結婚準備が大変で鬱になる女性が続出!鬱にならないための対処法とは

大好きな人と、ついに結婚をすることになったときに、幸せでいっぱいの状況に浸って過ごすことができますよね。

結婚式に向けて、結婚準備をしていくことになるかと思いますが、この結婚準備が本当に大変な作業であるということは、経験をしている人であればだれもが一度は思ったことがあることではないでしょうか。

そんな大変な結婚準備のさなか、鬱になってしまう人も中にはいるようです。

結婚準備をしている間に鬱になってしまわないようにするためには、どうしたらいいのでしょうか。

対処法についてまとめてみました。

結婚準備で鬱になってしまうその特徴とは?

結婚準備をしているうちに、だんだんと結婚に対する不安などにより、ストレスがたまってしまうことが原因で鬱になってしまう場合があります。

なかなか夜寝つけなかったり、食欲がなくなってしまったり、急に不安感に襲われるなどといった症状が特徴です。

お見合い結婚をするときよりも、実は恋愛結婚をする人たちが鬱になりやすいというのです。

女性は、結婚をすると今までと全く異なる生活環境になっていきます。

続けてきた仕事を辞めて家庭に入る人もいますし、いずれは出産や子育てといったことを経験する場合も考えられます。

また、結婚をすることで、住み慣れた土地から離れて生活が始まるとなると、不安も募りますし、相談や気軽に話を聞いてくれる人も近くにいないとなると、より鬱になってしまう傾向にあります。

パートナーの支えが必要不可欠となってきますので、このように不安からストレスをためないように、できるだけ自分の中に溜め込まないように心がけていきましょう。

結婚準備で鬱にならないようにするためには?

結婚準備は、細かいところまで決めていかなければいけませんし、何よりもお互いに働いていながらであれば、時間が取れるのは、休日くらいになってしまいます。

また、一緒に休みが取れるのであれば、共同作業をして進めていくことができますが、お互いの休日がなかなか重ならないという人も多くいるのが現状です。

スムーズにコミュニケーションが取れるといいのですが、なかなかうまくいかない場合、だんだん気持ちが沈みがちになってきてしまいます。

うまく鬱にならないようにするためにも、どのようなところに気を付けていけばいいのかについて、具体的にご紹介していきたいと思います。

相手を期待しすぎないようにすること

不満を抱いてしまう原因というのは、相手に対して期待をしすぎてしまっている場合がほとんどです。

そのために、その期待に応えられないといったときに、今まで自分たちが育ってきた環境の違いなどから、考え方の違いなども出てきたりするのは当然のことなので、自分の考えがすべて通るということは思わないようにしましょう。

結婚準備について話し合うことはたくさんあるかと思いますが、自分の考えを相手に押し付けるようなことはしないで、相手の気持ちも尊重するように心がけましょう。

気分転換をすること

気分転換をすることで、だいぶ心にも余裕が出てきますし、前向きな気持ちにもなっていきます。

一人で考え込んでしまうと、気持ちまでもが沈んでしまい、鬱になりやすくなってしまいます。

結婚準備に時間ばかりかかってしまい、気持ちにも時間にも余裕がなくなってきてしまうと、ストレスも溜まってしまう一方です。

できるだけ、ストレスをためないようにするためにも、気分転換を意識して行うようにしていきましょう。

たまにはおいしいものを食べに行ってみたり、一人で出かけてみるというのもいいでしょう。

友だちと一緒に食事をしながら話を聞いてもらうということだけでも、十分気持ちが前向きになっていきますので、おすすめです。

今までの二人の思い出を振り返ること

二人でいるときの楽しかった時間や、記念日などに出かけた思い出などを振り返ってみましょう。

付き合い出した頃などは、お互いにまだドキドキしていた時間が多かったと思います。

そのような頃を思い出したりしていると、心が温かくなるような、幸せな気持ちに包まれていく感覚になるはずです。

写真などを見て振り返ってみるのもいいですね。

思わずニヤけてしまったりするような思い出に浸っていくうちに、これからも何か困難が訪れたときは二人で乗り切っていこうと決意を新たに進んでいくことができるでしょう。

気持ちが前向きになれたころには、パートナーと頑張っていこうと思えるはずです。

話し合いをする時間を作ること

できるだけ、話し合いができる時間を作るように心がけていきましょう。

お互いの考えに耳をかたむけるということも大事ですので、自分の意見だけではなく、相手の考えを聞いて、良い方向に進めていくためにはどうしたらいいかを話し合えるようにしていきましょう。

結婚準備は一人ではなく、二人で進めていくものですので、もし時間があまり取れないといった場合でも、コミュニケーションを密にしていくためにも、電話やメールなどで連絡をマメにとるように心がけていくことが何よりも大事です。

たまには時間に身を任せてみること

どうしてもうまくいかなかったり、結婚準備がなかなか進まなかったりするようなときには、何も考えずに、時間に身を任せてみてはいかがでしょうか。

何も考えないように、とにかく自分の好きなことをして過ごしていけば、心も軽くなっていくはずです。

結婚準備に対して思いつめないように、時間の流れに任せるようにしておけば、結婚準備もスムーズにいくこともありますので、思いつめないようにしていきましょう。

鬱にならないようにするための対処法とは?

結婚準備におわれて、気が付けば鬱になっていた、ということを回避するためにも、どのようなことがいいのか、その対処法についてご紹介していきたいと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

普段通りの生活を心がける

ストレスがたまったりしてしまうと、何に対してもやる気が起きなかったり、気持ちも不安定になってしまったりしますよね。

できるだけ普段通りの生活を送るように意識していると、だいぶ気持ちも落ち着いてきます。

あまり深く悩みすぎてしまうことがないように、人と関わるようにしてみたり、好きなテレビを見たりなどして過ごしていると明るくなっていきます。

深呼吸をしてみる

深呼吸は簡単にできることですが、リラックスするには一番効率よくてどこでもすぐにできてしまう方法です。

大きく深呼吸をすることで、脳に刺激を与えて、体全体をリラックスさせてくれます。

また、気分的にも落ち着いていきますので、まずは深呼吸をして、気持ちを落ち着かせtみましょう。

そのあとに、大好きな人と出会えた奇跡と、結婚をして結ばれる喜びをもう一度思い出してみましょう。

結婚準備という目先のことだけにとらわれないで、ステキな未来を想像したりするだけでも、前向きに頑張ろうという思いが生まれてきますよ。

結婚準備は楽しむものと考えよう!

鬱にならないためにも、結婚準備は楽しんでやるものと思い込んで、うまくいかないときがあっても、適度に気分を変えて、あまり思いつめないようにしましょう。

完ぺきにやろうと思ったり、自分の意見だけを貫き通そうとするのではなく、二人で一緒に協力会い合いながら進めていきましょう。

後で振り返っても、結婚準備期間が充実したものと感じられますように。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る