片思いの彼から急にメールが来なくなった理由。考えられる原因とは

片思いしている彼とのメールのやり取り、心から楽しいと感じてしまいますよね。

そして今後はどんな展開になるのかな、そんな期待を持ちながらいつも彼からのメールを今日も待っているでしょう。

しかし今まで定期的と言っていいくらいに続いていた彼とのメールが突然来なくなった時、とても心配になりますよね。「私なにか変なこと言ったかな?」と思いながらメールの履歴をたどってしまうものです。

さて、そんな時その彼はいったい何を考えているのか、心理や気持ちをこれから挙げていきましょう。


彼も貴女のことを気にしているからこそ、駆け引きをしている

片思いと思っていた彼も実は貴女に気持ちを向けていたとき、急にメールが来なくなった理由には駆け引きを始めたという事があります。

恋の駆け引きは男もする

恋の駆け引きと言うと以前は女性がするものとされていましたが、今では男性もよくするようになりました。

女性の気持ちを自分に向けるために、まるで女性がやるような事を男性がしているのが現実です。

急にメールが来なくなったという事は、逆に言えば彼も貴女に好意を持つようになってきたのかもしれません。そんな時はわざとメールを止めて貴女に心配させようとしているのです。

これは昔から女性が主となって使う恋愛テクニックの一つなので貴方も分かると思います。

時代は変わり草食男子が増えてきています。男ならちょっと強引くらいに来てもらいたいと思いたいですが、駆け引きを知る男性は今や少なくはありません。

毎日やり取りしていたのに今日は1通も来なかった、一日1往復のやり取りが2,3日来ていないとなっても、もう少し時間待ってみましょう。

あなたの本気度を試している

彼も貴女に好意をよせ始めてきたとき、逆に彼の方が今までのメールのやり取りについて考えることになります。

実際は貴女からの好意にはうすうす気づいてはいるでしょう。しかしそれがどのくらいの思いなのかを試しているのです。

少々奥手な男性ですと、相手の好意が本気と感じられない時はなかなかアプローチをかけてきません。

そのためにメールを一時止めて貴女の反応を見ているのです。「本当に僕のことが好きなのであれば、また相手から連絡が来るだろう」と試していると言えるでしょう。

もしこのまま連絡が来なければそれまでだったのかと諦めてしまうかもしれません。もし貴女に好意を持ち始めていたら、ここまでのメールの中でも貴女を喜ばせるような一言をさりげなく言っていることでしょう。

そこで彼の気持ちを判断できます。駆け引きでも試されているにしろ、時間を開けてもメールが来なければ、貴女から今一度送ると良いです。

そもそも貴女に好意を持っていなかった

メールはしているけどそもそも貴女に好意を持っていない時は、突然メールをしなくなることもあります。

貴女の好意を感じて罪悪感を感じてきた

男性は特に好意の無い相手でもメールのやり取りをすることはよくあります。

それは単に楽しいと感じていたり暇つぶしにもなるということもあるでしょう。友達感覚だからこそのメールのやり取りと彼は感じていたのです。

しかしメールを続けていくうちに自分に対するあなたの好意を感じてしまったとき、その好意に応えることはできないと判断したらメールの返信を考えてしまいます。このまま続けていくのも彼女に悪いと罪悪感が出てきてしまうからです。

「僕は貴女とこれ以上の関係にはなる気は無い」というメッセージでもあるでしょう。

これ以上メールを続けていけば最後には貴女のことを傷つけることになることを彼は分かっています。それを自ら防いでいる行動と言えるでしょう。

彼に好きな人ができてしまった

彼が貴女に好意が無く特に他に好きな人もいない状態であれば、貴方とのメールは続けているでしょう。

そして貴女からの好意も感じていなければなおさらです。メールを止める必要がありません。

しかし彼に好きな人ができてしまった場合は、時期に貴女とのメールのやり取りはストップするでしょう。キリの良いところで返信を考えなくなります。

彼に好きな人ができた地点で、彼の気持ちはその彼女に向いてしまいます。他の友達レベルの人との連絡は薄くなってしまうでしょう。貴女にとっては「急になんで?」となりますが、彼の中ではいたって自然な流れとなります。

このように彼がそもそも貴女に好意がない状態でメールが止まってしまったら、貴女が送らない限りは彼から来ることは無いでしょう。

彼が貴女に好意を寄せていたかそうでないかは、今までのメールの内容である程度判断できます。貴女の気を引こうという事を考えていませんので、思わせぶりな言葉は何一つ使われていないでしょう。

単に忙しくなってきただけ

彼が貴女に好意を持っていないときは、メールのやり取りもマイペースで行うでしょう。

いつものタイミングで返さなきゃ!という気持ちはありませんので、自分のタイミングで返信をしています。

よって、ただ忙しくて返信できなることもあるでしょう。仕事が残業続きだったり、たまたま友達との誘いが連続で来ていたりすれば、そちらが優先となってしまいメールは後回しになります。

