彼が結婚を意識していると考えられる発言!こんな言葉に注目しよう

付き合う期間に関係なく、「結婚したい」と思うのは、独身女性として当たり前のことでしょう。

そして、彼氏が結婚を言い出してくれない、そんな悩みを持つ女性も多くいます。

普段の何気ない会話から、彼氏が結婚する気があるのかどうか、それを見極めるための基準を教えます。

場合によっては、彼女から誘導するのも必要かもしれません。


アレコレごまかされてない?プロポーズの言葉を聞くまでは油断禁物

「結婚したいけどお金がないから…」と、確かに計画性があるような言いかたには聞こえるでしょう。それを信じて、お金を溜めたりするのは、結婚後の生活を考えると大切なことです。

でも、よく考えると「お金が無くても結婚している」人はいるものです。

結婚は考えているけど、今は…という言いかたは要注意です。

例えば、プロポーズをされて入籍や結婚式まで半年以内、こういう流れならいいかもしれません。ですが「プロポーズされていない」のなら、結婚しないのと同じで、「それっぽいこと」を言われても、実際に結婚しないままなら意味がありません。

女性として結婚を申し込まれたことが大切です。

中には、女性(彼女)から結婚を求められているのに、ごまかすようにアレコレ言う男性もいます。

結婚するしないにおいては、「プロポーズ以外の言葉は信じられない」が原則です。

彼が結婚を意識していると考えられる言葉

しかし、プロポーズとまではいかないものの、彼が結婚を意識した発言はあります。順番に見ていきましょう。

現実的な将来のプランを語ってくれた

将来という言葉は、結構具体的なプランがあってできるもので、途方もない計画なんて上手くいくわけがありません。

夢を追う男性、それを実現したくて頑張っているのは素敵です。

ですが、「結婚と夢、どちらが優先されるべきか」は重要なところです。

男性として夢を持っていること、それを実現するためにリアルな計画を話してくるようなら、結婚に対して意識していると判断しても良いでしょう。

付き合っている以上、いつまでも結婚しないまま、まして夢だけを追いかけるなんて、相手に失礼です。

夢があるとはいえ、恋心もあるというのは理解できますが、夢だけが目的なら、付き合う必要はありません。

彼氏が、夢に対して現実的で、あなたを含めたプランを話してくれるなら、結婚を申し出てくる日も近いかもしれません。

「結婚したいね」と言われた

結婚について「したいね」と同意を求めるようなら、次はプロポーズかもしれません。

実際に、「前フリがあってプロポーズされた」という女性は多く、彼氏としても探りを入れているタイミングなのです。女性の中にも、「結婚はしないけれど」という考えがあって、それを男性は知っています。

もし自分の彼女がこういう考えで、いざプロポーズしても失敗するようなら、それはなるべく避けたいと考えるでしょう。

度胸ナシ!と思うかもしれませんが、昔ほど男性も突き進むタイプではなくなりました。

大切な彼女と思ってくれているからこそ結婚したいと考え、それを叶えたいと思うわけです。

もし「結婚したいね」と同意を求めるような発言があったなら、それなりの態度で示して、プロポーズを心待ちにしていても良いでしょう。

「一緒に住もう」と言われた

「一緒に住もう」なんて、よほど生活に困っている以外は、一緒に居たいからという気持ちがホンネです。

同棲すると、ダラダラ一緒に居て、結婚のタイミングを逃すこともありますが、男性だってそんな気持ちで同棲を持ちかけるわけではありません。

男性に、「同棲するのは結婚する気があるから?」とアンケートしてみると、9割近い人が、その通りと答えています。

同棲自体を軽く見ているわけではないということ、一緒に住むということは結婚が前提であるということが分かります。

お試し同棲なんてこともありますが、生活を共にすることになる結婚は、事前に色々知ることで、離婚のリスクを減らせます。彼氏だって、結婚してから離婚するなんて避けたいのです。

同棲は「結婚する気があるから」と思って間違いないでしょう。

ただ、同棲することで分かるものもあって、それが理由で別れに繋がることもあります。離婚するよりはマシかもしれませんし、もしかしたら結婚までに修正できることかもしれません。

同棲しても結婚まで行きつくには、それなりのハードルもあるということです。

「親に挨拶に行こう」と言われた

彼氏の発言に、結婚のワードがちらほら出てくるようになり、彼女であるあなた自身もそれを感じるようになったとしましょう。

ですが、両親への挨拶はどうでしょうか。

「親(義理の親)に挨拶に行こう」と言われたのなら、早くに決断してあなた自身も覚悟を決めるときです。

男性が親への挨拶を言い出す場合、「付き合っていることに覚悟を持つ」ときと言っても過言ではありません。

逆に、親にこそこそする彼氏なんてイヤですし、ちゃんと筋を通してくれるのなら、結婚を含めて将来を期待できることでしょう。結婚後になにかとトラブルも生みやすい、親の問題です。

