冷却期間中の連絡は控えよう!冷却期間に連絡を取るデメリット

冷却期間中であるものの、元カレと前のように寄りを戻したい。

今何しているのか、更に気になり何も手につかなくなる。

そんな時、彼にこのまま連絡を入れても良いのでしょうか。

元カレ以上の男性はいないと感じた今、今度こそ上手く行く為に出来る限りの力を注いで成功へと導きたいところです。

今回は冷却期間中の連絡についてご紹介します。

送りたい気持ちがあっても即座に行動しない方が良い理由

連絡したいという気持ちが湧き起こったとしても、思うがままに送るべきではありません。

何より受け手にとって”しつこい女””重い女”というレッテルを貼られるきっかけに繋がるので、今は大人しくしていた方が身の為と言い切ることが出来ます。

かつ「連絡する=好き」という方程式が見えるので、”もう手に入れた女”としてその後一生懸命にあなたを追ってくれることも無くなります。

なので、急に送りたい欲が強く出ても「一時的な錯覚だ」と前向きに受け止めつつ、ひたすら冷却期間が過ぎるのを待って下さい。

例外として元カレから連絡が来た場合において、敢えて程よく日にちをずらせば返しても大丈夫ですが、その際にはデレた文面では返さない様に気をつけましょう。

寂し過ぎてつい元カレに連絡した場合の対処方法

冷却期間中なのに、やっぱり寂しくて連絡が取りたい時ってあると思います。もし、気持ちが高ぶって送ってしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

言い訳をして自分を正当化せず、素直に謝る

ごめんなさいと自分の行動を振り返り謝罪する方法です。

「だって寂しかったから…」と気持ちを素直に表現しても面倒に思われますし、何より冷却期間の意味が無いのでまた連絡してくるだろうなと甘く見られます。

注意点として何度もごめんなさいと謝り過ぎても、彼はリアクションに困ってしまいます。

なので、一度だけ潔く「ごめんね。」と伝えるのがベストです。

例え返事が返ってこなかったとしても「怒っている?」と更に追求するようなメッセージも控えてください。

キリが悪いところで返事を止める

自身の行動を改めつつ、もう二度と送らないように反省する方法です。

運良く彼から返事が来ても「なんだ、相手も寂しがってたんじゃん」と陽気に捉えず、気を遣ってくれていると受け取りましょう。

その後何度かレスポンスが続いたとして、わざとキリの悪い部分で返事を途絶えさせてみて下さい。

そうすれば彼に違和感を与えることができるため、「どうしたんだろう」と今まで以上にあなたのことを気にさせることができます。

その引っ掛かりがまさか恋ではないかと勘違いを生ませるために最適ですので、その後、思うように心を引き寄せる事も夢では無いでしょう。

流れに身を任せ、そのままやり取りを続けても必ずマンネリになる瞬間がやって来るので、これからの為だと暫くは返事を控える方法が有効的です。

程よく冷却期間を過ぎた後には、どんな連絡を入れたら良い?

十分過ぎるくらいの冷却期間を取った後、どの様な連絡を元カレに入れるのが良いのでしょうか。

「やっぱり好き」とサラリと伝える

まだ好きだという気持ちを伝える内容です。暫く間が空いたということで、相手としてもあなたの気持ちはどんな状態であるか、とてつもなく知りたがっている筈です。

しかしながら直球的な好き好きアピールを行なっても、悪い意味でただ単に相手に安心感を与えるだけですので、考える余地を含めてさり気なく匂わす程度に抑えるのが良いでしょう。
  • 冷却期間を使ったお陰で大切なことを知れた
  • 色々昔を思い出しちゃった

と本当に少々のみで大丈夫です。

先に素直になることで、鏡のように彼も身の丈の思いを伝えてくれることでしょう。

LINEだけじゃ物足りないと早速デートの誘いを掛けてくれるなど、直ぐに復縁出来る可能性としても見込みが見えます。

とは言っても、浮かれ過ぎない様にだけは気をつけてくださいね。

当たり障りのない無難な内容をメールする

返事を返しやすい内容です。

突拍子もない「好きな人できた?」の内容であれば「なんで君がそんなこと聞くんだ」と何処と無く気持ちも冷めてしまいます。

なので、様子を伺う為にも「お互いが知っていて、かつ盛り上がりそうな話題」を厳選させましょう。

好きなアーティストが同じであれば、最近こういう新曲出したよねという内容、特に共通点も無い場合においてはエンタメ、ニュースなどを交えると感想を伝え合いながら、いつの間にか昔の様に話せているハズです。

