未練を残す別れ方をした元彼の心理。元彼と復縁できるか見抜く方法

元カレと別れたけれど、なんだかすっきりしない別れ方だったという時は、もしかしたら元カレはあなたに未練が残っているのかもしれません。

もし、未練があるとしたら、それはどのようなサインなのでしょうか。

未練を残させる別れ方を見抜くサインをご紹介していきたいと思います。

別れを切り出した元カレの行動から探ってみよう!

好きだったけれど、元カレから別れを切り出されて終わった恋。

いつまでも落ち込んではいられないと、なるべく前向きに頑張ろうとしている中、元カレの行動が気になるときありませんか?

それは、未練を残して別れたと考えられます。

まだ、あなたが元カレのことが好きだという場合、復縁できる可能性もまだ残っているかもしれませんので、今から元カレがどのようなサインを見せてくると未練が残っていると考えられるのかを一緒に見ていきましょう。

別れた後も連絡がある

元カレのほうから別れを切り出したにもかかわらず、メールや電話が来ることがあるという場合は、未練が残っていると考えていいでしょう。

事務連絡だけでなく、他愛もない内容のメールや電話が来る場合は、まだあなたのことを気にしているというサインです。

未練があるということは、本気で別れたのではなく、もしかしたらその時の状況で、勢いで別れてしまったのを、元カレは後悔しているのではないでしょうか。

元カレが共通の友だちにあなたの様子を聞いている

お互い共通の友だちに、元カレがあなたの最近の様子などを聞いていたり、話題に出してくるということがある場合、それは未練があると思っても不思議ではありません。

直接は聞きにくいことも、友だちにあなたのことを聞いているのだとしたら、それは未練が残っているサインと考えられます。

未練があると友だちに打ち明けている

元カレも正直に、友だちにあなたのことが忘れられないといった未練があるようなことを話していたのだとしたら、それこそ未練を残させるサインです。

未練を残させる別れ方をした場合には、何かアクションを起こしてきます。

それがもし、あなたがまだ気持ちが元カレにあって、復縁を望んでいるのでしたら、そういったサインを見逃さないように注意していると、別れた元カレと復縁の可能性は高まるでしょう。

未練が残る別れ方をした後の元カレの行動と心理

付き合っていた時は、何かとケンカばかりで、きつく当たっていたり、束縛がきつかったりと、決して穏やかではなかったはずなのに、別れてからの行動が、なぜかやさしくなったり、気を使ってきたりしていないでしょうか。

そんな行動を見ていきながら、元カレの心理も合わせて見ていきたいと思います。

別れた後にわかるあなたの存在の大きさ

元カレに未練が残るということは、あなたのことが本当に大きな存在であったと気づいた時です。

それを知るのが分かれてからなのですから、元カレは今まで付き合っていた時の悪かった部分を反省し、自分を見つめなおし、あなたとやり直したいという一心で、別れた後は優しく接してきたりするのです。

連絡をしてくるタイミングや、気を使っていると感じられる行動や発言があった場合には、元カレは復縁を望んでいると考えられます。

あなたが元気ない姿を見たり、悩んでいる様子に「どうしたの?大丈夫?」と気にかけてくれるといったことがあるのだとしたら、元カレも今までのことを謝りたい気持ちでいっぱいなのだと思います。

そういった変化が見られた場合に、あなたがもし復縁を考えているのでしたら、そういう優しさのあるままでいてほしいと伝えてみるのもいいでしょう。

直接会って話がしたいと言ってくる場合

今まで貸していたものを返すという口実で、直接会えるのならば復縁を迫ってみようという思いがあるのかもしれません。

別れた後に、未練がなければわざわざこのような言い方はしてこないはずです。

未練を残させる別れ方の場合には、まだやり直したいという気持ちの表れです。

あなたがもし元カレとやり直したいと考えているのでしたらチャンスですが、もしそうでない場合は、きっぱりと断ったほうがいいでしょう。

SNSなどの写真を更新しないままでいる

別れたはずなのに、元カレがSNSのメインの写真やケイタイの待ち受け画像など、あなたと一緒に写った写真のままだとしたら、それは未練がある証拠です。

まだ忘れることができずに、そのままにしている可能性が高いでしょう。

また、あなたとのお揃いのものやプレゼントしたものを捨てられずにいたりするのも、まだあなたのことを思っていると考えられます。

未練を残させる別れ方のサインを見抜いてチャンスをつかむ!

元カレの行動を振り返ってみた時に、なにか思い当たるサインがありましたでしょうか。

もし、あなたが元カレとやり直すための糸口を探していたのだとしたら、今回お伝えしたサインを参考にしていただければと思います。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る