結婚するつもりがまさかの婚約破談!破談になったときの7つの対処法

婚約し、結婚に向けて準備をしていた中で、相手から婚約破棄を言い渡された、または自分の方から婚約破棄を申し出た。

ほかにも、お互いにのっぴきならない事情ができて、婚約破談せざるを得なくなったなど。

このような事態になった場合、どのようにそこから話を進めていけばいいのでしょうか。

また、必要な手続きや、上手な話し合いの方法はなどはないのでしょうか。今回は、そんな婚約が破談になってしまった後、円満に解決する対処法についてご紹介します。

婚約って正式にはどんな事を言うの?

婚約とはどのような状態を指すのでしょうか。基本的には「私たちは婚約をしましょう」と両者間で口約束をするだけでは婚約とはなりません。

婚約が認められる条件

婚約とは、結婚のような書類上の契約ではありません。しかし、ある条件が揃えば婚約と認められ、法的な効力を持つことになります。

その条件とは、結婚を約束する証拠となる物品をもらう(あげる)、もしくは第三者に結婚することを明言することです。

つまり、婚約指輪をもらう(あげる)、両親に挨拶をする、ということが行われると婚約したことになる、ということです。

もし、ふたりの間で婚約指輪や結婚指輪などの証拠がなく、第三者にも結婚を明言していない場合は、残念ながら法的には婚約とは認められません。

婚約は契約となる

書類上の契約は行っていませんが、条件を満たせば“婚約”となるため、もし婚約破棄をした場合は契約不履行となります。

正当な理由なく破談に持ち込まれた場合、最悪は訴訟を起こすこともできます。

できれば円満に解決できることが望ましいですが、お互いの主張が噛み合わず、話し合いだけで解決できない場合は訴訟に持ち込むことができるので、覚えておきましょう。

彼側からの婚約破棄となったときの対処方法

彼の方から「婚約破棄したい」と申し出があった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。また、どのように話し合いを進めるとお互いに納得できるのでしょうか。

婚約破棄の理由を聞き出す

まずは彼としっかり話し合いましょう。

どんな理由で婚約破棄を希望しているのかによって、話し合いの方向性が見えてきます。大事なのは感情をぶつけることではなく、事実を確認することです。

人によって様々ありますが、家庭の事情、仕事の事情、ほかの女性関係、身体的な事情などが主な理由です。

ほかにも、気持ちが変わってしまうということも珍しくありません。

話し合いによっては、再度結婚に向けて話し合いができるケースもあるので、慎重に進めましょう。

婚約破棄が認められる正当な理由

彼の申し出で婚約破棄が認められるケースは、女性側の浮気、暴力、言葉の暴力、セックスレスなどがあります。

「彼女の言葉で傷ついた、彼女に侮辱された」ということで婚約破棄を申し出る男性がいます。このような申し出があった場合は、彼女側に結婚の意思があっても婚約破棄が認められます。

話し合いだけで解決できた場合は、裁判所を通す必要はありません。ただし、お互いに納得できるようにしっかり話し合いをしましょう。

また、利害関係のない第三者を間に入れることでスムーズに話し合いを行える場合もあるので、複雑になりそうな場合は協力を仰ぎましょう。

彼女側からの婚約破棄の対処方法

彼に対して、彼女側から婚約破棄を申し出ることもできます。もし、彼との結婚に不安があり、婚約破棄したい場合はどのように行えばいいのでしょうか。

婚約破棄したい理由を提示する

なぜ婚約破棄したいのか、という明確な理由を持って彼に婚約破棄を申し出ましょう。

「なんとなく不安」であるとか「結婚する気になれない」という理由では認められません。

また、彼と話し合いを重ねていくことで、再度結婚に前向きになれる可能性もあるため、彼との話し合いには進んで応じましょう。

ただし、もし彼との話し合いに精神的な苦痛、肉体的な苦痛を伴う場合は無理をせず、第三者を間に入れて話し合い、解決するようにしましょう。

婚約破棄が認められる正当な理由

彼女側からの婚約破棄の申し出も同じように、男性側の浮気、暴力、言葉の暴力、夫婦関係などが正当な理由として認められます。

お金の使い方に不安がある場合(彼に借金が発覚した)や、彼が勤めている会社が倒産した、という理由でも破談が認められます。

いずれにしても、お互いに納得するために、話し合いは不可欠です。結婚に向けて不安が残る場合は、時間をかけて話し合い、解決の道を模索しましょう。

婚約破談からの慰謝料請求はどうやって行う?

