彼のLINEがそっけない!ドライな男性のLINEを盛り上げる方法

LINEの返事がいつも「わかった」「うん」「そうなんだ」とそっけなさを感じれば、私に興味がないのかなとどこかショックを受けますよね。

そんなLINEがそっけない男性にはどのような対処法を取ることで、良い方向へと解消してくれるのでしょうか。

もっと色んな話をしたいので、早々に改善して欲しいと女心ながらに感じてしまうところですね。

LINEがそっけない男性へのベストな対処法とは

LINEの返事がそっけない男性への対処法とは、果たしてどう言った改善策が挙げられるのでしょうか。

「ごめん、忙しかったよね」と相手を気遣う言葉を掛ける

多忙な中、返事を返してくれてありがとうという意を込めて、気遣いをかける方法です。

告げられた側は、そのような言葉をかけられるなんて夢にまで思っていなかったと、予想外の反応を取ることでしょう。

また、言われて癇に触る言葉ではありませんので、見当違いで述べたとしても怒りを買うことも一切なく安心です。

“優しい女性”であることもさり気ないながらアピール出来るので、素っ気なさを砕かせることといい一石二鳥です。

しかし、あまりにも頻繁に伝え続けていても、ある日を境に鬱陶しいと負の感情を抱かせることとなるので、ここぞという時だけに活用してください。

わざとキリの悪いところで LINEを中断して違和感を与える

まだ話は続いているのに、敢えて LINEのやり取りを切ってしまう方法です。

時間が経つ毎に、「返事が返って来ないな」とどんなに鈍感な男性でもいずれは勘付きます。

話の方がついたキリの良い部分でもないのに、何で返事が来ないんだろうと意識させることが、素っ気なさを矯正させるためのスタート地点です。人は違和感を覚えたら、何とかして解消しようと躍起になります。

つまりあなたからの返事を乞うように、今までとは打って変わって丁寧な文章が返ってくることが期待出来るという訳です。

いつでも心地の良い関係性に少し刺激を含める意味で、その時だけは心を鬼にして敢えて相手側のLINEを無視してみてください。

実際に、 LINEの返事は来ずとも対面した際に「俺なんかしたっけ?」とご機嫌をとるような姿勢で近寄ってくる様子こそ見越せます。

彼の得意な話題で話を進め、わからない言葉は質問してみる

興味を引きつけるようにと、相手の得意な話題で会話を進行させる方法です。得意分野となれば水を得た魚のように生き生きと、そして何でも知っているテイを貫き通したくなります。

ですので、風の噂で聞いた彼のプロフィールの中から、それとなく得意そうな話題を恐る恐る出す方法は非常に有効的です。上手くいけば、直ぐにでもそっけない返事が終了となり、次からは長文で返ってくる可能性も大いに期待出来ます。

また、更に彼の立場を立たせるように、話をする中でわからない用語が出れば、直ぐにネットで検索を行わず、敢えて「それってどういう意味?」と問い返してみてください。

待っていましたとばかりに、丁寧にかつわかりやすくあなたにご教示してくれることでしょう。

運が良ければ、「今度会って話す?」と一つの話題をきっかけに二人の仲が急接近する場合も見込めます。

電話を使ってコミュニケーションを取ってみる

文章だけでは気持ちが読めないのは当たり前と、思い切って電話に誘ってみる方法です。

しかし何の要件もなく誘うのは至難の技だと思うので、長々と説明を不可欠とするきっかけを見つける必要性が感じられます。

私情だと気恥ずかしさが込み上げてくるので、業務連絡のような聞かざるを得ない理由を無理矢理にでも作っておくのが良いでしょう。最初こそ沈黙する瞬間があったとしても、時間をかける毎にだんだん空気そのものに慣れていきます。

そうすれば、話す中で彼の感情が見える瞬間が表れ始めるので、メッセージ文のそっけない部分に落ち込む瞬間も減ってくる筈です。

一度電話が行えたら、二回、三回することも同じなので、壁を越えることでコミュニケーションを取る手法も広がります。

そっけなくて良かったと前向きに解釈する

発想の転換をする方法です。

そっけない=嫌われているとマイナスに捉えるよりむしろ、簡潔すぎる返事の返し方では他の女の子のライバルも少ないだろうと、明るく考えた方が気持ちも安定し続けられます。

