復縁には冷却期間が重要!あなたに必要なクールダウンの日数とは?

別れたけれど復縁したい。その希望を叶えるためには、別れた理由にも注目しなければいけません。

なぜ別れることになったのか。

それを冷静に見ることができなければ、復縁は難しいでしょうし、復縁したとしてもまた同じように別れることになるでしょう。

今回は、別れてから復縁するまでにお互いに気持ちをクールダウンするための“冷却期間”がどのくらいの日数必要なのか、ということを“別れた理由”ごとにご紹介します。

「自分の場合はどのくらいの期間で復縁したいと伝えたらいいのだろう」と迷った時に参考にしてみましょう。

彼が浮気をした場合

カップルが別れる原因の中でも代表的なのが、彼の浮気ではないでしょうか。彼が浮気をしたことを許せず「別れよう」と言って去る女性は多いです。

しかし、まだ未練がある場合は女性側から復縁を迫ることがあります。では、彼が浮気をして別れた場合、復縁に必要な冷却期間はどのくらい必要なのでしょうか。

浮気を許せるまでの期間

彼の浮気が発覚した直後、冷静でいられる人はいません。冷静を装う人はいますが、少なからず動揺しています。

信じていたのに裏切られた、今までの愛は嘘だったのか、と悲しくなったり怒りを感じたりするでしょう。

つまり、彼が浮気をした場合の復縁までの冷却期間は“彼女が彼を許せるまでの期間”ということになります。

人によって許せるまでの期間は違いますが、3ヶ月から1年を見ておきましょう。

冷静になってからさらに1ヶ月

冷静になれたかな、という実感を得られたら、そこからさらに1ヶ月ほど待ちましょう。

人はそう簡単に冷静になれません。

また彼の顔を見て会話をしたら、別れたときのことを思い出して感情が吹き出す可能性があります。

この1ヶ月の間で「もし彼がまた浮気をしたら」と考えてみましょう。復縁するとは、彼が浮気をする可能性も一緒に復活することになるので、あまり彼を信用すると再び裏切られる可能性があります。

浮気症の彼と復縁するとは、彼を半分信用して、半分は信用しないままの状態を維持し続けるということです。

「また彼が浮気するかも」という可能性については、冷静になってからでないと考えられません。

復縁してほしい、と伝えるまでに1ヶ月は余裕を持って考えましょう。

彼からアプローチがあったら

彼の浮気が原因の場合、彼から「復縁したい」とアプローチが来る場合も多いです。これは即決せずに保留しておきましょう。

すぐに復縁すると、彼は「許してくれるんだな」と油断して浮気の再犯率が上昇します。

また、完全に彼女が冷静になれていない状態で復縁すると、彼の存在がイライラの原因になったり、彼にいちいち注意するのが面倒になって流される関係性になってしまうなど、彼女側にとっての利点がありません。

なるべく時間をあけて、クールダウンできるまでは別れた状態にしておきましょう。

彼女の浮気が原因の場合

彼女がうっかり浮気をしてしまい、別れることになることもあります。このようなケースの場合、冷却期間を必要としているのは彼です。

別れたくない気持ちはあるでしょうが、裏切られたという心のショックがあるため、立ち直るまでには時間がかかります。

彼女に浮気された彼の心境

男性は“信頼していた人から裏切られる”というボディブローに大変弱いです。

そのため、彼女が浮気したことで一生女性を信用できなくなる人がいるなど、メンタル面では女性よりも脆いと言えます。男女の浮気を比較することはできませんが、それくらい男性は女性を信頼して交際しているということです。

このときに受けた傷が癒えるまでは、かなり時間がかかります。

女性の場合、“浮気された”というショックを怒りに変換する場合が多いですが、男性の場合は悲しみや絶望感に変換する人が多く、なかなか簡単には癒えません。

浮気してしまったけど彼とまたやり直したい、という場合の復縁は1~3年ほど、年単位で冷却期間を設けたほうがいいでしょう。

彼から復縁を迫られた場合

そんな彼から「浮気は許すからやり直そう」と言われた場合は、どうしたらいいのでしょうか。

この場合、冷却期間ゼロで復縁するカップルもいますが、やはりある程度時間をおいた方がいいでしょう。

というのも、彼女にも復縁の意思があり、彼がそれを許しているのなら表面上は問題ないのですが、恋愛において男性は女性ほど切り替えがうまくないので、何らかのきっかけで彼女への怒りとして爆発する可能性があります。

「許す」と口では言っていても、実際はまだクールダウンできていない状態、ということがあるので、復縁は約束しておいても、半年ほど冷却期間を置いた方が今後うまくやっていけるでしょう。

ケンカが増えて別れた場合

ケンカが増えて別れた、というカップルも多いです。

マンネリ化が進むとお互いの意見のすれ違いが許せなくなり、ケンカ別れするパターンです。「前から言おうと思ってたけど」などと、不満が増え始める交際3年目以降に増えるパターンです。

