片思いの彼とLINEのやり取り!しつこいと思われないテク大公開

片思いをしている彼と念願だったLINEを交換できて、これからやり取りができると思うとうれしくてしょうがない気持ちですよね。

そんな片思いの彼に、LINEでもアピールしようと考えている人に必見です。

せっかく交換できたのですから、末永くやり取りを続けていきたいところですが、相手に「しつこい」と思われないように節度をもって上手にLINEを活用していきましょう。

そのためのテクニックをご紹介していきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてください。

片思いの彼にしつこいと思われないLINEの送り方

LINEは気軽にやり取りができる便利なツールですよね。

だからといって、いつでも送っていいというわけではありません。

そこで、3つほど注意をしたほうがいいことをお伝えいたしますので、一緒に見ていきましょう。

夜中のLINEは基本的にNG!

相手のことを考えて、時間帯を選んでLINEをしましょう。

相手の都合を考えずに、いつでもLINEをしてもいいというわけではありませんので、LINEをする時間は考えたほうがいいですね。

夜中に送ったとしても寝ている場合がありますし、ましてやLINEが来たことで起こしてしまうこともあり得ます。

返事ができない時間にLINEがあっても、もちろんすぐに返信ができるわけではなく、それが続くとやはり迷惑をかけてしまい相手も嫌になってしまう恐れがあります。

きちんと相手の状況を考えて、LINEをすることです。

絵文字やスタンプばかりで内容のないLINEはやめましょう

今ではコメントをわざわざ入力しなくても、スタンプを送るだけで伝えたいことを伝えられるようになっていたりしますが、自分はそれでよくても、相手も同じとは限りません。

男性心理では、まず何か用事がある時にやり取りをすると考えている人が多いので、意味もないスタンプが送られてきたりすると返信に困ってしまいます。

また、相手が普段からスタンプを使わない人であればなおさらコメントがないLINEに返事のしようがなく、最悪の場合ブロックされてしまうこともあり得ますので十分注意しましょう。

何度も何度もLINEを続けない

返信がないからと、何度もLINEを続けるのはやめましょう。

既読がつかないからと、だらだらと長い文章をいくつも送ったり、質問ばっかりの内容では、返信するどころか読む気にもなりません。

片思いの彼に、アピールのつもりでいろいろとLINEをするのでしょうけれども、男性にとって内容は簡潔に、短い文章でのほうが伝わりやすかったりしますし、なにより一回にたくさんのやり取りを望んでいなかったりします。

そういう場合には、まず相手に合わせるような形でやり取りをはじめて、様子を見ながらどういうやり取りのほうがいいのかを見極めていくのがいいでしょう。

しつこいと思われないで上手にLINEを続ける方法とは?

はじめからガンガンLINEでアピールするのではなく、まずが相手に合わせるように始めるのが基本です。

では、具体的にどのような方法がしつこいと思われずにLINEを続けていくことができるのでしょうか。

その方法をご紹介していきたいと思います。

LINEの返信時間は相手に合わせること

もしあなたがLINEをして、彼から返信が来るまでの時間などといった間隔を相手に合わせることによって、気持ちよくやり取りが続くはずです。

すぐに返事をしなくてはと思ってしまいがちですが、それでは長く続くことがなく、相手もすぐに返事をしなくてはと途中で疲れてしまいます。

様子を見ながらやり取りをしてペースを決めていきましょう。

自分の話だけでなく、相手の話にも質問してみる

自分の話だけでなく、相手の話にも耳をかたむけるようにしたり、質問をしてみたりするとやり取りは続いていきます。

その際に、あまり絵文字などを多く使いすぎると、引いてしまう場合もありますので注意しましょう。

やり取りをする時間を気にしながら、話の途中でも気にかけるようにする

片思いの彼とのやり取りは、楽しさとうれしさのあまり時間を忘れていつまででも続けていたいと感じてしまいがちですが、女性としての気配りもできると、好感度アップにつながります。

あまりにもだらだらと続けていると、相手が終わりと思って最後に送ったはずのLINEにも気が付かずに話を続けてしまうようでは、しつこいと思われてしまいます。

あなたのほうから、時間などを気にしてあげると、お互いに無理して続けたりすることなく、上手にやり取りができるようになります。

LINEのやりとりにも心配りができるように!

せっかく片思いの彼とLINEができるようになったのでしたら、上手にやり取りを続けていきたいですよね。

  • 相手に合わせること
  • 時間を気にしてあげること
  • だらだらと長い文章に気を付けること

を意識しながら、コミュニケーションを上手に続けていきましょう。

相手に合わせることが大事です。

それができれば、LINEで楽しく中を深めていくことができることでしょう!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る