義母への母の日の贈り物が決まらない!喜ばれるプレゼントの選び方

5月第2日曜は、母の日です。皆さん、義理の母に毎年何を送っていますか?

たくさん悩んで、せっかくプレゼントした物を、使ってくれなかったら悲しいですよね。

自分の母親なら、何が欲しいかわかるし、好みもわかるけど、義理の母は何をもらたっらうれしいか、本当にわからないという方が多いのではないでしょうか?

よほど、義理母と仲良しで、好みもわかっていれば、そんなに母の日のプレゼントで迷わないかもしれませんが、適度な距離感がある嫁姑の方が比較的、多いのではないでしょうか?

しかも、母の日は毎年ある行事なので、本当に頭を抱えてしまいます。

そんな、毎年、頭を抱えているあなたもこの記事を読めば、もう迷う事もなくなります。

義理母がもらったら、うれしいプレゼントをご紹介しますので、あなたの悩みも少しは減ると思いますよ!

それでは、さっそく見ていきましょう!


プレゼントをあげる前に、義理母の事をリサーチしよう!

まずは、おすすめ商品をご紹介する前に、義理母の事を分析してみましょう。何も考えずに当てずっぽに、プレゼントを選ぶと、何をあげていいか悩むだけです!

やはり義理母のタイプにも色々いるので、適当にプレゼントを選んで、義理母のタイプとは違うものをあげても、かえって、有難迷惑になりかねません。

あげる前に「いつもどんな物に興味があるか」をリサーチしたほうがいいでしょう。

ポイントを整理すると・・・

  • 義理母の趣味があれば、それに似合ったものを選ぶこと。
  • 金額は高すぎず、安すぎず、3,000円~5,000円ぐらいが妥当。
  • 選ぶのに迷ったら、困らない消耗品がおススメ。
  • 孫が大好きな人は、母の日に子供を使ってみるのもあり。

では、このポイントを押さえつつ、詳しくご紹介していきますね!

義理母の年齢・趣味に合わせたものをプレゼントする

先ほども説明しましたが、プレゼントを送る前に、義理母の趣味は無いかな?とリサーチする事が大切です。

その中でも、義理母の年齢ぐらいで多い趣味と、それに合わせたプレゼントをお伝えしますね!

多くの義理母が、定年後にハマりやすいのが、ガーデニングや畑。

義理の母も、それなりの年齢になれば、バリバリと働いていた人も、仕事を辞めて専業主婦になり、家にいる事が多くなります。

そうすると、多くの人がやり始めるのが、ガーデニングや畑です。

老後の楽しみと言っても過言ではありません。

花を育ててみたり、庭の草の手入れをしたり、ガーデニングにハマる人が多いです。または、野菜や果物などの、畑を始めて、自分で育てた野菜を食べる事が楽しみになる人も多いです。

そこで、おススメなのが、外に出る時に必要なものです。

  • サンバイザーや日よけの帽子
  • グローブやストール
  • 少し値段が張るような日焼け止め

こういったものなら、外に出る以上使うものですし、もらっても困らないでしょう。

特に、日焼け止めは消耗品なので、もらったら意外と嬉しいと思いますよ!

美容が大好き!年をとっても綺麗にしていたい義理母には・・・

義理母世代では、子育てに追われているうちに、自分の事が疎かになり、どんどん美容に関して遠ざかってしまうことも多いとは思います。

しかし、今なら子育てが終わってひと段落している時なので、少しでも美容に興味がある義理母なら、美容の物をもらったら嬉しいと思います。

例としておススメするなら・・・

  • 顔色が明るくなる口紅 (おススメはローズやレッド系はいかがでしょうか?)
  • 少し値段がいいBBクリーム
  • 有名ブランドのシートマスクやパック
  • 香が強すぎない、ヘアケアやボディケア、ハンドクリームもおススメ。

特に、BBクリームは時短メイクにもなりますし、ベースメイクは消耗品ですしね!もらっても意外と困らないと思います。

後、服飾をプレゼントする方もいると思いますが、カーディガンやTシャツならもらっても失敗はしないと思いますが、服を送るのは難しいかな・・・と思います。

ピアスやイヤリング、ネックレスなら、無難なものを選べば、使ってくれる可能性はありそうですよね。

食べることや、お酒が好きな姑さんには・・・

食べ物やお酒は、消費できるものなので、何をもらってもそんなには、困らないかなと思います。そのなかでもおススメなのが・・・

  • ネットでスイーツを取り寄せる。
  • コーヒーや果物も女性ならおススメ。
  • お酒が好きなら、ワインやシャンパンといった飲みやすい物を。
  • ビールが好きなら、外国のビールを送るのも○
  • ホテルのディナー券

姑さんが、あまりネットをしない場合なら、なおさら、自分ではあまり買わないものをネットでお取り寄せをして、プレゼントしてあげると良いかもしれません。

お酒好きなら、ある程度のお酒は飲めると思いますし、女性なので、日本酒や焼酎よりは、飲みやすい物を送ると良いでしょう。よほど味に癖がなければ飲んでくれると思いますしね!

