自然にモテる小悪魔女子の特徴!無意識にやっている言動とは

男性をドキッとさせて、軽やかに立ち回るそんな小悪魔女子は、モテるイメージが強く、なれるならなってみたいと感じる女性も多いです。

しかしながら、一体どうすればなれるのかと疑問が湧くところですね。

世の中のどういう女性を小悪魔女子と形容でき、どうしたら近づくことが出来るの非常に気になります。

これから挙げる9つのポイントを、チェックして、日々の生活に取り入れてみて下さいね。

男性からモテる!小悪魔女子と言える特徴、共通点

男性を翻弄する小悪魔女子とは、どういう女性を指すことが出来るのでしょうか。

距離感が近く、会話が盛り上がったと同時に「やだ〜」と軽いボディタッチを男性にする

比較的男性との距離感が近い女性です。わざとしている方が多く、ドギマギする相手を見て”可愛い”と余裕を持ちながら常時コミュニケーションを取っています。

時折笑みが溢れるような雰囲気に突入したら、タイミングを見計らい「本当に〇〇君は面白いね〜」と一言交えつつ相手男性にボディタッチを加えます。急な行動により、された側はドキドキと動揺せざるを得ない状況に陥るわけです。

密着する程、親密感を感じ受けますし、たまに混じる軽いボディタッチは、元ある平常心をいとも簡単に崩すこととなるので意識を向けさせるには、非常にもってこいのテクニックと言えます。

つい手を差し伸べてあげたくなる適度な隙が見える、完璧過ぎない

抜けていると捉えられる女性です。

自然な隙は実はわざと作っている方も多く、入る”間”があるよと上手くアピール出来ているからこそ、男性に目をかけてもらいやすくなります。

逆に完全無欠の女性であれば、何でも一人で出来てしまうので「俺がいなくても何とかなりそう」と恋愛対象として見てもらえない場合が殆どです。

しかし時折ドジな面を露わにする女性ならば、しょうがないなと新規の男性がどしどし駆けつけてくれます。

けれども、何にも出来ないほどの女性像では、ダメダメの印象を受けてしまうので適度な隙が小悪魔女子として活きる要素に繋がります。

ツンデレのような態度を繰り返す

所謂ツンデレな女性です。

優し過ぎず、厳し過ぎず、飴とムチを上手く使い分けられる女性は、男性を夢中にさせるのが非常に上手いです。

最初こそ「大丈夫?無理しないでね」「本当、頼りになるよね!」と相手を気にしたり、承認するような言葉をかけてくれたのに、ある日を境に冷たい態度を取られるようであれば、受け手としても不安感が高まります。

どちらか一方を与え過ぎても、興味を惹きつけさせることが出来ないので、絶妙なバランスが鍵を握ることとなるでしょう。

もう一度デレた部分を見たいと、急に冷めた態度を取られるようになった男性は、今まで以上に尽くしてくれることです。

そろそろだと感じた頃に始めの優しい部分を出していくと、強力に心を掴め、よそ見させないほど意識を向かせられます。

して欲しい事をきちんと言葉に表す

察して欲しいと男性に期待を込めるのではなく、して欲しい事はきちんと声に出す女性です。

男性は女性よりも空気が読むことがどちらかと言えば苦手ですので、それならばと気持ちは言葉にはっきりと示してくれた方がいくらか楽と捉えます。

ですので、例えばカバンを買って欲しい要望を持つならば、お目当てのものを指差し「可愛い〜」と感嘆の声を上げるのではなく「素敵なバッグ!いいなぁ…欲しいなぁ」と直球で手に入れたい欲を伝えた方が良いです。

そこで、「でも高い…我慢しなくちゃ」とわざとがっかりしたような表情を見せると、笑顔にさせたいと男性も比較的力になってくれやすいでしょう。

この様に要望は包み隠さず、きちんと言葉に表し男性に伝えられる女性の方が楽に世も渡っていけます。

また、本当に買ってくれたら「ありがとう〜」「一生大事にするね!」とこれまでに見たことのない喜びの感情を伝え、加えてボディタッチも取ると、また買ってあげたいと先方にも感じてもらいやすいです。