気をつける部分として、地雷を踏んだと感じたら速やかに別な話題に移ること、一番の目的は今でも波長が合っているどうか確認することなので、様子を伺いつつ話を進めていく流れを大事にしてください。

最初こそ文章の最後に「?」を付けて相手の返事を待ちわびる形式を取っていくと、かなりの確率でメッセージも返ってきます。

一度会うことを見越して旬の話題を振る

会いたい意思を込めて映画の話題を突入させる方法です。

「最近気になっていた映画があって…」とおもむろに話し出して、あわよくば彼が少しでも興味を抱いてくれたら、自然な流れから誘いをかけてみると案外すんなりと上手くいきます。

相手も興味を抱いた手前、行きませんと意思表示を示すもバツが悪いので、「じゃあ…」と恐る恐るですがOKしてくれることでしょう。

冷却期間明けの会う目的が映画ということに置いて、無理に会話をする必要がありませんし、見た映画の感想を言い合うだけでも十分と言える範疇です。

その中で「やっぱり一緒にいると楽しいな」と思ってもらえたら此方の勝ちです。

そう言った点からも、したたかながら映画の話題を出して、相手が食いつくまで待つ方法は復縁に導くためにも有効的なテクニックと言えるでしょう。

また、相手は男性ということにより、恋愛系のストーリーには食いつきを見せないケースが多いので、なるべくアクション系の映画を選んで提示した方が成功率も上がります。

程よい冷却期間を置いて連絡したのに一向に好転しない場合

十分な冷却期間を置いたのに、中々良い関係性に進まない場合、どのような手段に出るべきでしょうか。

更に冷却期間を置く

まだ冷却期間は足りないと再度期間を空ける時期を設ける方法です。一ヶ月、二ヶ月程度でも状況に応じてはまだ足りないと解釈が行えます。

そのままグイグイ押しても逆効果に映るだけなので、今後暫くは再度アクションを起こさない様に努めていきましょう。

度々元カレに迫る積極性を見せても、いつでも手に入る女という像に助長をかけることに繋がるので、簡単になびかない女を演出すると今後の流れも変わっていきます。

また、少しの嫉妬心を生ませる様にと他の異性と軽く喋れば、男性の独占欲から意識をこちら側に向かせることが可能です。

しかし、それ以上の接触は場合によって嫉妬を促していると察知されてしまうことがあるので限度は守っていきましょう。

取り返したいと元カレが心から感じてくれたその瞬間から、あなたに対する見る目も変わり、改めた行動に移ってくれます。

また縁があれば付き合うことが出来ると前向きに考えて離れる

思い切って元カレから離れてみる方法です。

恋愛はタイミングだから、また巡り会いやすい時期が訪れたら自然にくっつくと、前向きに捉えると心持ちも穏やかに居られます。

そうして、他の異性と付き合ってみたり、前々から興味があった分野に挑戦しようと心の余裕も出てくるので、今まで以上に人生を楽しむことが出来ます。

後に振り返ってみたら、元カレと付き合っていた日々が良い思い出として受け止めていた、なんてことが可能となり得るのです。

前向きに捉えると元カレと絶対復縁したいという、やや執着にも似た気持ちに決別することが出来ますし、その瞬間から辛い心持ちから脱却していけます。

偶然でも一度会える場面を作る

冷却期間後はLINEのみでコミュニケーションを取ってはいないでしょうか。

会っていない最中なので余計よそよそしい態度も感じるという様に、そこから抜け出す為には一度対面することが重要となってきます。

“幾度とやり取りしてきたLINE量”と”会う”選択を天秤にかけても、やはり直接顔を合わせる方法に勝るものはありません。

中々元カレを誘えないという方は、偶然会える確率に可能性をかけていきましょう。

また、友人に協力してもらって自然なセッティングを受け持ってもらう方法など、約束もしていないけど一度会う手法は工夫次第でどうにでもなります。

緊張はするとは思いますが、会えたその日を境に相手の対応の仕方も和らぐ様に変わる見込みが望めますので、先ずは会う場面作りに励んでみて下さいね。

冷却期間中こそ、積極的過ぎる連絡は控えましょう

冷却期間中は、どれだけ相手に頑張ってアピールしても、それが逆効果に映るケースが多いので、連絡等はなるべく控えることに徹して下さい。

恋愛に置いてこれは必要な時期なんだと、ポジティブに解釈しつつ、十分な期間を取った際に改めて行動に表していきましょう。

のちの好きという熱い想いを込め過ぎた行動も、重い女とレッテルを貼られる要素に繋がるので、最初こそはありったけの想いは心のうちに隠しておく様に努めて下さいね。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る