片思いが上手くいく1番の方法とは。距離を縮めるために注意すること

これは学生時代の話です。

といっても専門学生だった頃なので年は18、19歳というところです。

今の時代では恋愛の一つや二つは当たり前のしている方も多いこの年齢で、僕はとてもシャイで好きな女子になかなかアプローチできませんでした。

その時に生まれた嫉妬もあり、カッコ良く言えば甘酸っぱい時間の学生生活でしたが、この時の経験が後の恋愛に大きく役に立っています。

専門学校に入り好きな子ができる

高校を卒業して専門学校に入学して三か月くらいたったころでしょうか、僕に一人の気になる女子が現われました。

目立つ方ではなく笑顔が可愛い子

彼女の特徴は決して目立つ方でもなく、どちらかというとおとなしめな方です。しかし特に静かとか暗いなんてイメージは無く、笑顔が可愛い女子でした。

なんとなくではありますが彼氏の存在もなさそうだったので、なおさら気にかけてしまったのです。

他の男子ともあまり絡みは無く、それが逆に僕を安心させてしまっていた部分はあります。

しかしそれでも僕はシャイだった

彼氏もいなさそうだし他の男子も彼女を狙っているという話も無い、そうなればいつでもゴーサインが出せるはずなのですが、ここで僕のシャイなところが出てきます。

普通に話しかけるくらいが精いっぱいで、一歩踏み込んだ話ができませんでした。そんな時間が過ぎていくうちにクラスのみんなも慣れてきたのか、その僕の好きな子と他の男子が喋るようになってきてしまいます。

そこから他の男子生徒に対して嫉妬をするようになってきました。

それでも僕は一向にアプローチをかけられない

そんな嫉妬が出てきたのも関わらず、僕のシャイでウブな心が邪魔をして彼女と今以上に距離を縮めることができなかったのです。

時に二人だけの空間になったこともあったのに、そんなチャンスも潰すくらいでした。

男友達とよく話題になる「好きなヤツいる?」という話題にも「いや、特にいないかな」と答えてしまうほどで、今思ってもここまでのシャイボーイっているのかと思うくらいです。

恋愛感情が無ければ話せる自分

シャイと言っても他の女子たちとは普通に話せるのです。何の苦手意識もなくとても自然に会話ができました。

他の女子とはデートもできる

僕はそれでも女子ウケしないほうではなく、普通に女子の中に混ざることもできていたのです。

それこそ学校を抜け出してデートしたこともありましたし、過去には告白されたこともあります。

しかし、ただ僕がその女子のことは特に好きでもいなかったというだけで、発展はありませんでしたが。ただ片思いの彼女の前では意識してしまい、なかなか深い話に持っていくことができなかったのです。

冗談でも彼女をたぶらかす他の男子

時間が過ぎるごとに当たり前ですが、クラスの中はどんどん皆の距離感が縮まってきます。それは僕も一緒で、今まで話したことも無かった女子とも話すようになっていきました。

しかしそれは同時に、彼女もほかの男子と話す機会が出てくるという事で。中には「キミがいないと僕は生きられないなー」と冗談でからかっているところも見ていました。

冗談と分かっていても僕には嫉妬心が出てきてしまい、だんだんと焦りにも繋がっていったのです。

いつか誰かのものになってしまうのではないかと。

結局付き合うことは無かった

片思いも冷めることなく、なんとなく前よりは仲良くなってきたかなと思う部分もありましたが、それでも目の前に彼女がいると緊張してしまい、結局最後まで告白することなく学生生活を終わらせてしまいました。

片思いと嫉妬の時間が長かった学生活ですが、それでもこの経験が僕に今後の恋愛のヒントをくれたのです。

好きな人を意識をしない方が上手くいく。自然体こそ恋愛成就の近道

結局彼女とは付き合えず残念と言えば残念ですが、しかしここで学んだことは「恋愛は意識をしないで接していたほうが上手くいく」という事です。

好きな人の前では緊張してしまう人は多いと思いますが、緊張しないで意識していない女性とは、どんどん仲良くなっていける自分がいます。もしその人のことが好きだったなら、いつでも告白できるんだろうと思えるくらいでした。

学生時代の片思いの彼女も、他の男子は彼女のことを意識していないからからかうこともできたのです。

そこで僕が気づいたのは、緊張しててもいつも通りの自分を出していれば、彼女を作りやすいということです。

他の女性と接しているような振る舞いで好きな女性に接することで、その彼女との距離が簡単に近づいていくこと。

好きな人の前だからこそいつも通りに、これが後に彼女を作ることのヒントとなりました。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る