彼氏と別れた後の辛さや寂しさを紛らわす!自暴自棄にならない方法

寂しい気持ちが現れた際、出来るだけ早く孤独感を癒してあげたいと感じるのは人として自然なことです。

果たしてどのような方法で自身をなだめてあげる事が可能なのでしょうか。

出来る限りお手軽で、かつ効能が高いものに進んで取り組みたいと感じる限りです。


ふとした時に表れる寂しさを紛らわす方法

寂しい気持ちを抑える為に効果的な方法とは、どう言ったものが挙げられるのでしょうか。

いつもなら絶対参加しないイベントに積極的に顔を出す

人と触れ合う機会をいつもより多く取る方法です。

やはり相手が初めてそこにいて語り合うものは、共感してもらえれば自尊心も満たせる他、何より孤独を一切感じることがありません。

誘われたらなるべく顔を出すように努め始めたり、思い切って自発的に何かの会に飛び入ってみるのも世界観が急激に広がります。

「私は一人じゃない」と自分自身を認められた時、苦労の末そこで寂しい気持ちを手放すことに成功するでしょう。

しかし、注意点として特定の人にのみ、依存するような心構えは出来るだけ持たないように徹底しましょう。

一人の方を特別扱いし過ぎてしまえば、相手に予想外の行動を取られた時に「裏切られた」と解釈しやすいです。

また、更に他の人といようと「人と一緒にいる欲」が大きく膨れ、終いには一人で行動することもままならなくなります。

常に手や頭を動かすように忙しくしていよう

「寂しい」と強く感じてしまうのは、比較的夜などの遅い時間帯が多く挙げられます。

理由として、日中は仕事や勉学に手を振って忙しさゆえ、中々孤独を感じることが出来にくいのです。

その事を踏まえてみると、頭の中を空っぽにしたリラックスしている状況にこそ、孤独に一番襲われやすい時間帯として示せます。

なので出来る限り、日々無理しない程度に忙しく振る舞うと、寂しい感情も湧き上がってこなくなります。映画を見る、小説を読むなど手が空きそうな時こそ趣味に励む方法がおすすめです。

新たな資格を取る為に勉強を始めて見る方法も、自身の為になると同時に、自然と孤独を感じる間から抜け出せます。

また、人によっては寂しいと感じる瞬間も異なるので、自分はどんな時に強く反応するのか確かめる方法も改善へ導かれるための一歩です。

人とコミュニケーションが取れるアプリを活用してみる

誰かと話したいけど今直ぐには難しいという場合、アプリを使ったコミュニケーション方法がおすすめです。

ランダムで全国にいる色んな方と話す事が出来ますし、合わないと感じた時点で距離を置くことも簡単なのでストレスも溜まりません。

顔も見えない相手ということなので、本音で話せますし、距離が近づけば悩みに乗ってもらえる仲にまで発展できることでしょう。ワンタップで人と繋がる事が可能なところもお手軽さを受け、上手く利用すれば孤独を感じる間を生み出す事がありません。

また、気が合う相手を見つけたら実際に会ってお友達になることも可能ですが、良い人悪い人は見極める目を養う事が自身を守るために必要不可欠です。

お酒を飲みながらお笑いなど楽しい番組を見て笑う

お酒が飲める年齢であれば、程よく酔っ払う方法は、気分も高揚し非常に楽しくなります。

加えて笑える番組、お笑い等を見ながらであれば、いつも以上に笑顔が絶えず元気になれる事間違いなしです。

飲み過ぎや次の日に響かせないように適量に留めておく決断は、賢い大人の嗜み方とも言えるでしょう。

友人を誘って宅飲み会を開く方法も、寂しい気持ちを一切感じる事なく、より仲間達と絆を深める事にも成功します。

童心に返るように、懐かしのゲーム機を持ち寄り対戦ゲームを行なっても、思い出補正も兼ねてか盛り上がりを見せます。

合わせて、なるべく同性限定に収めておくことで、異性から下心を出されることもなく、心地の良い時間のみを過ごす事が可能です。

ペットを飼う(しかしよく考えた上で)

家に一人でいる時間が長いほど、寂しさ、孤独を感じてしまうのも無理はありません。

しかしながら夜な夜な遊び歩いて回るようであれば本末転倒、自身を知らぬ間に消耗させてしまうことにもなり兼ねないでしょう。

おすすめなのがペットを飼う手段です。ペットと言えば、ポピュラーな犬や猫が先に頭に浮かんできますが、家を空ける頻度が多ければ、それはペットにとっても適切な環境とは言い難いです。

