元彼が連絡を無視する!元彼が無視する理由と復縁の方法

「別れたけどその後どうしてるかな…」「もう前のように会ったり出来ないのかな…」とついつい別れた相手のことが気になる時、連絡も送ってみたくなりますよね。

しかし勇気を出したにも関わらず、一向に返事が来ないそんな場合、何故返事が無いのか、またそこからどう対応していけば良いか悩みどころです。

実は連絡を無視しているように見える元彼でも、あるテクニックを用いることで、音信不通も解消され前のような関係に戻ることも夢ではありません。

今回は元彼が連絡を無視する理由、その後どんな行動に出たら良いのかの二つをご紹介致します。

元彼が連絡無視する理由と考えていることとは?

元彼から連絡が来ない場合、一体相手はどういうことを考えて送らない決断に出ているのでしょうか。

もう彼氏彼女の関係ではないから

元恋人という関係性になったからです。

現在も彼氏彼女の関係であれば、どんなたわいもない話題でもしっかり連絡を返しますし、逆に彼女から返事が無ければ不安な気持ちも抱きます。

しかし、もう別れた関係性ということなので、彼の中で「他人だから別にもう送らなくても良いや」という方程式が出来上がるわけです。

何気無いやり取りをダラダラ交わす時間がもったいないですし、そんな時間があれば、次に好きになれるような子を探したいとも思っています。

このタイプの男性は、過去は過去とはっきり線を引きたがるので、復縁希望であれば一筋縄ではいかないことが多いでしょう。

また、真面目な方にも多く、見方を変えれば信頼度の高い男性とも言い切ることが出来ます。

もう既に好きになりかけている女の子が出来たから

他の女の子に夢中になっているからです。

また、いい雰囲気になっていると感じたら、その子の虜になる訳なので、元カノのことなんて頭に入らないようになります。

あと一歩で恋人同士になれる女の子と、進展性が見えない元カノとでは、やはり前者の方を選んでしまう男性が多いものです。しかし、その子から振られてしまったり、思いがけず想像通りには進まなかった時には連絡を返す確率も上がります。

その際「もう他の子気になったの?」と彼をなじるような言葉は一切使わず状況を聞いて「辛かったね」などの気持ちを汲み取る内容を返した方が好感度も上々です。

好きといってもこのように一時的な想いであることも多いので、余裕を持ち元彼に接していきましょう。

「元カノと連絡取るのは恥ずかしい」という価値観の持ち主

過去の女と連絡を取るのはどこかかっこ悪いと感じているからです。

友達からは未練がましい男と冗談でもはやされたらやはりプライドが傷つき、是が非でも無視してやろうと考えます。

ましてや振られた立場であれば、その傾向は何倍も高いことでしょう。

なので、意地でも返さないように、無視しているわけですが、内心は「今何しているかな」と元カノのことをふと考えたり、実際には忘れられないという男性も多いものです。

このような男性は”恥ずかしい”感情を超える”寂しさ”を抱いたときに、元カノに返事を返すように変わります。

また、その際には「彼氏出来た?」などの近況報告を根掘り葉掘り聞きたがるのも特徴的です。

無視したらどういう対応に出るか試している

少しSっ気のある男性の場合です。

元カノの連絡を無視し続けたら、相手はその後どんな対応に出てくるか試しています。

そのまま連絡を寄越さなくなれば、一通実験で返してみたり、かと言ってしつこく連絡が届くようになれば、変わらずそのまま無視を決め込みます。

実際連絡が来る状況を喜んではいるのですが、別れ方が納得できないものだったり、とにかく自分の思い通りになる女性が大好きだったりするのです。

このような男性は付き合っていた時も、少々意地悪なことを彼女にすることが多いように、普通の人と比べてみても少し変わっています。

もしよりを戻したとしても、またどこかの場面で試されるように進歩が無いので、なるべく離れたままにいた方が無難と言えるでしょう。

思い出がよみがえってくるのを防ぐため

様々な思い出をよみがえらせないようにする為です。

元カノと連絡を取り始めてしまうと、楽しかった思い出がブワッと湧き上がり、心の中が非常にかき乱されてしまいます。

ましてや振られた立場の男性であれば、前を向こうとしているのに、その連絡が邪魔する役割を担うわけです。

このような男性は非常に優しい性格をしていて、どちらかというと心も傷つきやすかったりします。

他にも、やり取りを交わすということは、少なからずお互いの近況報告をするので、どんな人に夢中になっているのかも場合によっては元カノから聞くこととなるでしょう。

その瞬間にもズキッと心が痛むように、自分を守るために敢えて連絡を返さない選択を選んでいるのです。

元彼の連絡無視をやめさせる方法とは?

