子供がいらない理由で離婚する夫婦が急増!離婚してしまう理由とは

結婚して、残念ながら離婚を考える夫婦は、結婚している夫婦の役3割。

様々な理由がある中で、最近では、子供がいらないという理由で、離婚する夫婦が増えています。

子供が欲しいと、多くの方が結婚して望む中子供を望まない理由は何なのでしょうか?

結婚してから、子供がいらないと理由で、離婚にならないように、結婚をする前に、しっかり子供の事は話し合っておくことが必要です。

他人事だと思っているあなたも、この話は他人事ではありません!明日は我が身です。是非、この記事を読んで、結婚生活の参考にしてくださいね。


結婚したら子供が欲しいと思う人が多い中、子供がいらないと思う理由とは?

結婚したら、子供は2,3人欲しいな。男の子と女の子、1人ずつほしいな。などと、子供を望む夫婦は多いと思います。

子供の話をするのは、夫婦にとって将来の夢であり、新婚夫婦の醍醐味といってもいいかもしれません。

しかし、子供を色々な理由で望まない人もいます。
その理由とは何なのでしょうか?

経済力が無く、子供を養う余裕がない。

例えば、経済力がなく、自分と妻だけで生活していくのが精いっぱいで、子供なんて、とても考えられない。という理由です。

それでも、最近では、県や市でも、子供への経済的な支援が増えています。しかし、お金が無ければ、やはり子供を育てるのは大変ですし、子供にひもじい思いをさせるのはかわいそうですよね。子供の貧困も問題になっています。

確かに子供が欲しいからといって、お金がないのに子供を作るのは無責任ではあります。

大学も、最近は、奨学金で行くのは当たり前という考えもありますが、なるべくなら子供の経済的な負担は減らしてあげたいですよね・・・。

現実的な理由かもしれません。

自分が子供の時にあまり、いい思い出がない。

例えば、女性が、シングルファザーで育ててもらい、母親というものがわからなかった場合、母親になれるか不安になるかもしれません。

さらに幼少期の時に、親にあまり甘えさせてもらえなかったり、遊んでもらった記憶が無い人は、親という存在に対するイメージがわかないかもしれません。

他にも、有名な人気のある女優さんが言っていたのですが、(旦那さんも人気のある俳優です。子供はいません。)

この女優さんは、実家が有名な老舗旅館で、自分がとても厳しく育てられたから、自分が母親になって、子育てできる自信がない。とおっしゃっていました。

確かに、子育てはとても大変なので、生半端な気持ちでは親にはなれないかもしれませんね。

自分が幼少期に、虐待を受けていた。

これは、上とも少し、重複する部分がありますが、自分が虐待を受けていた場合は親の優しさを知りません。

自分が親になった時に、愛情を注げるか不安になることでしょう。

さらには、自分も虐待をしてしまうのではないかと心配にもなりますし、自分の事も信じられない状態になってしまうため、トラウマになっても仕方がありません。

自分で稼いだお金は、自分たちの娯楽に使いたい。

子育ては、やはりお金がかかります。よく言うのは、子供が一人前になるまでにかかるお金は、1千万円とも言われています。

しかも、お金がかかる習い事や、私立の大学に進学したり、留学したいなどと言われたら、プラスαでどんどん、お金はかかるでしょう。

旅行が好きだったり、車が好きだったりと、好きな趣味にお金がかかる場合、子供が生まれたらその自由が奪われるのはわかっています。

それ故に、自分の幸せを犠牲にしてまで、子供を望まない人がいるのでしょう。

晩婚で年齢を考えると、子育てが厳しい

近年、増えているのが、晩婚化です。

最近の、女性の初産の平均年齢は30歳と言われています。

今では、40歳すぎても子供を産むのは、当たり前の事だと思います。しかし、産むのも高齢出産は大変ではありますが、本当に大変なのは、子育てです。

子育ては、とても体力がいります。赤ちゃんは、夜泣きがあり、眠れない日々が続きます。さらに、歩くようになれば、一緒に遊んであげたり、公園などに連れていったりと、とても大変です。

身近に、子育てをして大変なのを見ていた人なら、「40歳過ぎて子供を産むなんて体力的に無理かも・・・」と考えてもおかしくはありません。

子供がいる、いらないで離婚にいたる原因

上記なの理由で、子供を望まない人はいます。

子供を望まない人がいったって、人それぞれの理由ですし、無責任に産んで子供を虐待したり捨てたりするよりは全然いいと思います。

しかし、結婚する前に子供の話をしていなかったのでしょうか?