時点で「私が楽しい話をして、彼の色んなリアクションを引き出してあげれば良いんだ」というように、寛大的な考え方も浮かんでくることでしょう。

この様に捉えるだけで、日々の彼とのLINEも落ち込む瞬間が減りますし、逆に言えばそっけなくて可愛いと思うようにも変わります。

着眼点が同じままでは、感じ方も一向に変わらず、その場をぐるぐると回っているだけなので、友達がこんな立場にいたら自分はどんな言葉をかけてあげるかを元に考えていくと、前向きな意見もスラスラ出てきます。

一旦問題点から離れて様々な角度から見る癖をつけると、何事にも不満を抱くことが無くなるので徐々に身につけていけるようにしましょう。

誰か他の友達を誘って三人でグループトークをする

誰かもう一人を加えてやり取りする方法です。二人から三人になるので、新しい風も吹きやすく意外な彼の一面も伺えることでしょう。

しかしながら入れる人によっては揉め事が起こる可能性があるので、人選選びはより慎重になるべきです。

同じく彼に片思いしている女性を入れてしまえば、出し抜かれてしまうだけなので、その部分もきちんと考えましょう。

一番安心出来るのは既に彼氏がいる友人ですが、何の断りもなく招待しても彼としても腑に落ちませんので、理由だてもしっかり作っておいて下さい。 「LINE機能を色々試したくて…」と一時的なものであるアピールもしておくと、比較的彼としても受け入れやすいです。

三人で会話をすることで、話題に困ることもなくなりますし、友人のナイスパスによっては彼の心のうちを存分に知り尽くせます。

違和感を感じるならば、もう一人男性を入れて2:2にすると彼も緊張することがありません。

この様に二人で会話するところを、第三者を交えて新しい流れでやり取りしてみる方法は、新鮮で非常に面白いのでおススメです。

あえて同じようにそっけない文章を打つ

目には目をというように、同じようにそっけない文章で返す方法です。これは一時的なもので、彼はどんな対応を取るか探る方法として扱うのが最も良いでしょう。

いつもと返事の具合が違うと察知した彼は、気づいた瞬間から伺うようなメッセージを返し始めるはずです。

また、自然に返事が途絶えたとしても、少しでも相手も好意的な気持ちを抱いてくれているならば、再度LINEを寄越してくれるものです。

気持ちを確かめるためにもそっけない作戦を取り入れることで、また違った展開が楽しめる事でしょう。

無機質な返事一つに、無理してまで丁寧な文面でLINEを返す方法は、やはり疲れるだけですのでこの手法も元を辿れば自らの為だったりします。

会話を盛り上げるためのツールをいくつか使ってみる

メッセージ以外にツールを活用する方法です。 LINEは独自のスタンプ機能から、写真、動画なども簡単に送ることが可能な便利なアプリケーションです。

いつもメッセージのみでやり取りしているなら、よりこの手法を取り入れてみてください。

写真や画像を送るとやはりレスポンスも良くなり、それだけでそっけない返事から脱却出来る可能性が見えてくるのです。

最近撮ったペットの写真、旅行に行った時の写真、面白画像など時折混ぜていくと相手とコミュニケーションをとっている事がより明確に感じられます。

また、彼に”ありがとう”という意を伝えたいなら、是非LINEスタンプと一緒に送りましょう。そうすることで相手に届く感情の度合いが通常よりも大きく、心から思ってくれていると胸へも響きます。

同じように真似してLINEスタンプを活用してくる可能性も見通せますし、盛り上げるツールはどんどん使っていきましょう。

一行で返事を返そうとせず、最低二行で返信する

最低でも二行は返事を打つ方法です。相手ほどそっけなくは無いけど、いつも一行で返事を返す習慣があれば、同じように返されるのも無理はない話です。

ならばと二行以上になるように潜在的に意識をしておくと、いつのまにか同じように返事を返してくれる見込みが彼から得られ始めます。

何行も連ねるほどの長文で返すなら威圧感が凄まじいので、長すぎず短すぎずを目処にLINEの返事を行ないましょう。

最初こそ反映されないかもしれませんが、根気よく続けていくことでいずれかはそっけないLINEの返事から脱却させることに成功している事です。

LINEがそっけないからといって嫌われたと解釈するのはまだ早い

LINEがそっけないからといって直ぐに嫌われたと後ろ向きに考えてしまうのは、非常に早くてもったいないです。

そもそも相手の性格上の理由かもしれませんし、LINEが苦手という解釈こそ行えます。

工夫を施すことでそっけないLINEを送る彼を自分色に染めていくことが勿論可能ですので、根気よくこれからも向き合い続けていきましょう。

LINEがそっけないということは、他の人にも同じように返事をしているとも捉えられますので、ライバルが少ないと明るい考え方に辿り着いた方が気持ちも非常に楽です。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る