結婚指輪の相場はどのくらい?理想の指輪を探すなら素材にも注目を

結婚を誓い合った男女が、その後の人生において肌身離さず身に着けることになる結婚指輪。

結婚指輪の購入を控えたカップルや夫婦にとって、どのくらいの値段の指輪を買うのが妥当であるかは悩みのタネになることもあります。

人それぞれだと思いつつも、周囲の夫婦の結婚指輪のお値段も少し気になってしまうところです。

それでは、実際の相場と、指輪の種類によって変わる値段の傾向を見ておきましょう。

知っておきたい結婚指輪の相場

結婚指輪の値段は収入によって変わるため、年齢を増すごとに上昇する傾向にあります。

20代夫婦は2人で15~30万円程度

働き始めたばかりで結婚を決める夫婦も多い年代のためか、指輪のお値段もやや低めです。

自分たちの生活のスタイルを安定させるためにお金が必要になるので、抑えるべきところは抑える傾向にあるようです。

また、就職と同時に自動車ローンなどを組んでいる人だと、ローンの支払いがまだ残っていることがあり、そのような支出の多さゆえに指輪にお金を使いにくい場合もあるようです。

30代になると2人で20~40万円程度

30代を超えると、経済的にゆとりが出てくる人が多くなるため、指輪に使う金額もやや高くなります。

また、大人として落ち着いた年齢になったことで、派手さよりもシンプルで質の高いものを選ぶようになります。

なお、40代となると30代とさほど指輪の購入額は変わらなくなるため、20代と30代の境目が指輪の相場の変わり目と言えるでしょう。

結婚指輪は婚約指輪よりも安め

ダイヤモンドなどの宝石がメインとなる婚約指輪は、どうしても値段が高くなりがちです。

一方で、普段使いに重点を置いた結婚指輪は、日常の動作の邪魔にならないシンプルなデザインが人気なので、宝石などを控える分、やや値段が安めになります。

ただ、婚約指輪は女性のみが着けるのに対し、結婚指輪は男女両方が着けるものですので、2本分のお金が必要になることを忘れないようにしましょう。

婚約指輪と結婚指輪どちらが大事?女性の意見

婚約指輪と結婚指輪はセットとして考えられがちです。

ですが、婚約指輪を買わずに、結婚指輪のみにお金を使う夫婦もいます。

婚約指輪と結婚指輪のどちらを重視するかは、価値観によって様々なようです。

「プロポーズには指輪も華やかさが一番」という意見

婚約指輪を重視している人は、プロポーズを一大イベントとして考えている人が多いです。

したがって、結婚という人生の晴れ舞台には、プロポーズは指輪という華やかなものが必須となります。

形式的なものだと考え敬遠する人もいる婚約指輪ですが、女性の憧れであることは現代でも変わらないようです。

「普段使いの指輪にこそお金を使いたい」という意見

やや堅実なタイプの人は、婚約指輪よりも、普段から身に着けられる結婚指輪の方が大事だと思う傾向にあります。

30代以上の女性であれば、自身のキャリアアップや出産など、様々な目標を持っており、お金の使い道についてシビアな考えを持っているようです。

価値観の違いで予算も変わる

カップル・夫婦に考えは大きく異なるので、それによって予算は多少上下します。

年齢によっても考え方は変わりますが、予算を決める場合は、何より、パートナーが持つこだわりを考慮した方が良さそうです。

結婚指輪のデザインはどう選ぶ?

結婚指輪の値段の目安を知ると、予算に合わせてどんな指輪のデザインがあるのかも気になってくるでしょう。

最初から予算に合わせて探すことで、「気に入ったデザインなのに買えない」という悲しい気持ちを味わわずに済みます。

婚約指輪とのセット感を重視

結婚指輪のデザインを迷っているのなら、婚約指輪とのセットリングがおすすめです。

お財布に余裕があるのであれば、最初からまとめて購入してしまうのもいいでしょう。

婚約指輪は、結婚後にお祝い事の席などで、結婚指輪と重ねづけできることも魅力のひとつです。

それを見越して、セットで選んでおくと失敗のリスクを避けられます。

また、全て揃えるとどのくらいの値段になるのかをあらかじめ知っておくことができるので、先の見通しが立てやすくなります。

おそろいのデザインで一体感を

婚約指輪を買わなかった夫婦は、結婚指輪のデザインをおそろいのものにしてみてはどうでしょうか?

