既婚者と二人で会うときの注意点。トラブル回避のために注意すること

既婚者の男性から食事または飲みに誘われた場合、空気的に二人で会わざるを得ない状況だと察知した場合、その後どういう返事を出すべきでしょうか。

相手は結婚しているということなので、安易について行っても良いものか深く考えてしまいますよね。

しかし、少しでも相手を素敵だと感じていたなら、勿体無い気がしなくもありません。

今回は二人で会いたい意図を示してくる既婚男性の心理、会う時に気をつけること、また会った後どんな変化が身の上に起こるのかをご紹介いたします。


二人で会いたいと言ってくる既婚者男性の心理

二人きりで会いたいと誘ってくる既婚者男性は、一体どういうことを考えているのでしょうか。

好きになった、もっとあなたのことを知りたいと感じているから

妻がいる身でありながらあなたを好きになってしまったからです。知り合って日が浅い関係ほど、あなたはどんな性格をした女性だろうと彼の中の興味が尽きません。

手っ取り早いのが、二人きりでお酒でも飲みながら語り合うという形式なので、グイグイ会いたい気持ちを出しています。

また、この段階で相手男性は自分が既婚者であることを頑なに隠していたり、知られていたとしても少しも悪びれる様子はありません。

ただ”仲良くなりたい”という気持ちに、一心になっているだけなので、良く言えば素直な男性と言い切ることが出来るでしょう。二人きりで話してますます気が合うと感じれば、本気モードに突入するように、相性を確かめたい気持ちが原動力です。

ここで断っても自信満々の男性であれば、めげずに再度挑戦してくることでしょう。

下心を秘めている

あわよくばと下心を隠しているからです。

奥さんと現在仲が悪かったり寂しい気持ちが通常よりも高まっている時期は、そのような気持ちもよこしまながらに芽生えてしまいます。

「ちょっとくらいなら大丈夫だろう」と甘い気持ちから、最初は言葉を濁しても「二人きりで会いたい」有無だけは正確に伝えているのです。流れや運が良ければその日のうちに関係を持てることも相手は知っているので、その少しの希望にかけているとも言えます。

また、そういう男性はなるべく口が固そうな女性に狙いをかけるのも特徴的なので、見方を変えれば誘われた時点で誠実そうな女性と思われているわけです。

中には、「断るのが苦手そう」と押しに弱い女性を重点的に選びたい男性もいます。

このように下心を秘めた男性は、顔の表情をじっと見てみると、口元がにやけていたり、締まりがないのが特徴的なので、嫌だと直感でも感じた時点で潔く断ってしまいましょう。

また、絶対に下心を満たしてあげたくないと感じたら、遊んだとしても、物理的に二人きりになれる場所だけは選ばないように気をつけてください。

半分冗談、もしOKされたら儲けものくらいの感覚

特に何か決意した様子もなく、半分冗談くらいの気持ちです。

断られたら「俺が既婚者だから」と都合の良い逃げ道が用意されているので傷つきませんし、運良くOKしてもらえたら「良い男だから」だと自画自賛したがります。

また、女性をデートに誘うのに慣れている男性ほど、失敗を恐れていないのでグイグイ来ます。

むしろ本気の気持ちを最初から持っていないからこそ、気軽に誘えるという男性もいるほどでしょう。

このような男性は、通常時も型にはまらないように自由を好んでいる特徴が見られます。元々真面目な性格の男性であれば、本気の気持ちから誘っていると受け取れますので、一つの目安として覚えておきましょう。

既婚者男性と二人で会う際に気をつけること

既婚者男性と二人きりで会う場合、どんな点に気をつけて行動すれば良いのでしょうか。

くっついて歩いていると、見られた場合に即誤解される

特に外では親しそうにくっつきすぎないことです。二人のことを知っている人に一目でも見られてしまえば、直ぐに誤解されてしまいます。

そこで力強く弁解したとしても、相手は一切聞く耳を持たず、噂好きな方であればあっという間に話を誇張するまでに広められてしまう訳です。

そうならないためにも、外で歩くときは一定の距離を保ち、「もっと近くに来てよ」と彼から誘われても頑なに遠慮してください。

例え既婚者男性に好意的な気持ちをその時点で抱いていたとしても、外での周りからの視線には十分に気をつけましょう。

くっつきたくなったら芸能人がお忍びで写真を撮られるとき、外を歩いていることが多かったなと、ふと思い返すと自分の行動を制限してくれる理性が効き始めます。

なるべく個室で周りの目が気にならない店を選ぶ

食事やお酒を飲んだりする時もなるべく周りの目が気にならない店を選ぶことです。

食べたり飲んだりしている時は、いつも以上に気が抜けるもので、直ぐ近くに知り合いがいたとしても、とてもじゃないけど把握しきれないはずでしょう。

しかし、個室風のところを選べばゆっくり話が行えますし、周りの目をずっと気にしなくても大丈夫ということになります。しかし、完全個室であれば、相手も淡い期待を抱き始めるので、そこの線引きはきちんとしましょう。

