寝る夢は現実逃避の気持ちの表れ?自身の困難への向き合い方に要注意

夢の中でも寝ている…そんな不思議な経験をしたことはありますか?

寝る夢を見ることは意外と珍しいことではありません。

寝ている途中に見る夢であるのにも関わらず、夢の中で自分は「寝ている」ことを自覚している…そんな奇妙なことを経験したら、なんだか意味があることのように感じてられて気になりますよね。

寝る夢にはどんな意味があるのでしょうか。夢は現実で起きていることを反映するものなので、寝る夢にも必ず意味があるものです。

今回は、寝る夢の意味を夢占いの観点から、詳しく解説していきたいと思います。

寝る夢が示す意味とは?

寝る夢は夢占いにおいて、「現実から逃れたい」というあなたの強い逃避願望の表れだと言われています。

寝ることは目を閉ざし、現実での活動を停止することです。あなた自身の強い現実逃避願望が、寝るというかたちで夢の中に表れたのだと解釈できるでしょう。

つまり、寝る夢を見たとき、あなたは現実世界において大きな壁に直面していることが考えられます。それは仕事のことかもしれませんし、人間関係のトラブルが原因になっているかもしれません。

そして夢はシチュエーションごとに意味や解釈変わってくるため、寝る夢を見たときは、

  • どこで寝ていたか
  • どんな風に寝ていたか
  • 寝心地が良かったか

などの点をしっかりと思い出してみましょう。寝る夢について、シチュエーション別の意味は以下の通りです。

気持ち良く寝る夢は現実逃避したい心理の塊

まず、気持ち良くぐっすりと寝る夢の意味について考えてみましょう。気持ちよく寝る夢には、あなたの現実逃避願望が最も強く反映されていると言って良いでしょう。

気持ち良く寝る夢を見たとき、あなたが直面していることに対するストレスは、もはや限界に近いと言って良いかもしれません。現実逃避をしたいと思うくらい、直面している壁が高すぎる可能性があります。

人は少し無茶をするくらいが、成長できてちょうど良いと言われるものです。しかし「少し無茶をする」範囲を超えてしまうと、壁を乗り越えることは苦痛でしかありません。

無理をして成長することにこだわりすぎてはいけません。仕事で大事なチャンスは他でもつかむことはできるはずです。自分の現実逃避願望を受け入れて、乗り超えるための別の方法を見出すことも考えてみた方が良いかもしれませんね。

寝心地が悪い夢は「逃げてはいけない」サインかも

寝苦しい、こまめに起きてしまうなど、寝心地の悪さが印象として残る夢もあるでしょう。寝心地が割る夢は、あなたが今逃避をしようとしていることに対して、危険を示すサインを送ってくれている可能性があります。

どういうことかと言うと、あなたは今、現実で何か嫌なことがあり、そのことから逃げようともがいている状況です。しかし逃げようとしても、なかなか現実は好転せず、思うようにいかないことも多いでしょう。夢は、現実逃避しても結局根本的な解決をしないければ、事態は良くならないことを警告してくれているのです。

嫌なことがあると逃げたくなる気持ちは誰にでもあるものです。しかし、少し頑張れば逃げなくて済むことも実際は多いでしょう。

今は逃げるべきときではないことを、寝心地の悪い夢は教えてくれているのです。少し我慢して向き合えば、成長できる時が訪れてくれるはずですよ。

友達や恋人と一緒に寝る夢は登場した人に注目

友達や恋人と一緒に寝る夢を見ることもあるでしょう。もしくは家族などの近しい人が登場する場合も考えられます。

寝る夢において、添い寝する相手はあなたを緊張状態から解放してくれる人です。つまり、誰かと一緒に寝る夢は、一緒に寝る人があなたを助けてくれることを示唆しているのです。

あなたは今現実で超えるべき壁があり、その壁の超え方に心から悩んでいる状況です。気持ちが休まることもなく、心は常に緊張状態にあると言って良いでしょう。

しかし残念ながら、その緊張状態を保ったままでは壁を乗り超えることは難しいでしょう。ぜひ夢の中で一緒に寝ていた人を頼るようにしてみてください。

職場の人ならサポートを頼むのもありでしょうし、家族や友達、恋人なら、愚痴や相談を聞いてもらうのでも良いでしょう。「この人に私の悩みは分からないだろうし…」と思うかもしれません。しかし、会話の中で生まれた意外な一言が、あなたにとって大きな解決のヒントとなる可能性は高いですよ。

寝る夢は現実逃避願望の表れ!自分の姿勢を見直そう

寝る夢は。現実逃避したいというあなた自身の願望を反映していることが多いものです。ぶち当たっている壁が大きすぎるせいでストレスを感じている可能性もありますし、もしかすると単なる逃げや甘えでしかない場合もあります。

いずれにしても寝る夢を見たときは、現実にひどいストレスが溜まっていると認識し、「壁」への向き合い方や姿勢を見直してみると良いかもしれません。寝る夢を見るくらい、現実から逃れたいという気持ちが高まっている可能性があります。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る