元彼との接し方を考える。別れた元彼に偶然会ってしまった時の対応

ただ生きているだけで複雑化するのが人間関係というもの。

その中でも「元彼」という存在は、一度愛し合うことに区切りをつけた分、余計に頭を悩ませる方が多いのではないでしょうか。

恋愛の数だけ元彼は増えますが、そのたびに悩みの種が増えるのは考えものですよね。

また、苦悩の日々を続けて過去の恋愛に囚われていると、新たな出会いのチャンスを逃すかもしれません。元彼との接し方を少し見直すだけで、漠然とした不安は解決できます。

ここでは、元彼とどのように接していけばいいのか、そのポイントについてご紹介したいと思います。


二人は何をきっかけに別れたか考えてみましょう

一番最初に振り返っておきたいのは、どんな別れ方をしたかです。

一口に元彼と言っても、その別れ方で相手がどのような気持ちにあるか違ってきます。アプローチの方法を間違えてしまうと、かえってこじれることにも繋がりかねません。

すごく極端な例を挙げると、彼からのストーカー被害で別れたのに、その後もしつこくごめんねメールや電話がかかってくる。

自分ではフォローをしているつもりがまったく逆効果になっているパターンも少なからずあります。

円満に元カレ、元カノとしての関係を続けられるように、次から別れ方のタイプ別に分けて、元彼との接し方を見ていきましょう。

もう絶対無理!トラブルタイプの元彼の接し方

例えば浮気やお金、周囲の人間関係を悪化させたなど、「もう一緒にはいられない」という明らかな原因がある場合です。

大きなトラブルが起きた間柄なら、よい接し方を考える前に完全に距離を置き、断絶した方がよいです。

  • 連絡をしない
  • 返信もしない
  • 顔をあわせる機会をなるべく無くしていく
このページをご覧になられている貴方なら、元彼に原因があった場合がほとんどだと思いますが、仮に連絡が来たとしても絶対に返信をしない、と心に決めておいた方が良さそうです。

私の知人でトラブルメイカーの元彼と何度も別れて復縁してを繰り返した挙句、結婚。そしてついに先日、借金を抱えて離婚を迎えた男女がいました。

一度別れて反省したから次は大丈夫だろう、なんてことはないのです。

一旦終わりを迎えた関係だとしても、用心して悪い芽は摘み取っておく心がけが、今後のあなたの人生を豊かにします。

喧嘩別れタイプの元彼との接し方

別れる原因として多くを占めるのが、相手の〇〇な部分が嫌になった!などではないでしょうか。

ずっといると嫌なとこが見えてきますが、いざ離れて時間が経ってしまうと、思い出されるのは、トラブルのない仲の良かった頃の記憶だったりします。

人間、都合の悪いことってすぐ忘れちゃう頭の構造になっているんですよね。この場合、一線を置いて接するのが一番よいでしょう。

  • こちらからは連絡をしない
  • 相手からの連絡が来る場合、2〜3通に一回くらいの返信率にする
  • ばったり出くわすことがあっても、用事以外の会話はしない
  • 付き合う前の口調に戻す
  • 記念日、誕生日などはスルー

あくまでも「私たちはもう終わった関係なんだ」というスタンスで行ってください。一時的な寂しさから復縁してしまうと、また同じ結果に繋がりかねません。

一度きっぱりと縁を断ち、次の恋に向けて出発してください。別れは新しいスタートです。

何となくマンネリ…そんな関係に終止符タイプ

長くお付き合いをしているとどうしても出てくるのがマンネリ感。特に結婚、出産を望む女性なら、恋愛にリミットは付きものです。

今後の人生を考えたときにこのままではいけない、と別れる決意をする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし長年一緒に連れ添ってきた分、いきなり他人のように接するのは難しいですよね。そんなあなたは、遠くに住む兄弟のような関係を目指してはいかがでしょう。

ちょっとだけ距離を空けた関係を続けてみる

長年温め続けてきた思いは冷やすのに相当時間が必要です。

  • 恋人期間中より頻度を減らして連絡を取り合う
  • 誕生日などは軽目のおめでとうメールを入れてみる
  • 都合が合えば、たまに食事もしてみる
長い目で二人の今後を見据えて、付かず離れずの丁度いい間柄をイメージするとよいでしょう。その後のことは時間が解決してくれます。

また、「本当は元彼にプロポーズして貰いたかった」という方は、一度きっぱり離れてみるのもよい方法です。

元彼があなたとの将来に本気なら、復縁の話が出るはず。次の恋に移るか、この縁を大切にするか、これによって接し方も変わってきそうですね。

お互いのために!円満なさよならタイプ

お互いの夢のため、今後の生活のため…など理由は千差万別でしょうが、冷静に話し合いお互い納得した上で出した、別れという選択。

この二人で出した結論を、何より大切にすればよいでしょう。ポイントはビジネスライクな関係にあります。

  • 相手のことがどうしても気にかかるときは、体調面や仕事などを気遣うメールを送ってみる
  • たまたま会ったときは、距離を縮めすぎず、フレンドリーに

別れるという結論は出したけど、まだまだ気持ちに整理がついてないということもよくあります。

やむを得ない事情で別れたのであれば、特に未練が残る方もいるのではないでしょうか。

話し合いで別れを決めることができたなら、環境さえ整えば復縁の可能性が高いのもこのタイプ。その為には、お互いの関係を丁度いい温度に保つことが重要になってきます。

寂しい、辛い、側にいたい……元彼に打ち明けたいのを、ぐっと堪えて、あくまでビジネスライクに徹しましょう。

また、それだけ相手のことを思いやれる貴方ならきっと次の恋のチャンスも多く巡ってくるはずです。ぜひ周囲にも目を向けて、考え込みすぎないようにしてくださいね。

好きな人ができた…突然のお別れタイプ

これはどちらに好きな人ができたかで変わってきます。彼にできた場合は、下手な接し方はせず、距離を置いたほうがよさそう。

連絡も取り合わない方が賢明です。彼の気持ちは完全にあちらへ向いているので、だらだら関わりを続けていると、貴方が傷つくばかりです。

また、貴方に好きな人ができた場合は、連絡の取り方に注意が必要です。

彼からすればまだ未練たらたらな状態。感情を逆なですると、変な恨みを買いかねません。連絡が頻繁に来る場合は当たり障りのない文面で。

徐々に頻度を減らし、フェイドアウトを狙うとよいでしょう。

どんな別れ方でも、よい接し方を決めるのは…

いかがだったでしょうか。

タイプ別に見ていきましたが、どれにも共通して言えることがあります。それは「これからを見据えること」です。

元カレ、元カノの関係となった今、恋人関係にあったことは全て過去の話になってしまいました。どんなに頑張っても、一度別れた以上は全く元の関係に戻ることはないでしょう。

中途半端な寂しさや同情で微妙な関係を引き伸ばしても、その先には何もありません。

  • 新しい恋を見つける
  • しばらくは一人を楽しむ
  • 復縁を求める

どの行動を選択しても、全ては自分の未来に繋がります。明確なビジョンを持つと、元彼への接し方もおのずと見えてくるのではないでしょうか。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る