このようなケンカ別れをしたカップルが、いざ別れてみて「やっぱり好き」ということは多いです。

では、ケンカ別れをしてから復縁をするまでの、理想的な冷却期間はどのくらいでしょうか。

お互いがクールダウンできるまで

ケンカが増えてきたマンネリカップルは、冷静になって初心に立ち返る必要があります。

初心に立ち返るとは、そもそも二人は他人であることや、お互いに好きで付き合っていること、意見が違って当然、ということです。

思い通りに相手をコントロールすることはできるはずがなく、付き合っていく上では必ずお互いに妥協し合うことが大切です。

そのことに気がつかなければ、復縁してもケンカはなくならないでしょうし、お互いに憎みながら付き合うことになり、本末転倒です。

ケンカ別れしたカップルは、お互いに少しずつ譲る、少しずつ許す、ということに気がつくまで半年ほど冷却期間を設けるといいでしょう。

生活のすれ違いで別れた場合

生活や時間のすれ違いでなかなか会えず、別れてしまうカップルも多いです。

どちらも仕事で忙しく、付き合っている意味がないのでは?と感じるようになり、それぞれの道を歩いていこうと一旦別れます。

しかし、いざ別れてみると寂しくなる、というパターンです。

現代の人は男女とも仕事で忙しい人が多いので、すれ違いによる破局は多く、かと言って別れてお互いに幸せを感じるか、と言えばそうではありません。

このようなパターンの場合、どのくらい冷却期間を設けたらいいのでしょうか。

冷却期間不要

すれ違いが多いということが理由で別れたカップルの場合は、冷却期間は不要です。

なぜなら、なかなか会えない、ということがすでに冷却期間であって、冷静に考えた故に出した答えが“別れる”だからです。

ここはむしろ冷静さを忘れて、少し情熱的に、感情的になって復縁を迫ったほうが効果があるでしょう。

冷え切ってしまったわけではなく、お互いにまだ好意があるのなら、努力することでやり直しはできます。

復縁後どうすればいいか

すれ違い生活に疲れて別れたカップルは、復縁後にどのように交際していけばいいのでしょうか。

まずは、連絡する日を決めましょう。忙しくて連絡が取れない、なかなか会えないとは言っても、週に1回くらいはメールか電話ができるはずです。

また、これを良い機会として、一緒に住んでみる、転職してみる、結婚するなど、大きな転機にしてしまうこともおすすめです。

お互いのことを思って別れるほどに好意があるのですから、すれ違い生活を優先するのではなく、お互いの関係性を何より優先してみてはいかがでしょうか。

彼が悪い点を改善しない時の別れの場合

彼に悪い癖があり、何度言っても改善しないことが原因で別れたカップルも多いです。

お金に関することや、ライフスタイル、人間関係、仕事に関することも含まれるでしょう。

決心して別れたはいいものの「彼は私がいなければ生きていけないのでは?」と復縁を決意する女性も多いです。

このような場合、どのくらいの冷却期間があればいいのでしょうか。

彼の反省の時間

別れてすぐであれば、彼はすぐに復縁を喜んで受け入れるでしょう。

しかし、それでは今まで通り、いくら注意しても治らない彼の悪い癖が繰り返されます。彼の反省する時間としての冷却期間が必要です。

どのくらい期間を置けば彼は反省するのでしょうか。

その期間は長いほどいいのですが、3ヶ月から1年ほど様子を見ましょう。

ただし、あまり放置しておくと別の女性に甘えようとすることもあるので注意が必要です。

彼女の決意の時間

おそらく彼の悪い癖はなくなりません。

つまり、復縁するということは彼が更生することではなく、今後ずっと悪い癖が続くことを示しています。彼女が決意しなければならないのは、それに耐えて交際し続けることができるか、という点です。

「やっぱり復縁したい!」と思い始めてから冷静になって考える時間が必要です。

このまま自分が我慢して続けていけるかどうかを、1~2週間程度かけてじっくり考えましょう。

時間で解決するものがある

復縁するまでに3ヶ月や半年も時間をおく必要がある?復縁したいと思ったらすぐにでも復縁しないとチャンスを逃すのでは?と考える人も少なくありません。確かに、復縁のチャンスも無限にあるわけではありません。

しかし、復縁して同じ過ちを犯し、同じトラブルで別れてしまうのでは成長がありません。別れるにしろ、復縁するにしろ、何かしらそこから一歩踏み出して人としての成長がなければ、ふたりの関係に未来はありません。

冷却期間を設けることで、時間が解決してくれる問題がたくさんあります。

離れている間にお互いいろいろと思いを巡らせるので、自分の悪い点、相手の良い点に気づき、今後の交際に生かしていくことができます。

冷却期間を無駄と思わず、時間が自然に問題を解決するのを少し待って、そこから復縁を考えてみても遅くはありません。やり直すときは“新しいカップル”として歩み始めましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る