結婚するとなると、二人だけに関係することではなくなります。

幸せな結婚生活を考えるなら、絶対に親への挨拶は必要で、これが済まないと結婚スタートからつまづく可能性もあります。

男性が結婚を考えるとき、嫁と姑のことは少なからず気にしています。

永遠にマザコンとも言われる男性なので、その二人にケンカ別れしてほしくないと、理想を描いてもいます。妻になるあなた自身、できることなら姑とは仲が良い関係を築きたいと思うでしょう。

もし彼氏が親への挨拶を切り出したのなら、なるべく早くカタチにするようにしましょう。

結婚後の具体的なプランや将来の夢を話された

結婚に向けた話が大切ですが、結婚後の生活が彼氏の頭の中に想像できているか、これも重要になります。

「結婚したい~」とだけ口にする男性は、きまって結婚後の明確なプランがないので、「してもいいけど、まだ先かなぁ」と考えている人が大半です。

コレとは違い、

  • 「結婚したら〇〇万円貯めたい」
  • 「結婚したら○年後に家を建てたい」

と言うのなら、結婚後の生活をちゃんと考えていると言えます。

今、付き合っている彼氏は最愛の相手と思っていても、結婚となると二の足を踏むのではありませんか?結婚に対して前向きなら、結婚する気があって、ちゃんと先に進んでいること、これが大切です。

明日いきなり結婚はできませんが、それでも着実に前に進んでいるかを、定期的に確認するようにしましょう。

親や兄弟、親戚の具体的な話をされた

親への挨拶と同様に、彼氏が親族の話をするなら、結婚する気があると思っていいでしょう。結婚すると、親兄弟と同じようにあなたも家族になるワケで、迎え入れられる立場になるのです。

全ての親族が良い人とも限らず、癖がある人もいるのが普通です。

彼氏としても、「事前にそれを分かってほしい」からこそ、結婚する気があるなら、こういう話しをするハズです。

直接会って紹介されること、少なからず「こういう兄弟でね」と、話しをされるようなら前向きに考えてくれています。

中には、付き合って数年経つのに、家族の素性すら話さない男性もいて、明らかに怪しいなんてケースもあるようです。気になるようなら、彼女であるあなたから聞いても良いでしょうし、これを話せないようなら、怪しいと思っても不思議ではありません。

大切で、人生の節目となる結婚ですから、慎重さも必要なのです。

結婚前提で付き合うのが大人の交際、結婚する気がないなら見切りも必要

大人になり男女が付き合うということ、結婚前提として付き合うのは全てのカップルに言えることでしょう。

不倫や浮気であっても、その恋仲が進めば、今の結婚相手と別れ、本気の付き合いとなります。

やはり行きつく先は結婚することになります。

色々な事情があるとはいえ、付き合っているなら「この人と一緒になりたい」と考えるのが女心です。

中には悪いオトコもいて、そのときだけカラダの関係を望んでいる人もいます。こういう場合、あなたは「都合のいいオンナ」にされている可能性があります。

とはいえ、女性から付き合うということを見ると、「結婚前提」というのは大原則ですから、今の彼氏にそれを分かってもらう必要があります。

もし、結婚する気が無いのであれば、それが少しでも見えた時点で、厳しいようですが見切ることも選択肢のひとつです。

結婚しない彼氏より、「結婚してくれる旦那」のほうが大切ですから。

結婚する気がある付き合いかたは違う、「口だけ結婚」に騙されないように

男性はハッキリ言って、「結婚に踏み切れない」という人がたくさんいます。

あなたの彼氏もそうかもしれません。

確かに理由はあって、経済的な面や、付き合うのとは違う「結婚してやっていけるか」を気にしているのも事実です。

ですが結婚は、「やってみなくては分からない」部分が多く、どれだけ準備をしてもどうなるかは分かりません。

女性としては結婚したいと思うのが普通で、「待つ立場」になる時期がやってきて、待つほどに不安が増すことだってあるでしょう。

普段付き合っている中で、何気ない会話から注意して、本当に結婚する気があるのか?だけは探ることができます。あまり突っ込み過ぎるとケンカになるので、十分注意が必要ですが、最終的に「結婚できるか?」が一番重要です。

さりげない会話から導き出すように、結婚したい事を匂わせるようにして、本気かどうか?は、付き合いが長くなり過ぎないウチに確認しておきましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る