私は、子供の話をしていなかったという夫婦はいないと思います。いたとしたら、かなりのコミュニケーション不足だと思います。

では、離婚してしまう理由は何故でしょうか?

「子供がいらない」と言っていたけれど考えが変わると思っていた

このパターン多いのでは、ないでしょうか?

どちらかが結婚する前に、「子供はいらない」と意思表示をしていたにも関わらず、結婚をしたら子供が欲しくなるだろうと高をくくっていた場合です。

これは困りますよね・・・結婚も契約ですから、契約違反ですよね。

女性が欲しくて、男性がいらない場合、女性の方が、「今日は安全日だから・・・」と策略されてしまう場合もあります。

これで子供ができたとしても、子供がいらないと望んでいた夫が、父親になれるはずもないですし、上手く行くはずがありません。

子供を産むのは、女性であり、育てるのも女性です。いくら、夫がイクメンになり、夫の方が主夫になり育休が取れたとしても、子供はどうしても母親を求めてしまいます。

生半端な気持ちでは、女性は母親にはなれません。こればかりは、夫が子育てをする限界があります。

ですので、女性の方も、どれだけ説得されても、子供を持つ覚悟が無いなら産まない方がいいと思います。

どちらかが、子供が欲しくないと言っているなら、その思いを尊重してあげましょう。少しでも、子供が欲しいと思わないなら、結婚はしない方がいいです。

夫婦どちらかが不妊で、なかなか子供ができなかった場合

これは、とても悲しい結末ですよね・・・私の身近にもこの理由で離婚した夫婦がいますし、全体的にも多い理由だと思います。

結婚当時は、二人とも子供が欲しいと思っていたのに、なかなか子供ができずに、二人の溝ができてしまったのです。

特に、不妊治療としていると辛いです。不妊原因にも色々ありますが、男性に原因があったとしても治療するのは女性の方で、負担は心身ともにあります。

それが、長年続くと、どちらかが、「もう子供はいらない。治療を辞めたい。」と言いだしてもおかしくありません。

私も現在は子供がいますが、3年以上子供ができなくて不妊治療もしました。

「子供は、もういらない。」「違う人となら、すぐに子供ができたかもしれない。」と考えたりもしました。

私たちは、何とか踏みとどまりましたが、まわりにも「夫が協力してくれなかった。」と離婚した人もいます。

この場合は、女性は心身ともに疲れ果ててしまいますので、男性がしっかりと妻を支えてあげた方がいいでしょう。

セックスレスから、子供はいらないという考えに・・・。

これも結構、深刻な問題ですよね。子供は、やはり性行為をしないと、産まれてこないです。

人口受精や体外受精をすれば、話は別ですが、自然に子供は・・・と考えている方は、性行為は避けて通れません。

結婚をして、年月が過ぎるとセックスになる夫婦は少なくありません。恋愛感情が無くなると、セックスも苦痛になるでしょう。

さらに、女性からすると、夫から求められないのは寂しくも感じます。

セックスレスが理由で、それなら子供がいらないと考えになり、離婚にいたるケースもあるでしょう。お互いに、セックスレスでも仲が良ければいいですが、どちらかが子供を望んでいた場合、切実な問題になりかねません。

個人的な意見ですが、子供は新婚で盛り上がっている時に作った方がいいです。後から、子供を望むなら「子供の為」と性行為を割り切るしかありません。

子供については、夫婦で納得出来るまで話し合いましょう

いかがでしたか?好き同士で、結婚したのに、子供がいる、いらないで離婚になってしまうのは、悲しいですよね。

確かに、子供がいる事は人生観が広がりますし、子供がいるからこその感動もあるのも確かです。

しかし、考えてみてください。子供はいつか育っていきます。

そして、子育てが終わればまた夫婦2人に戻るのです。子育ては人生の一部であり、それが「あるか・ないか」の話です。

子供がいなくても、夫婦の絆があればいいと思います。子供がいない夫婦は喧嘩も、子供がいない人よりは少ないと思いますし、会話も子供中心ではなく、自分たちの話をするので、絆が深いでしょう。

離婚する前にもう1度、「1度は愛した相手の気持ち」を尊重できないか考えてみてくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る