恋人との喧嘩は早めの仲直りを!小さな火の粉が別れにならないために

ちょっとしたケンカは、大きな別れに繋がる可能性があります。

別れてしまっては、あとから後悔してもしきれない、そうならないためにケンカは早く治めましょう。

筆者は小さなケンカから、結果として別れに繋がったことがあります。

ほころびを別れに発展させないためにできること、これを知っておきましょう。


他人同士が一緒にいればケンカするのは当然のこと

恋人同士がケンカをすること、これは当たり前であって、ケンカがないカップルなどいませんし、どちらかがガマンしているだけです。

イヤなことがあって、ケンカをしないというなら、必ずガマンしている側がいるのです。

それが大爆発しないために、こまめにケンカをしていると言っても良いでしょう。

ケンカの回数に差はあるでしょうが、多かれ少なかれ「あって当然」なので、ケンカそのものに悩む必要はありません。多すぎればそれだけ疲れるだけですし、いずれは嫌気がさすので、回数は少ないほうが無難と言えます。

意見の違いを知って、それを合わせていくためにケンカをするのは、カップルとして成長するためにも、必要なことと言えます。

小さなほころびが大きな原因に!小さいウチに補修しよう

ケンカが多くても良い、というわけではなく、いつまでも溝が埋まらないままでは、いずれ大きなケンカとなり別れのリスクが出てきます。

小さなことでケンカをしても、それがいつまでも続いたりすると、段々と相手が憎くなってくるでしょう。

読みながら、「そうそう」と思いませんか?

相手が憎くなると、二人の間に大きな裂け目ができてしまい、良い結末は迎えられなくなる日がやってきます。

我慢していたことが火種で別れに発展する

ケンカのときには、普段言わなくてガマンできていることも、相手を傷付けたいために、ポンっと余計なひと言が口に出てしまいます。

これは当然ながら、別れへの火種になってしまいます。

筆者も起こると口に出る性格だったので、相手が悪い発端のケンカでも、自分が言い過ぎたために、結果として別れることになった経験があります。

相手が悪いなら、本来は自分が優位で、謝られたりする側です。

自分が相手を問い詰めて、余計なひと言で振られるようなことになれば、後悔しか残りません。

悪くないのは自分でも、仲直りのための時間は、なるべく早いほうが良いと言えます。

我慢して一緒にいる義理はない

お互いが好き同士で付き合っていても、別に一緒にいる義理はなく、いつ別れてもいいのを忘れてはいけません。

相手がこう思うと、ケンカをきっかけに仲がどんどん悪くなり、そのケンカは発展していくことしかありません。

付き合っていても、例え結婚しても、親子でもない限り、血のつながりもないのですから、一緒にいる義理なんて存在しないのです。

ですから、「イヤだ」と思えば別れを告げて去る、そういう考えの人もいることを覚えておきましょう。

筆者は、これをカン違いして、ケンカが発展しても治めることをせず、結果離れていった恋人がいました。

「乗り越えられるケンカ」と「そうでないケンカ」は見分ける

カップルには、乗り越えられるケンカとそうでないものがあり、これを間違わずに絆を深めていかなくてはいけません。

絆が深まった先に結婚というものがあり、それまでは試練やハードルの連続と言えるのです。

乗り越えることができないケンカを、気持ちや感情だけで突き進めた場合、当然ながら「別れ」がやってきます。自分と相手、そのどちらも分かれという決断をする、そういう気持ちになりかねません。

普段よくあるケンカだからと、何の気なしにいるようでは、気付かないところで足元をすくわれる可能性があります。

このくらい大丈夫とあぐらをかかないこと!別れてからではもう遅い

「このくらい」と、勝手な気持ちで二人は大丈夫、なんて思っていてはいけません。別れてからでは、取り返しがつかないからです。

復縁できるなら良いのかもしれませんが、ケンカをしないこと、コレが一番理想というのは皆同じです。

ワザとケンカをしてはいけませんが、ケンカになるようなら、小さなことでも気にしたほうがいいでしょう。取り越し苦労で、別れるほどに発展しないとしても、それはあぐらをかいているよりずっとマシです。

どこまでが「いつものケンカ」なのかは、自分と相手とでは捉えかたが違うものです。

大きな失敗に繋がらないために、日ごろのケンカも放っておくのではなく、なるべく早い解決と仲直りを忘れてはいけません。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る