プロポーズではサプライズを!心から嬉しかったプロポーズの体験談

最近では、流れるように結婚したり子どもが出来てそのまま結婚…なんてケースも多くあります。ですが、いくら熟年夫婦のようだって、子どもが先に出来たってプロポーズしていいのですよ!

プロポーズが嬉しくない女性はなかなかいません。せっかく愛する彼女を妻として迎えるのですから、サプライズをして盛大に結婚を申し込みましょう。

私も、彼からサプライズがたくさんつまったプロポーズをしてもらいました。今でも想い出に残っているし、友達にもたくさん自慢をしました。

それほど嬉しいものなのです。私がしてもらったプロポーズのサプライズをお話ししていきます。

そして彼が気を付けた点なども合わせて…。少しでもあなたのプロポーズの役に立てればと思っています。

いつもと違うロマンチックな雰囲気で。レストランでしてくれたサプライズ

私は、彼からレストランでプロポーズをされました。誕生日だったこともあり、まさかプロポーズしてくれるとは思っていませんでした。

どのようなことが嬉しかったのか、詳しくお話ししていきます。

「高価なお店だから」と事前にドレスコードをさせてくれた

私自身の誕生日の日でした。「今日は誕生日だからディナーに行こう」と誘われていました。そして、いつもより少し高価なお店だからね、と。

そう伝えられていたので、事前にドレスに近いフォーマルな服装を探すことができました。

プロポーズされたときは、写真をたくさん撮ったり想い出に残したいものです。準備ができたので、写真を見ても毎回後悔することがありません。

「え!こんな服で!」と思うようなプロポーズもあります。もちろんそれも嬉しいですが、女性ならばロマンチックに迎えたいものなのです。

美味しいご飯とお酒で幸せな気分に

「お誕生日おめでとう」と言われて、素敵なディナーコースが次々に出てきました。

そのため、何かプレゼントをもらう前から本当に嬉しかったのです。

私のために用意してくれたお料理や、お酒たち。プロポーズがなくても、本当に幸せな気分を味わうことができていました。最後の方では、「ハッピーバースデー」と書かれたケーキも出てきたのです!

事前にお店の人に協力をしてもらっていた

誕生日ケーキを出してくれるところも、お店の人に協力をしてもらっていたようです。まさかプロポーズをしてくれるとは思いませんよね。

大好きな恋人に誕生日をお祝いしてもらい、お店の方にも祝福してもらい最高の気分でした。

彼が席を外したタイミングでお店の人に合図をしていたりと、協力があったからこそ成功したのです。

自然に指輪を出してくれた

そして、「もう1つプレゼントがあるよ」と言われました。何か誕生日プレゼントまでもくれるのかな?とワクワクしていたのです。

お店の人が運んで来てくれたのは、結婚指輪でした。ガサゴソと荷物の中を探す訳でもなく、サラッとお店の人からもらい指輪を出してくれたのです。

なので、プロポーズを匂わせることなく見事にサプライズ成功!

予想外の出来事にとても驚きましたが、本当に素敵なプロポーズでした。

失敗しないためにも。サプライズで気を付けたこと

実際に、彼から聞いたアドバイスです。サプライズをして失敗で終わってしまうのは、お互いに嫌ですよね。

失敗しないためにも、何を気を付けていたのかを聞いてみました。

彼女の性格をしっかりリサーチしておく

私自身、あまり友達と騒ぐタイプではありませんでした。そのため、今回のような二人きりになれる環境を用意してくれたようです。

▷お友達が多い彼女の場合
フラッシュモブや、彼女の友達を呼んでおくようなサプライズがおすすめです。
▷1人で過ごすことが好きな彼女の場合
二人だけの特別な思い出になるようなサプライズがおすすめです。

どのようなプロポーズが彼女に合うのか、心から喜んでくれるのかを考えることが大切です。

事前準備は必ず必要

上記でもお話ししたように、お店の人とは細かく計画を立てて話し合った、と言っていました。

彼も失敗はしたくないですし、私自身もギリギリまで気づかなかったからこそ嬉しさが倍増しました。

事前にお店のリサーチやお願いするなど、準備をするようにしましょう。

結婚の話を出しておく

二人の中に結婚の意識がないと、断られてしまうこともあります。私たちは、プロポーズ前の期間「結婚」についてよく話し合っていました。

  • 何歳で結婚したいのか
  • 両親に挨拶へ行く
  • 子どもが欲しいのか
  • 結婚願望があるのか

お互いに結婚願望がある状態だったのです。

そのため、私自身も素直に受け入れ喜ぶことができたのです。

恥ずかしがらずに気持ちを伝える

緊張してしまうのは誰でも一緒です。私の彼もすごく緊張していました。

指輪を出して「結婚してください」と言ってくれたときには、手が震えていたことを覚えています。

どんなに恥ずかしくても、噛んでしまっても、手が震えても最後まで気持ちを伝えてくださいね。

二人の素敵な想い出にしましょう

結婚して何年も経ったときに、「あの時は…」と思い出せるような素敵なプロポーズをしましょう。

どうしたら喜ぶかな、プロポーズをしてあげよう、と思っているあなたの気持ちは必ず彼女に届きます。その気持ちだけでも嬉しいものです。

勇気を出して、ぜひ素敵な想い出を作ってくださいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る