婚約が破談となった場合、それに片方が納得していない場合は慰謝料を請求することができます。

たとえば、彼が「ほかに好きな人ができた」という理由で婚約破棄を申し出た場合、納得できない彼女は慰謝料を請求することができます。

不誠実な彼を訴えることが出来る

彼と結婚を約束していたのに、彼の方から一方的に「好きな人ができたから別れたい、婚約破棄しよう」と言われた場合、彼女は訴訟を起こし慰謝料請求することができます。

お金で解決をする、という方法ですが、彼の行動に不満がある場合はお金で解決したほうがスッキリするでしょう。

どのくらいの金額を請求できるかは、ケースバイケースです。

訴訟を考える場合は弁護士に相談しましょう。

彼から訴訟を起こされる可能性

また、女性側から婚約破棄を申し出た場合、彼から訴訟を起こされるケースもあります。

もちろん、婚約破棄の理由にもよるので、慰謝料を支払うことになるかどうかは結果次第です。

ただし、不誠実な理由で婚約破棄した場合(彼以外の男性が好きになったなど)は、慰謝料を請求される可能性もあるので、婚約後のうかつな行動は慎んだほうがいいでしょう。

弁護士に依頼したほうがいい?

婚約破棄は、すべてを弁護士にお願いする、という必要はありません。

もちろん、両者で納得できる話し合いができる場合は、第三者を入れる必要はありませんし、話し合って解決できるケースの方が圧倒的に多いです。

では、どんな場合に弁護士に依頼すればいいのでしょうか。

婚約破棄の理由が不当と感じたとき

もし相手からの婚約破棄の理由が不当と感じたときは、慰謝料請求も視野に入れて弁護士にお願いしたほうがいいでしょう。

納得できないのに無理やり婚約破棄を言い渡されたような状態では、円満に解決することはできません。

これ以上話し合っても一方通行になる可能性があるので、弁護士にお願いしてしまったほうが精神的な負担もなく解決できるでしょう。

彼との話し合いに限界を感じたとき

彼との話し合いでお互いに感情的になってしまう、または一方が感情的になって話が進まない、という場合は、第三者を入れたほうがスムーズに解決できます。

感情的になってしまうと、もはや話し合いではなく、感情のぶつけ合いとなってしまうため、解決への道は遠くなってしまいます。

時間にも限りがあるので、弁護士に依頼しましょう。

両者の言い分が複雑で混乱した場合

結婚は両家の問題でもあり、両者の両親が介入するケースも少なくありません。そのため、シンプルな話し合いができず、事態が複雑化していくこともあります。両者の言い分が複雑で、当事者同士での解決が難しいと感じたら、弁護士に依頼しましょう。

婚約を破談にしたくないときにできること

彼から婚約破棄の申し出があったり、両家の折り合いがうまくいかず破談になってしまう場合があります。

もし彼からの婚約破棄の申し出を受け入れられず、破談にしたくないときはどうすればいいのでしょうか。

話し合いに時間をかける

恐らく、相手方は早く結論を出したい、という動きをします。理由にもよりますが、話し合いを早くに切り上げようとするでしょう。

しかし、婚約破棄の申し出に納得がいかない場合は、話し合いにかける時間を引き伸ばしましょう。

1回の話し合いだけで終わるのではなく、細かく数回に分けて話し合いをしましょう。また、婚約破棄ではなく婚約延期という形で一旦棚上げして熟考します。

人の気持ちは変わりやすいので、結論を急がないようにしましょう。

彼側の要望を飲み込む

中には「うちは一人っ子の長男なので、嫁をもらわないと困る」という彼側と「うちも一人っ子の長女なので婿にきてもらわないと困る」という彼女側の、両家が原因で問題になるケースがあります。

条件のすり合わせがうまくいかない場合は破談となるケースもありますが、婚約破棄を回避するために、相手方の要望を飲み込む形で解決するケースもあります。

彼との婚約を破談にしたいとき

彼は結婚に前向きだったとしても、彼女としては結婚に前向きになれない場合があります。彼との婚約をどうしても破談にしたい場合は、どうすればいいのでしょうか。

話し合いの席を設ける

まずはしっかりとした話し合いの席を設けましょう。

婚約を破棄したい明確な理由を提示します。中には逆上する男性もいるため、話し合いは個室ではなく、レストランなどの人がたくさんいる場所がいいでしょう。

また、共通の友人などに同席してもらったり、話し合いの様子を録音しておくのもおすすめです。婚約破棄の理由によっても異なりますが、彼の浮気であったり、彼の借金が発覚するなど、彼に原因がある場合は婚約破棄が認められます。

中にはズルズルと拒否されたまま、無理やり結婚に話を進めるケースもあるので、もし少しでも納得できない部分がある場合は、しっかり話し合いを行いましょう。

人生の大きな決断は慎重に

結婚はおめでたいイベントですが、実際は裏側での揉め事が多く、婚約が破談になるケースがは少なくありません。

大事な自分の人生ですし、結婚後に問題が大きくなることを考えると、結婚前に対処できたことは幸運と言えるかもしれません。

ただ、結婚には当人同士の恋愛感情だけでなく、条件やお金、両親親戚などの問題も絡んでくるため、一筋縄ではいきません。

人生の大きな決断のひとつなので「おかしいな」という部分が目に付いたら、無視せず慎重に話を進めていきましょう。”

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る