ペアリングのような感覚になるので、いつまでも一緒でいられる気持ちになりますし、男性も着けられるデザインとなると、シンプルなデザインがメインになり、価格も抑えやすくなります。

また、少しアクセントが欲しい人は、同じ形でありながらも色違いのリングにしたり、幅を少し変えるなどすると良いでしょう。

2つ合わせると1つのモチーフに

ちょっと個性を演出したい夫婦におすすめなのは、2人のリングを合わせると1つのデザインになる結婚指輪です。

ハート型の模様が片側ずつ彫られているデザインなどは目にしたことが多いのではないでしょうか?

ぱっと見ではハートに見えないので、男性でも身に着けやすいでしょう。

迷ったらブランドの人気デザインも見てみよう

ティファニーやカルティエなどの有名ブランドでも、10万円台後半から指輪の取り扱いがあります。

もちろん、中には40万円を超える指輪もあるので、高価な記念の品としたいと思っている人も選び甲斐があるはずです。

また、4℃やスタージュエリーなど、ブライダルリングを主に扱っているロープライスブランドもあるので、ブランドだからといって構える必要はなさそうです。

シンプルでも安いとは限らない!素材の違いとは

結婚指輪は、宝石の有無やブランド物かどうかだけでは値段が決まりません。

指輪の値段は、リング本体の素材の種類によって大きく変わるのです。

プラチナは結婚指輪で最も選ばれている素材

プラチナはその持ち前の硬度ゆえに、長く使う結婚指輪ではとても人気の素材です。

硬いけど加工も可能なので、サイズの変更ができる点も魅力です。

また、金属アレルギーを引き起こしにくいので、万人向けといえるでしょう。

ただ、値段がほかの金属よりも高く、指輪1本分の原価ですら3万円ほどになることもあるので、デザインや装飾品によってはさらに高価なものになります。

しかし、使用する期間を考えるとコストパフォーマンスが良いとも考えられますので、いずれにしても外れのない素材なのかもしれません。

女性用はピンクゴールドも人気

プラチナの無機質な感じが苦手、という人は、可愛らしい印象のピンクゴールドを使用した指輪はどうでしょうか?

女性らしい柔らかな色合いなので、華奢なデザインによく合います。

プラチナよりも安価ですし、かつ、デザイン性とのバランスも取りやすいので、特に若い世代を中心に選ばれることが多いです。

価格を抑えたいけどおしゃれさも欲しいと思っている人にはおすすめです。

プラチナと同等?パラジウムとは

プラチナに代わる指輪の素材として注目されているパラジウム。

パラジウムは、プラチナよりも硬度が高く、かつ安価であるという点で注目されています。

デメリットは、硬さゆえの加工のしにくさと、金属アレルギーです。

また、安価といわれていたパラジウムも、排ガス処理の際の触媒として需要が高まり、価格が高騰してきているようです。指輪を購入する際は、価格の変動も気に留めておいたほうがいいかもしれません。

なお、パラジウム製の指輪を取り扱っているお店は少ないので、下調べをしてから買いに行くのがベターです。

結婚指輪はライフスタイルに合わせた価格で

結婚指輪は、物でありながらも、夫婦の生活に寄り添う存在です。

これから幸せな結婚生活を送るためにも、指輪が金銭面で負担になるようなことは避けたいところです。

ブランドで揃えるのも魅力ですが、価格を第一に考え、その中からデザインを探す方が賢い大人の選択かもしれません。

夫婦2人が納得できる結婚指輪で、幸せな結婚生活を彩りましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る