男性の好みを心得ているあざとさ

女性らしい女性です。男性ウケする自分の像をしっかり知っており、こうするとより可愛く映るだろうことも既に研究済みだったりします。

パンツよりもスカート、ショートヘアよりもロングヘアー、色合いも白やピンクのものを積極的に取り入れるなど、愛らしいものが非常に大好きです。

合わせて、仕草全般もあざといと形容することが出来、上目遣いはもちろん、普段声も高いものを用いるなど、細かいところにも手を一切抜きません。

体型にも気を配っているように努力家とも見方が行えますが、全てはモテに通じる理由においてなので、モチベーションも低まりません。

男性から見るとやはり第一に女性らしい、可愛いと好印象を抱いてくれるからこそ、小悪魔女子の見た目、努力の継続にも拍車がかかります。

しかしながら、女性のみしかいない集まりであれば、カジュアルな服装を好んで着ていくなど、住み分けもきちんと出来る小悪魔女子もたくさん見受けられます。

どちらにせよ周りの評価に敏感な上、空気も明確に読める裏の顔は、健気な女の子とも言い切れる訳です。

子供らしい、何も知らない無垢な一面を出す

本当は知っているのに、敢えて分からないと無垢な一面を出す女性です。

何でも分かると賢い女性としてその場の空気をかっさらえば、可愛くないやつと男性に決めつけられてしまうからこそ、無知な自分を演じ続けます。

そうすれば、男性のプライドを立てるように「物知りな〇〇さんってとても素敵ですね」と自身と対比させることも容易です。

この台詞の一節に嫌味を感じることもありませんし、男性的にも認めてくれたと大いに自信がつくこととなります。

しかし、何も知らなさ過ぎる女性でいては、時にイライラを買うことに繋がるので、その部分の見極めは非常に重要だったりします。

空気を読みつつ、一歩引いた女性像でいる方が男性のお眼鏡に叶いやすいのもまた事実です。

嬉しい時は表情に加えて、身振り手振りもつけちゃう女性

誰から見ても感情がぱっと見読める女性です。嬉しい時は身振り手振りを使って、喜んでいると表現出来る女性は男性的に特別可愛く映ります。

誰かの話を聞く立場にいても、「カッコいいです!尊敬します〜」とニコニコと、手と手を交差させるように全身で伝えてくれていると分かれば受け手も無限大の嬉しさを得ます。

プレゼントを貰った際にも「わぁ〜、ありがとうございます!前から欲しかったんです」と今にも踊り出しそうにウキウキと感じる動作を取れば、これでこそ贈って良かったと男冥利に尽きるものです。

この様にリアクションが大きい女性ほど、異性の目には天真爛漫に映り、もっと何かしてあげたい、喜ばせたい気持ちをくすぐります。

逆に悲しい時は比例して、一目で落ち込んでいると分かるので、声をかけなくてはならない状況を作る、やり手なテクニックです。

モテる女性である事を言葉の節々でアピールする

他の男性からも好印象を抱かれていると、自らアピール出来る女性です。

会話の中に「この前、ある男性から告白されて…」と求められた自分を教えてあげると、「早くしないと誰かにとられてしまう」と焦る気持ちを意図的に生ませられます。

そうすれば更に誰にも渡したくない欲は強まり、また、価値のある女性であると決定づけることが可能になるのです。

上級者の小悪魔女子であれば、そんな右往左往する男性を見て楽しむというように、少々サディスティックな一面も垣間見られます。

他の女性に意識が飛んでいるなという時にも、この手段は非常に有効的、一瞬で気をこちらに引かせることに成功します。

このように誰かを引き合いとして登場させ、モテていると間接的にアピールする方法は、少々悪いですが小悪魔女子の特徴と言えるでしょう。

「ここだけの話…」と秘密の話をしたがる

内緒の話をよくする女性です。

「誰にも言ってないんだけどね…」「実は相談があるんだけど…」と秘密の話を出されると、何だろうと興味が一瞬で引きつけられると同時に、頼りにしてくれていると男性の自尊心も高めます。

他の誰にも漏らしていない秘密を伝えることで、「何で俺に言うのだろう」から「好意的な気持ちを持ってくれているからだ」と都合の良い考えに辿り着くのです。

自分にだけ頼ってくれていると感じた男性は、より良い方向に導いてあげようと、解決策を複数練ってくれるなど大いに奮闘してくれます。

最終的には大円団で終わるように解決に向かえば、やりきったという気持ちと共に、これからも力になってあげたいと、より特別な目線で見てくれるようにも変わります。

この様にどんな内容でも、内緒の話として変えてしまう手法は小悪魔女子あるある、聞く側は知らぬ間に虜となり、その沼から抜け出せなくなる訳です。

小悪魔女子は男性を夢中にさせるのが上手く心を操りやすい

小悪魔女子になれば、どんな男性でも気を引かせることが出来、夢中にさせることにも成功します。

一筋縄ではいかない方法なので、身につけるまで人によっては時間がかかりますが、気が付いたら頭から離れらない女性へと変化していたというように男性への効果は絶大です。

しかしながら、同じ女性に対しては効きにくいテクニックなので、周りの目を気にしながら、手法を取り入れたり手放したりしていきましょう。

あと一歩で手に入りそうなのに、軽々しく交わして、また距離を取るというような小悪魔女子像を意識すると、継続的にメロメロにさせることが可能です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る