ハムスターなどの小動物であれば、手がかかりにくいに加えて、鳴き声も少ないので初心者の方にも向いているペットと言えるでしょう。

しかしながら、どんなに小さな生き物でも人同様の命です。衝動的に軽い気持ちで飼っても長続きしないことでしょう。

よく考えた上で、どんなペットを家で飼ったら生活も変わるか、固い決意を結んだ上で踏み切るように務めて下さい。

目に付いた人の人生設定を勝手に考えてみる

気分転換も称して、外をのんびりと歩き散歩を行う方法です。なるべく人通りが多い場所を歩くと、気分がいつも以上に晴れることです。

歩くのに疲れたらベンチに腰掛け、目に入った人の人生設定をあれこれ考える手段法も気が紛れておすすめ、視野も広がります。

少し表情を陰らせる女の子を見つけたら「友人と喧嘩したのかな」楽しそうな男の子を見つけたら「告白がうまくいったのかな」と想像の範囲で思いっきり思考を巡らせてみましょう。

そうしている間に寂しい気持ちも吹き飛んでしまい、客観的に物事を見る事が出来る力も同時に身につきます。

気をつける点として、あまり特定の相手をジロジロ見続けて不快な思いを浴びさせないように注意して下さいね。

この機会に成長しよう!寂しさに打ち勝つ心を育てるには

常に寂しい気持ちが浮かんでくる癖が自身に見受けられれば、やはり日々しんどさを実感してしまいます。

どうすれば打ち勝てるような強い心を育て上げる事が出来るのでしょうか。

一人行動の楽しさを見出す為に、おひとりさま活動に励む

寂しい気持ちをよく心に生み出す人の特徴として、一人でいることに慣れていない方が非常に当てはまりやすいです。

分からないからこそ恐怖を実感するというように、不安な気分になってしまうのも致し方ないでしょう。

ですので、少しでも慣れるために一人で行動する癖を身につけると徐々に、孤独感を味わう瞬間も減っていきます。

一人でいることは、自由、他人を優先にしなくて良い、何でも出来るとワクワクする部類に本来は分けられるものなのです。本質を思い切り楽しみ、一人でいることのメリットも沢山見つけると、周りの目も気にしなくなるまでにも成長していけます。

先ずは「一人で電車に乗る」「一人でカフェに訪れる」「一人で映画に行く」など簡単なものから始め、徐々にレベルアップを図っていきましょう。

「私は一人で何でも出来る」と自信となれば、もう世に怖いものはありません。

また、自信が身についた女性は、男性にも魅力的に映りやすいので、好評価として受け取られ今以上にモテることです。

どんな時に寂しいと感じる?客観的に自分を分析してみよう

寂しいというのは簡単ですが、一体どういう瞬間に、深い孤独感を身体全体で感じ取ってしまうことが多いのでしょうか。

今一度その瞬間を懸命に思い出して、客観的に分析してあげましょう。イメージとして、もう一人の自分を生み出し、その人が今の状況を見たらどう感じるかを元に編み出していくと上手く行きやすいです。

人によっては、ラブラブな男女を見たとき、友人が多い人と接したとき、女性ホルモンの影響で特定の時期に起こると見出す事が出来ます。

突き止めることに成功した後は、同じ場面が起きても、前回よりは不安な気持ちを得てしまうことも少ないです。

不思議と心も落ち着き、回避するべき瞬間を知り得たので、安心感として「寂しさ」と良い付き合いが行えます。

その後自然と対処法もひらめくので「自分はこうすれば良かったんだ」と、現状が今よりもっと生きやすくなります。

無いものばかりに目を向けず、あるものを率先して見つける

「どうせ私なんか」とネガティブモードに突入すると、人はより孤独感を感じやすいです。

それは自分の無い部分に目を向けていることが理由として含まれており、更に自己を追い詰める理由としても役立たれます。

無いものに目を向けるより、今自分が持ち合わせている「あるもの」を率先して見つけていきましょう。優しい、人の気持ちを司る事が出来る、料理が人よりも得意と挙げればきりが無い事でしょう。

他にも自分はこういうところが恵まれていると、紙に羅列していくことで、整理も出来、自分自身から勇気をもらえる事が可能になるのです。

視野を広げる為に、読書を行う時間を生活の中に入れ組む

視野が極端に狭くなると、孤独感、後ろ向きなことを考えてしまいやすいので、広げることを目的に、読書する習慣を日々の中に取り入れてみましょう。

一冊、二冊と、本を読み終えるたび、価値観も徐々に代わり映えを見せるはずです。

こうすれば良かったんだと自分なりのヒントも本の中から見つけ出す事が出来るので、吸収力が高い方であれば直ぐにでも実行に移せます。

寂しい理由を突き止め、より今の悩みに近い本を手に取る方法が一番おすすめです。

寂しさを根本的に解決するには原因に目を向けるべき

寂しい気持ちを紛らわすことは可能ですが、効果は長くは続かず、再度孤独を感じる瞬間も直ぐにやってくることでしょう。

根本的な解決を求めている方は特に、何故寂しい気持ちを感じるのか、先ずは原因を探してみるに越したことはありません。

突き止めた上で、今自分に出来ることは何か、整理してみると、自ずとやるべき事が見つかって来ます。
 

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る