後輩とデートをすることに!失敗しないためのコツとは?

なんとなく気になっている職場の後輩や、大学時代の後輩などとデートに行くことになったとしたら、あなたならどうしますか?

今まで男性とデートの経験はあったとしても、なかなか後輩とデートというのはあまりないのではないでしょうか。

どうしたらいいのか戸惑ってしまうかもしれませんが、今回はそんな後輩とデートに失敗しないためのコツをご紹介していきたいと思います。

どのような態度で接していけばいいのかなど、後輩とデートをするうえで心がけたほうがいいことなどを知っておくだけで、気持ち的にもだいぶ違うと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

それではさっそく見ていきましょう!

後輩とデートで失敗しないためのコツとは?

後輩とデートをするとなったときに、どのように接したらいいのでしょうか。

結構悩んでしまいますが、コツさえつかんでおくと、だいぶ落ち着いてデートをすることができるのではないでしょうか。

年下の彼とのデートで失敗をしたくないですよね。そのためのコツをつかんでおきましょう。

年上の女性らしく振る舞いすぎない

後輩からしてみたら、年上の女性という認識はあるかと思うのですが、けれども、そのままの雰囲気を出していると、なかなか二人の距離は縮まることはなく、気まずいままデートをすることになってしまいます。

年上の女性の雰囲気のままでいることで、後輩から恋愛の対象としてみてもらえなくなる場合もありますので、注意が必要です。

また、何でもそつなくこなすというよりかは、同じような立場でデートをするようにしたほうが、後輩のプライドも傷つくことはないかと思います。

率先してお店で注文をオーダーしたり、お会計を後輩の分まで持ったりというようなことはしないようにして、できるだけ後輩と同じ立場であるように接してみましょう。

年齢を感じさせるようなことをしないことがポイントです。

後輩だからという意識はなくして、一人の男性として接するように心がけましょう。

少し多めに甘えてみる

年上のお姉さんらしくしないようにするだけではなく、後輩には少し多めに甘えてみるようにしましょう。

会話をしているときなど、軽くボディタッチをしてみたり、物を取ってもらったりするなど、甘えを見せることによって、年上の女性という認識がだんだん薄れていきます。

後輩もまた、甘えてくることで男らしいところを見せてくれたり、遠慮しがちだった様子が少しずつラフな状態に変わっていきます。

話し方も、初め敬語だったところが、次第にため口になっていったとすれば、それはだいぶ脈ありのサインとしてみてもいいでしょう。

後輩も、徐々に自分を出すようになっていき、心を開いてくれますので、ますますデートが楽しく盛り上がっていくことでしょう。

デート代は後輩にも出してもらうようにする

デート代をこちらが率先して出してしまうと、今後もそうせざる得ない状況になってしまい、後輩はいつもおごってもらえるんだという気持ちになってしまうことも考えられます。

また、もしかしたら好きな人とのデートに関しては、デート代を出したいという考えの男性もいる場合も考えられますので、デート代に関しては、なるべく支払いを後輩にも出してもらうようにしましょう。

もし仮に、割り勘にしようということになれば、割り勘でいいわけですし、ここもまた、お姉さんらしい行動をしないように気を付けましょう。

男性は、好きな人の前ではかっこいいところを見せたいと思うのです。

ですから、お会計などに関しては、後輩に任せるようにしましょう。

自分らしくいられるようにする

後輩からデートに誘われたとすれば、「少なからず好意がある」ということになります。

それは相手が後輩だからとよりお姉さんになる必要もなければ、年下に合わせて幼くするといったこともしなくていいのです。

あなたのまま、自分らしくいられるように接することが大事です。

また、自立している女性であるということも、後輩からしてみたらあなたに魅力を感じたところでもあるかもしれません。

一緒にいて気を遣わないような雰囲気と、多少甘えを見せてきてくれることで、自分がかっこよくリードすることもできるといった感じを出せることが、後輩とデートをするうえで、何よりも失敗をしないコツということになります。

後輩とはいっても、一人の男性として対等に接していけるように、自分らしくいられるように心がけていきましょう。

後輩とのデートを盛り上げていこう!

後輩だからと気を張ることはありません。

そして、後輩に合わせて、精神年齢も下げる必要もありませんので、あなたらしいそのままで接していきましょう。

言葉使いもフランクに、仲の良い友だちのような雰囲気で会話ができたら、後輩も心を開いてくれて、よりデートを楽しむことができるはずです。

今回お伝えした内容を参考にしていただき、ぜひ後輩とのデートを楽しんでください。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る