また、絶対に失敗したくないという思いが強ければ、事前に下見に行ったり、口コミをくまなく調べることで安心材料を手に入れることが出来ます。

合わせてメジャーなところではなく知る人ぞ知るタイプの店を選ぶと、利用者も限られてくるのでそこまで過度に心配することもありません。

相手に流されない

彼の”二人きりで会いたい”の本当の意図を早々に暴いてやることです。

ただ単に仕事の相談をしたかっただけかもしれませんし、想像通り好きだから誘って来たとも素直に受け取れますね。

そんな気持ちも知らないうちに、何となく良い雰囲気になったから、その後流されたという結末は、相手から良いように扱われただけに過ぎません。

のちに傷ついてしまうこともあるように、間違いは避け、なるべく早く相手の本音を聞き出していくことが大切です。

その時点で彼のことを好きでも、最後の最後までの線引きは忘れないように心がけてください。お酒を飲むと気持ちも高揚するように、まあ良いかと迷いも出てくるので、最初は控えるように徹すること、自分を守るためには少しの我慢が必要です。

一度だけの密会で彼の妻からこっぴどく責められるケースも考えられますし、そうさせないためにも何が目的なのか相手の本音はしっかり暴いておくべきです。

なるべく知り合いがいないような所で待ち合わせをする

待ち合わせは地元から遠い場所ですることです。近所で会えば知り合いから見つかる確率も上がりますし、気持ち的にもソワソワと落ち着きません。

その点、少し離れた距離で待ち合わせしたり会うようにすると、安心感も高まり、相手とも一対一で向き合うことが出来るようになります。

「まあ大丈夫でしょ」という少しの甘い考えが、一瞬の命取りになってしまうことも否めません。

しかし、それでも誰かに見つかってしまえば、遠い距離で待ち合わせという事実が確信的な関係だと捉えられてしまうので、合流するときも周りの目は少しだけ気にしてくださいね。

既婚者男性と二人で会った後起こりやすいこと

既婚者男性と二人っきりで会った後、身に起こりやすい出来事とはどういうものが挙げられるのでしょうか。

もっと親密になりたいと感じやすくなる

互いのことを知れますのでいけないとわかっていても、もっと仲良くしたい気持ちが湧き上がることです。

むしろ駄目と言われるとしたくなる作用が働くように、「手に入れたくて仕方ない」とまで感じるようにも変わります。

もっと距離が縮まったら良いのにと思うのは、必然的なことだと知っておくと、安易な行動にもきちんとブレーキをかけることが出来ます。

また、その時の会う時間が極端に短ければ、「まだ話したいことがあったのに…」と悔しい気持ちも生まれやすいものです。

実はあなたを夢中にさせるための、相手なりのテクニックだったりしますが、事前知識が無いとまんまと引っかかりやすいものです。

食事のみでその場は解散したのならまだ引き下がる余地はありますので、その後どうしたいか、自分の気持ちと真正面から向き合いつつ、自分にとって一番良いとされる答えを出していきましょう。

また、その気持ちがどのくらい続くか一週間くらい様子を見ると、一時的かそうでないかの判断もつきます。

周りの人に対して疑心暗鬼になる

心配性な方ほど罪悪感が生まれてしまうことです。

「何と無くOKしてついて行ったけど、本当にあの時誰かに見られていなかったかなぁ」と済んだことに対して非常に心配になります。

誰かに弱みとして握られたらどうしようと、まだ何も起こってないのに一人深く考えてしまうように、周りの人と接するときもどこか疑心暗鬼になりがちです。

「そういえばこの前…」と何気ない友人の切り出し方も、思い当たる節があるので、過剰に反応してしまいます。

中には精神的に参るようになるなど、心配性で誠実な方ほど、「誘われたから…」と安易に既婚者男性のデートの誘いには乗らない方が良いです。

既婚者男性と二人で会うときは十分な注意が必要

既婚者男性から「二人きりで会いたい」とドラマのような台詞を言われたとしても、直ぐさま二つ返事で引き受けてはいけません。

「もしも誰かに見られていたら…」「そもそもどういう気持ちがあって私を誘って来たのだろう」と、考えなくてはならないことは独身男性に誘われるよりも沢山あります。

もしも、誰からも祝福されるような恋愛を望んでいるなら、いばらの道に進まず、潔く断ってしまった方が良いでしょう。

それくらい既婚者男性と会うということに十分な注意を払う必要があります。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る