしている状態とも言えます。

はっきりと知りたい気持ちはありますが、追及したりせずに、あくまでも『こちらから』別れを切り出し、彼氏側の反応を見る、といった事も一つの手段です。

彼女側に気づいてほしい気持ちがある

ケンカ程ではない小さなトラブルや衝突など経験がありませんか?

互いにぶつかり合うケンカであれば、双方の言い分やケンカの原因などがあればはっきり分かりやすいのですが、ケンカまでには発展しない小さな原因がつもりにつもってという事も考えられます。

いくら彼氏彼女といっても、他人と他人であるのということは変わりありません。

彼女側の当たり前が彼氏側にとって当たり前とは限りません。

彼女側が特に気にならない事が、実は彼氏側にとっては気になることかもしれません。

気にならないことがあるのなら言ってくれればいいのに、と思うかもしれませんが、彼氏側としては『気づいてほしい』または『いちいち指摘するのがめんどくさい』というような心理が働いている場合があります。

連絡が来なくなった時期を振り替えってみて、何か気に触るような事をしていないか考えてみましょう。

優しい彼氏ほど、言うのを我慢して、抱え込んでしまうといった傾向があります。

そういった気持ちに気づいてあげる事が以前よりも深い絆を生むかもしれませんね。

精神的疲労やストレスで返信したくない

カップル間の問題でなく、仕事や彼氏側の周りの環境が原因である場合も考えられます。

仕事や人間関係のストレスがたまりにたまってしまうことで、彼女だけでなく周囲の人間全てとの関わりが煩わしく感じてしまい、一人で塞ぎこんでしまいます。

あまりにひどい場合は鬱病等の診断に繋がる可能性もあるでしょう。

今やそれほど珍しくない精神的な病は誰にでも起こりえるものです。

自分の彼氏に限ってそんな事はあり得ない、と思っていると彼氏こ微妙な変化に気付きにくくなってしまいます。

以前よりも少しおかしいな、と感じたり、普段はあまり口にしないような職場や周りの環境での愚痴や悩みなどを聞いた時は、そのような予兆である可能性も考えてみましょう。

彼氏が真面目な性格であればあるほど要注意かもしれません。

彼女側としては不安ですし、本当に精神的なものから来る症状の場合はなんとかしてあげたいと思うでしょう。

ですが、無理に元気付けようとすることが逆にプレッシャーに感じてしまい逆効果になってしまうこともあります。

せめて連絡を取りたい気持ちもあると思いますが、一人にしてあげることも一つの優しさです。

彼氏の状態に合わせて、ほどよい距離感で見守り、何かしらの手助けを求める信号があった際は精一杯支えてあげましょう。

必要以上の連絡がめんどくさくなってきている

当初の頃と比べると明らかに連絡を取ることが減ってきていたとしても、それが必ずしも冷めて来ている、という事に直結しているとは言えません。

こまめに連絡を取る事がめんどくさいというシンプルな理由の場合も十分にあるでしょう。

カップルだからといって、必ず連絡をとらなければいけない訳ではありませんし、絶対に連絡をしなければいけないというように、一つの使命感に感じてしまうと付き合う事自体がめんどくさく思えてしまいます。

付き合う前はお互いに必死だったのもあり、連絡を取らなければという環境だったと思います。

逆に付き合いがいい意味で慣れて来て、二人の関係を維持するために必死になって連絡を取る必要性がなくなった、という場合もあるようです。

連絡は自信を持って気長に待ってみよう!

連絡がないと寂しい気持ちもあると思います。

しかし、彼氏のめんどくさがりな部分も理解してあげると、彼氏側も付き合い自体をめんどくさく思うことなく、理解のある彼女としてより彼女側を身近な存在であると感じてくれるのではないでしょうか。

彼氏側がついつい甘えて駄目なところを見せてしまう、着飾った自分じゃない姿を見せる事ができる彼女でいてあげると、そのようなめんどくさがりな部分も違って見えてくるかもしれません。

連絡がない事を不安に思って行動してしまうよりも、自分に自信を持ちましょう。

逆に「向こうが連絡しないと不安になってしまうような素敵な女性になって見返してやるような気持ちでいる」と、不安な気持ちも和らぐのではないでしょうか。

「自分が彼女である」という事を忘れず、自分の気持ちを見失わないように気を付けましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る