そして時間が経ってしまいますとそのままメールそのものを忘れてしまい、返信をしようとは考えなくなるでしょう。仕方のないことなのですが、待っている貴女とすれば「メールくらいちょっとしたときにできるでしょ」と思いますよね。

もし貴女に対して好意があったのであれば空いた時間に返信してくるはずです。どんなに忙しくても貴女のことを忘れることはありませんので。

好意を持っていないなら、忙しさの方が勝ってしまうでしょう。

この場合は忘れたころに思いだして正直に「最近忙しくて」とメールしてくれるでしょう。そこからまたやり取りは続くことにはなるかもしれません。

何らかの理由で彼の気持ちが変わってきた

最初は貴女とのメールも楽しく感じていて彼も貴女のことを意識していたとしても、その間に何かしらの理由で気持ちが変わってしまうこともあります。そうなればもうメールをしなくなることもあります。

気づかないうちに彼に不快な言葉をかけていた

メールは顔を合わせてのトークと違い、文章を考えて送ることができます。

よって言葉や内容をしっかり選んで送ることができますが、それでも相手に不快なことを言ってしまっているときもあるでしょう。

自分では気づかなくても、実はふとした時に相手の気持ちを害する文章や言葉を送っていたら、相手はもうメールをしたいとは思わなくなります。それが片思いの彼が相手という時もあるでしょう。

貴女は彼に片思いをしていますので、彼に良かれと思うことや自分のアピールを文章にして送りますよね。

例えば「先日ディズニーランドに行ってきた」など、楽しかったことをお知らせしたことにより、彼は気を良くしない場合もあります。

たまにそういう話が出る分には良いのですが、よくそのような話題が出ているともしかしたら彼は「いつもリア充でいいね。僕はそんな時間もなかなか取れないけど」と、生きている世界観の違いを感じさせてしまうことにもなりかねません。

実は貴女とは合わないのかもと思わせてしまったら修復は難しいものです。メールでも相手の考え方や普段の行動など、しっかり把握しておくかとが大切です。

二人で会ったときに違うイメージを持ってしまった

これはメールのやり取りはしているけど、会う時は複数でという時に起こりうることです。

メールで話も盛り上がり二人だけで会うようになった時に、だんだん彼のメールの感じが変わってしまうことはよくあることなのです。

複数で会っていたときと二人だけであった時の貴女の態度が変わっていたのでしょう。貴女はそれに気づかなかったかもしれませんが、彼はハッキリと違いに気づいてしまったのです。

複数の時はわりと静かな性格だと思っていたのに、二人だけのなったら結構よく喋るというようになったりはしませんか?このような変化に彼が引いてしまったのかもしれません。

そうなった時、メールを続ける気が無くなってしまっても仕方ないでしょう。彼からしても今まで楽しいと感じていただけに、この変化でのショックが大きかったのです。

もともとメールのやり取りが苦手だった

貴女への恋愛感情は別として、ただ彼はもともとメールのやり取りが苦手だったということもあります。そのような男性も少なくはありません。

優しく丁寧な性格で気を使っていた

もともとメールが苦手な男性でも、性格が優しいとなると気を使ってメールのやり取りをしてくれる方もいます。

返信しないと悪いかなと感じて、頑張ってメールを打っているのでしょう。

しかしそれは自分が望んでいる行動ではないので、そのうち疲れてきてどうでもよくなる時が来ます。そうなれば急にメールが来なくなったとなるでしょう。

そのような方は自分からメールをすることは無く、誰かから来たときに返事をするだけです。

ですので、また用事があってメールをしても同じような感じになるのであれば、彼はメールが苦手なんだと判断しても良いでしょう。

まずは時間を空けることが大事

メールのやり取りをしている片思いの男性から急にメールが来なくなった時、彼には様々な心境の可能性があると分かっていただけたのではないでしょうか。

しかし一番の気になるポイントは、彼は貴女のことをどう思ってくれているかですよね。

大体の判断はそれまでのメールの内容で判断できるでしょう。しかしよく分からないときでも、何にしろメールが来なくなったらまずは時間を置くことが大事です。

彼がメールをしなくなったのは何らかの理由がありますので、不安になってすぐに探りを入れたり返信を催促するようなメールは逆効果です。彼に不快感を与えてしまうだけでしょう。


時間を置いてまたメールをしたときに、彼の反応で何かが分かるかもしれません。嫌われたとは限らないのでまずは焦らないことです。

そして一番大事なのは、できる限り貴方が勇気をもって気持ちを伝えることでしょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る