恋愛の失敗は必ず後悔する!振られる前にやっておくべき3つのこと

恋愛の傷は忘れないもので、きっと強くなるための糧になるハズです。

ひとつの恋愛から学ばないようでは、次の恋愛もきっと同じ失敗をします。そうならないために、振られた経験から導く、やっておく3つのことを教えます。

どうせなら上手くいく恋愛をして、失恋しないのが一番です。

恋愛のほころびはあっという間に広がる、見つけたらすぐ処理しよう

アレ!?と思っても、結構キズは広がっているもの、それが恋愛です。

ちょっとした意見の食い違い、いろんな場面であるハズですが、そのときには気付けないのも恋愛の厄介なところなのです。

いわゆる「恋愛のほころび」ですが、ケンカして仲直りするなら、ほころびそのものにも気を配り、意見の相違をちゃんと話し合っておきましょう。男女とも、別れると決意するときは、きっとそれまでに色々あってのことでしょう。

その「色々」は、多くがそのときには大したことなくて、溜まり溜まった理由に変化したモノであるはずです。

ケンカ別れは元サヤに収まったりしますが、「決意ある別れ」は修復できません。

そうなる前に、その時々に対応しておく必要があります。

最愛の彼女だからと固執しすぎない!伝わりかた次第で失恋に直行する

筆者の最初の失恋は、最大の失恋と言えるものでした。

初恋が上手くいった筆者は、相手に対して固執しまくっていたことで、段々と「束縛」しているのと同じになっていたからです。

3年ほど付き合う中で、大切にするつもりが、「自分では気付けない束縛」をしていました。好きな気持ちはホンモノですが、それが初恋であったことで、気持ちが暴走していたのでした。

卒業だからと男友達を含めた集まりに対して、それを認めないような発言をした筆者、高校3年間付き合った彼女、卒業前に振られることになりました。

この経験から大切なことが3つあります。

その①:愛することは必ずしも束縛ではない

愛することは、それを感じる相手次第で、その気持ちを束縛と捉えられるかもしれません。

筆者は自分で、「束縛しないほう」と思っていましたが、認識の違いは大きなズレを生むことになり、その典型的な例でした。

「心配だから」という理由であっても、どこで何をしているのかを聞くのは相手にとって重荷であり、束縛でしかありません。

その②:相手の意見を尊重するのは当然のこと

気付かない束縛は、相手の意見を聞き入れないという悪循環に陥ってしまいます。

好きと言われ、信じたいのに「相手の判断は間違っている」と、勝手な基準を作って押し付けてしまいます。

どんなことでもそうですが、人が言うことには耳を傾け、愛する相手ならその意見を尊重する、これが非常に重要です。

何を言っても通じない、そう思われたら失恋への片道切符がスタートしています。

その③:焦りと勘違いは相手を信用できないのと同じ

最後は、勝手な妄想で焦らないということです。

ケンカしたり、別れを匂わすような発言が相手からあったとき、「振られるんじゃないか」と焦る気持ちは分かります。しかし、その気持ちを相手に押し付けたり、自分の中で勝手に話が進んでしまえば、相手が信用できなくなります。

それが相手に伝わってしまえば、もうかなり悪化した状態と言えるでしょう。

何を持って信用とするかは分かりませんが、「信用できないこと」を一方的に言って、焦るのだけはやめましょう。

せっかくなら失恋なんてしたくない!同じ相手を愛せるのが一番幸せ

失敗しないで、失恋せず、同じ相手と一生一緒にいるほうが幸せです。

でも、色々なことがあって、すれ違い別れがやってきます。欠点とも言えるほど、ひどい性格だったり、目も当てられないような部分があるなら嫌われるかもしれません。

でも、付き合うと決断した相手ですし、それを受け入れてくれた相手でもあります。

現状と変わらないのに、勝手に妄想し、別れを不安視するのはいけません。

最愛の相手から、付き合うことを認めてもらえたわけですから、「そのこと」を忘れてはいけません。これを忘れると、自分が愛せなくなり、それが伝わり失恋になってしまいます。

納得できない別れ、振られることは失恋になるのです。

失恋の後悔は尾を引く、一途な人から遊び人にならないために

初恋が上手くいって、失恋して、一途だったはずの筆者は、フラフラと愛に対して軽くなっていきました。

一夜の関係も持ちましたし、今思え「若気の至り」でも、無いに越したことはありません。

失恋はあるとしても、その後悔は非常に厄介で、尾を引きます。今で言えばストーカーみたいに、しつこく復縁を迫ったこともあります。

別れは納得すればいいのですが、振られるとどうしても未練が残り、納得できないことから、追いかけてしまったりします。別れたあと、相手からしたらこれは迷惑でしかありません。

そうならないために、振られる前にできることがあるハズなので、互いの信頼関係を大切にするようにしましょう。

この記事をシェア

合わせて読みたい

ページ先頭に戻る