それでも元彼と連絡を取りたい場合、どのような行動に出たら良いのでしょうか。

本当に伝えたいことは、直接会って言うようにする

ツールに頼らず、直接会って伝えるものです。

物理的に会うということは、無視することが出来にくい状況を作るので、聞きたいことを聞くとかなりの確率で言葉として返ってきます。

また、話す機会を設けることで、互いに抱えている誤解もするりと解けるように、ここから良い関係を築いていくことも出来るわけです。

しかし、やはり会うとなれば凄く緊張するので、心構えはしっかり持っておきましょう。

また、聞きたいことを事前に紙に書いて、繰り返し頭の中に刻んでおくように下準備に手を入れ込むと、失敗することもありません。中には対面する最中、相手はしばし無愛想だったり、早くその場から去りたいというオーラを出すことがあります。

別れた関係だからこそ最初は仕方ないと、前向きに受け取っておくとここから新たな関係を作り上げるように気持ちを強く持てます。

そんなあなたを見て相手も気迫に負け、徐々にですが望んだ関係性に変わっていくことも夢ではありません。

返さなくてはいけない口実を作ってしまう

返せざるを得ない口実を作ってしまうものです。

「ねぇねぇ、元気?」「最近何してる?」などの入り方であれば、たわいも無い会話を希望していると受け取られがちです。

しかしそこで「CD貸しっぱなしにしてないよね?」「そっちの家に私のジャケットってある?」と回答を求める口実を作ってしまえば、案外すんなりと返事は返ってきます。

「返信しなければ相手は困るだろう」と彼は感じて、結果的に無視出来ない状況が出来上がるわけです。

もともと聞きたいことはなかったけど、無理矢理にでも口実を作ってしまう方法でも大丈夫です。

とは言え、返事が途絶える度何度もそのような内容のメールが届くと、ただ話したいだけだなと悟られてしまうので気をつけましょう。

怒ってないことをアピールしてとにかく下手に出る

穏やかな状態であることをアピールするものです。

何かの理由があって別れた二人ということなので、相手は今どういう心境であるか、やはり元彼側としても気になります。

別れてから恨む感情が湧いてきて、ただ責めたいだけにメールを送ってきているんじゃないかと捉える男性もいるほどです。なので、ありもしない誤解をまずは解くために、怒っておらず、むしろまた仲良くなりたい意思があることをアピールしましょう。

文面を「あれから〇〇(元彼)を思う頻度が増えた」「何しているかなって心配になる…」など思いやりを含めた内容にしてみてください。

彼としても「そうだったんだ…」と感傷的になり、無視するのを即やめてくれるまでに変わることでしょう。

追われる女になるため、ぴたりと連絡するのをやめてみる

いっそのこと連絡するのをやめてしまうものです。今まで彼に何通ほどのメールを入れていたのでしょうか。

毎日欠かさず入れるくらいの頻度であれば、相手としても飽き飽きしているどころか、怖いとさえ感じているほどです。

このまま返事を返したらどうなることやらと、身の毛もよだっています。

また、男性を夢中にさせるには、追うよりも追われる女性でいた方が、グッと意識を向けてくれるようにもなります。

なので、ある日を境にピタリと連絡するのをやめて、元彼から返事が来るまでこちらからは一切送らないように努めると、不思議と直ぐにでも返事が返ってくるものです。

しかし、早々にしびれを切らして、寂しいからという理由で即連絡しても、やはり進歩がないので、その後上手くいく可能性はないと言えます。

このように根気よく待つことも時には大切です。

恋愛感情は持っていないことを伝えてみる

もう好きではないことを匂わせる方法です。

連絡を無視する理由として、元カノが自分のことをまだ好きそうというものから、不自然に遠ざけてしまう男性がいます。

期待を良い意味で裏切ってあげるために、嘘でも「もう好きじゃないよ」と伝えておくと、逆に彼は気恥ずかしさを覚えるようになります。また、時間が経つごとに「もう気持ちは無いんだ…」とむしろ悲しくなってしまうはずです。

その為に一時的に気持ちがないことを告げておくこと、元彼の警戒心を薄れさせます。

あまり上手く嘘をつけない方は、もう既に他の誰かを好きになったテイを装うと、そこまで頑なに怪しまれることもありません。

元彼から連絡無視されるのはよくあること

元彼から連絡無視されるのは結構よくあることで、自分だけと過度に落ち込む必要は全くありません。

また、ここから元彼に返事を返させることもテクニック次第でもちろん可能です。

「押してダメなら引いてみろ」というように、積極的になるだけではなく、何もしないでいてみるなど、自分に合った手法を使っていきましょう。

最終的には元彼の立場から現彼氏に昇格するなど、関係性を思うがままに変えることも夢ではありません。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る