MOTETOKO

結婚生活に必要なのは愛というけれど?それ以外の大切なものとは

  • HOME
  • >
  • 結婚
  • >
  • 結婚生活
  • >
  • 結婚生活に必要なのは愛というけれど?それ以外の大切なものとは
comment please

SNSでシェア

  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook


結婚生活に欠かせないのが、愛であることは間違いありません。

ですが上手くいかせるためには、コツみたいなものがあって、必要なモノはッ夫婦によっても違ってきます。

マンネリしたり、空気みたいなお互いの存在となるよりは、円満で楽しい結婚生活を迎えるために、必要なものを調べてみました。

結婚は生活であって、付き合っているのとは違うということ

結婚前の前哨戦、それが同棲であったり付き合うということです。

しかし、結婚と付き合うのとでは大きく違うのも忘れてはいけません。好きだ惚れたと言うだけでなく、その相手と生活をしていくのです。

同棲は結婚に近いものがありますが、責任感や社会的信用が違ってきます。

結婚するということは、伴侶を迎え社会的にも認められることです。

誓いの言葉にあるように、「病めるときも健やかなるときも…」というのは、本当にその通りなのです。どうあっても異性としてのパートナーは、結婚する相手のことを言います。

そういう意味では、ケンカ別れして終わりなんて言えなくなりますし、なんとか気分を落ち着けて、共に生きていくという選択しかなくなります。

好きな気持ちがあるといえ、結婚は付き合うのとは違い、「覚悟」を持っておく必要があるのです。

愛さえあれば何もいらないと言うけれど?

結婚生活で何が必要?と聞くと、一番理想的な答えは「愛」かもしれません。

ですが、愛があるのは前提で結婚するわけで、実際には「愛以外の準備」がたくさん必要になります。

愛以外のものが揃わなくて、結局不仲になったりして、愛が目減りすることもあるのです。結婚生活に必要なものは、「生活に必要なもの」と考えると良いでしょう。

その中身を並べて説明する必要もありませんが、さらにそれ以外では「互いの理解」があるとスムーズです。

生活というのは、それまでに育った環境や慣れというものが、非常に重要になってきます。

他人からは理解しがたい生活スタイルであったり、付き合っている段階である程度分かっていたとしても、実際結婚すると意外な一面が見えるものです。

今から始まる生活の準備と、互いの理解が結婚には必要なモノとなるでしょう。

生活を考えるなら子供も必須?子供がいる・いない生活

様々な事情で子供を産むかどうか、迷ってもいいし選択できる時代です。

一般的な考えでいけば、結婚→出産はタイミングが違っても、普通の流れと言えるでしょう。

「結婚が生活」とすると、お互いを好きな気持ちが薄れてしまいそうな言い方にも聞こえます。常にラブラブならいいのですが、生活するなら「疲れる」瞬間も出てくるでしょうから、常にというわけにはいかなくなります。

安心できる環境と、常にラブラブという環境は、ハッキリ言って矛盾しています。気持ちは生活の中で、薄れたり変化したりします。

それを考えると、愛する気持ちが維持できるウチに、子供を作るというのは間違いではありません。

ケンカしたりするときも、子供がいるからと無理やりにでも仲直りできたり、メリットはたくさんあります。

子育てという、同じ趣味を持つようなものなので、子供がいる生活は夫婦関係にもメリットをもたらします。「子はかすがい」というのは、本当で夫婦は扉とそれがついている柱のようなもの、それを繋ぐのは金具(かすがい)です。

気持ちが何より重要!思いやりと愛は違うもの、そう考えるのが吉

愛があれば思いやりがある、誰も言わないのにこういうイメージがありませんか?

結婚後は特にそうですが、愛と思いやりは違います。

「相手を好きだけどあまり夜はしたくない」そういう夫婦はごまんといます。

思いやりとは、相手のことを考え配慮するのですが、これは友人でも同じことが言えるでしょう。

友人との親密度にもよりますが、友人とは基本的にはしません。でも生活を共にする相手であれば、友人以上の関係性が必要になるはずです。

男女が一緒にいすぎると、愛が薄れてくるのは間違いありません。

少なからず、愛のカタチが変化していきます。変化した先が思いやりであって、友人に想うそれとは違ったものです。

男女ともに、一方的に愛を求め続ける人はいますが、それが返ってこないとしても、思いやりに変化したと考えるのが吉です。愛がなくなったわけでもなく、決して愛していないのではありません。

ただ日本では「愛してる」という表現は、どんなに仲のいい夫婦でも、一時的なものでしかありません。

長く一緒に過ごすには、愛よりも少し軽い思いやりが必要です。

マンネリした結婚生活には刺激を!大人の〇〇でマンネリ解消

付き合いが長くなっても同じですが、マンネリするのが男女の関係です。

近すぎる関係は、いっときの小休止で元に戻ったりします。

結婚生活に必要なものとしては、少し微妙な表現ですが、大人のオモチャが必要という夫婦もいます。

実際には結婚後に買い揃えることのほうが多いようです。

セックスはエッチとは言わず、いわゆる夫婦生活となってきます。慰め合う相手も互い同士しかいないわけで、付き合いが長くなっていく分だけ、セックスも濃厚なものになることが予想されます。

夫婦生活が一番盛り上がる年齢をアンケートすると、40代終盤までが一番多い回答となっています。

30代で結婚したとしても、それまで10年近くなるわけで、10年も同じ相手とセックスしていれば、中身にも変化が必要です。

どれだけ満たされたとしても、「飽きる」という感情は、人間には仕方のないことです。

でも、飽きるのは極力避けたいですし、今ラブラブだというカップルも、いずれはやってくるこの時が残念でなりません。

そうならないために、性的な部分をお互いに理解して、大人のオモチャを刺激の種にするのも、実は必要なことなのかもしれません。

年齢に応じた買い物が必要になる?家を買うタイミングは早いウチに

結婚生活に必要かは分かりませんが、一般的には家を買うタイミングがやってくることでしょう。

鳥の巣作りのように、人間もパートナーとの巣が必要になります。

家は人生で最大の買い物という人は多く、そのタイミングは経済事情により様々です。

ですが、最近では20代で家を持つという若者も多く、晩婚化しているとはいえ、家を買うのは早くなってきているというデータもあります。いつ買うのかはハッキリとした指標はありませんが、年金の問題など国に頼れない日本においては、自分の借金は早いウチに終わらせるのが無難です。

70歳まで働ける時代とは言いますが、40歳を越えると病気は何が起こっても不思議ではありません。

皮肉なことに、寿命が延びた分若いうちに発症する病気も多くなっています。

もし家を買うなら、結婚生活に必要なモノと考え、できる限り無理はしないで早い段階で買うことを考えておきましょう。

結婚生活は長くなる前提で準備して!今の準備は先の貯えになっていく

家を買う早い決断も、大人のオモチャも並べると変ですが先の貯えになると思ってください。

結婚は1年で終わるものではありません。

その相手とは、長くいる前提で物事を考えなくてはいけません。今やることは、10年後に影響してきます。

それが結婚というもので、いっときの気の迷いで付き合っているのとは、わけが違います。

先を見据えるために、結婚生活に必要なモノを見つけるような考え方が、ひいては結婚そのものを幸せなものにすることに繋がります。

comment please
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • facebook

SNSでシェア

コメントをどうぞ

コメントを残す