いつもは飲んでないものを送ると良いでしょう。特別感が出て喜ばれるでしょう。

有名ホテルのディナー券は、機会が無いと行かないような所なので、父の日もかねてペアで招待してあげるのもおすすめですよ。

健康グッズや、スポーツが趣味の義理母には・・・

人間、誰しもが、長生きをしたいと考えていると思います。

できることなら、いつまでも人に迷惑をかけずに元気でピンピンしていたいと願っています!

そこで、おススメなのが、健康グッズや、癒しを与えてくれるグッズはいかがでしょうか?具体的におすすめ商品をあげてみると・・・

  • 安眠枕や昼寝用の枕
  • クッション風のマッサージ機やフットマッサージ機
  • 目元の疲れを取る、目元エステ
  • 頭皮マッサージ機
  • ヘルスウォッチ
  • ランニングやウォーキングが趣味なら、ランニングシューズや万歩計もおススメ。

健康グッズといっても色々ありますが、マッサージ系はどの人がもらっても嬉しいと思います。

年齢を重ねると、あちこちと痛くなってくるので・・・(しかし、目元エステや頭皮マッサージ機などは、値段が少し高めなので、買う時の覚悟は必要ですが)

後、ヘルスウォッチも義理母さんだとなかなか買わないと思うので良いかもしれませんね!

ヘルスウォッチ事態を、知らない義理母も多いと思うので、もらうと驚かれるかもしれませんが、きちんと使用方法を伝えれば使ってくれるでしょう!

孫が大好き!そんな義理母には・・・

「孫と過ごすのが何よりも楽しみ!」「孫が大好き!」孫が生きがいになっている姑さんっていらっしゃいますよね!(お嫁さんからしたら、うれしいやら、ウザイような、複雑な感情にもなりますが・・・)

そんな義理母には、孫からのプレゼントはいかがでしょうか?

例えばですが・・・

  • 孫が描いた手紙や、似顔絵など。
  • 孫が作った料理やお菓子
手紙や似顔絵だけでは寂しいようなら、カーネーションでも一緒にプレゼントしたら良いでしょう。そのあげたプレゼントは、数日後、家の良い場所にかざってくれているかもしれません・・・

孫がいる人なら一番喜ばれますし、お金のこともあまり心配しなくてもよさそうです。

他にも、義理母と孫も一緒に連れて、母の日にでかけるのも良いでしょう。お昼をご馳走してあげたりと、孫のおかげで、数年分の母の日は、やりすごせそうですね!

ちなみにですけど、私にも子供がいるのですが、義理母は、やはり孫が大好きで、たまたま、母の日に出かける用事があり、1日子供を預かってもらったのですが、「○○ちゃんを1日見る事ができて、最高の母の日になった!」と言われました。

やはり孫は、どんなプレゼントよりも強力なプレゼントになるみたいです!

義理母は趣味もあまりないし、孫という手段も無い方は・・・

これは、とても悩みますよね・・・何をあげてよいか、さっぱりになってしまいます。

困ったときは、これをあげると良いでしょう。

  • アロママッサージ券や、ヘッドスパ券
  • 温泉の回数券
  • キッチン家電(フードプロセッサーやブレンダー、ホットサンドなど。)
  • キッチングッズ(スチーマーや圧力鍋など。)
  • カタログギフト

温泉の回数券はおススメですよ!年齢を重ねるごとに温泉がより好きになってきますしね!これは、どんな人がもらっても嬉しいと思います。

あとは、キッチングッズもいいと思います。台所に立たない義理母は少ないと思いますし、毎日の事なのでキッチン用品は嬉しいでしょう。

キッチン用品だと、時短でできる便利グッズなんかがいいですよね。ネットで調べると面白いものがたくさん出ています。

キッチン用品なら、使うものなので、もらってもあまり困らないと思いますよ!

最終手段は、カタログギフトという手もあります。しかし、毎年贈るわけにはいかないので、1回ぐらいなら試してもよいかもしれません!

良い関係を築く為にも、母の日は必ず何か送ってあげよう

いかがでしたか。少しは参考になりましたか?義理母といえども、自分にとっては、近いようで遠い存在です。

いい距離感を保ちながらも、良い関係は続けていきたいものですよね。

参考までに私の場合ですが、母の日に義理母にあげるものは、主人に選んでもらっています。私の母には、自分で選んだものをあげていますが、主人の母の事だから主人の方が義理母の事をわかっているわけですし。

さらにですが、子供がそれなりに大きいのであれば、子供に選んでもらえばよいと思います。

孫が選んだと言えば、失敗はないでしょう。

値段は高くなくても良いと思うので、毎年、感謝の品と、感謝の気持ちは伝えましょうね。そうすることで、嫁姑の良い関係は続けられると思いますよ!

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る